iチャネルやワンタッチアラーム、拡大鏡モードなどを搭載した「FOMAらくらくホンIII」

» 2006年07月26日 15時34分 公開
[ITmedia]

 ドコモは7月26日、「幅広い世代の人に使いやすい」点を追求したらくらくホンシリーズの最新モデル「FOMAらくらくホンIII」を発表した。価格はFOMA らくらくホンII初登場時と同等(2万〜2万円台半ば)になるとみられる。

 FOMAらくらくホンIIIでは、新たにiチャネルに対応した点が目新しい。テロップが30ドットの大きなフォントで表示されるほか、各コンテンツの詳細画面も9月中旬からは拡大表示が可能になる。

 また、本体裏面には約100デシベルの大音量を発するアラームのスイッチを用意した。緊急時などに周囲に簡単に通知できるほか、アラームと連動してあらかじめ指定した電話番号に電話をかける機能なども用意している。

 さらに、周囲の騒音レベルを関知して自動的に音量調節をする「はっきりボイス」や、2つのマイクを搭載して自動的にノイズをキャンセルする機能、周囲の光量に応じてディスプレイの明るさを自動調節する機能なども搭載した。


photo 左からブラック、ゴールド、ピンク
photo 大きく見やすいiチャネルのテロップ文字サイズを採用(右)。ちなみに90xシリーズなど通常のFOMA端末に用いる文字サイズは20ドット(左)。またゴシック体に加えて、新たに教科書体(明朝体)のフォントも用意する

photo FOMA らくらくホンIIの23ミリから19.5ミリに薄くなった筐体。カメラ部などの出っ張りもない
photo 3つのワンタッチダイヤルボタンはもちろん継承

 カメラも32万から130万画素に強化され、小さな文字を最大4倍に拡大する「拡大鏡」モードを用意しているのもユニークだ。ボディカラーはゴールド、ピンク、ブラックの3色を用意する。

 主なスペックは以下の通り。

FOMA らくらくホンIII(F882iES)
外形寸法(幅×高さ×厚み) 50×104×19.5ミリ
重さ 約113グラム
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約460時間(静止時)、約335時間(移動時)
アウトカメラ 130万画素CMOS
インカメラ 約11万画素CMOS
メインディスプレイ 2.4インチQVGA 26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ 1.2インチ64×64ピクセル モノクロSTN液晶
外部メモリ miniSD(別売)
カラー ゴールド、ピンク、ブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年