ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「無償ソフトで技術計算しよう」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無償ソフトで技術計算しよう」に関する情報が集まったページです。

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学応用編】(3):
いかに速く安定して目標値に到達させるか
【制御工学応用編】では、制御系の応答性や安定性を評価する方法とPIDコントローラーの設計について説明する。今回は、PIDコントローラー付バネ・マス・ダンパモデルを元に、指示された目標値に「いかに早く安定して」到達させるかについて解説する。(2015/7/23)

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学応用編】(2):
制御系が暴走しないように設計する
【制御工学応用編】では、制御系の応答性や安定性を評価する方法とPIDコントローラーの設計について説明する。今回はFreeMatを使って、制御系の安定・不安定の状態を判別してみる。(2015/7/6)

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学応用編】(1):
ボード線図を使って過渡応答と周波数応答を求める
【制御工学応用編】では、制御系の応答性や安定性を評価する方法とPIDコントローラーの設計について説明する。今回は、過渡応答と周波数応答について取り上げる。(2015/6/17)

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学基礎編】(3):
ブロック線図を使ったPIDコントローラーのシミュレーション
今回は、数式で表されたモデルを信号の流れとして可視化する「ブロック線図」と呼ばれる手法について説明する。(2015/6/10)

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学基礎編】(2):
伝熱問題や振動問題をラプラス変換を使って解く
今回は、モデル化とモデル化したものの扱いを容易にする演算子法について説明する。実用に則した伝熱問題と振動問題を用いる。(2015/5/25)

無償ソフトで技術計算しよう【制御工学基礎編】(1):
無償ソフト「FreeMat」で制御工学を学ぼう
制御工学は数式が多く、分かりにくい分野の1つ。今回は無償ソフト「FreeMat」で制御の様子を疑似的に体感しながら、学習していこう。(2015/5/15)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション応用編】(3):
振動問題をFreeMatで解いてみよう(その2)
今回はバネ・マス・ダンパ系の方程式を無償ソフト「FreeMat」で解いてみる。(2015/3/25)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション応用編】(2):
振動問題をFreeMatで解いてみよう(その1)
今回は振り子の運動方程式や減衰振動を無償ソフト「FreeMat」で解いてみる。(2015/3/19)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション応用編】(1):
生態系のバランスや、バタフライエフェクトの問題をODE45で解く
「微分方程式を解く」といえば、無味乾燥なイメージ。そこで今回は、生態系のバランスや、気象など私たちの生活に関わっているような数式や問題を取り上げる。(2015/2/23)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション基礎編】(3):
ODE45で常微分方程式の初期値問題を解く
4次のルンゲ・クッタ法をベースにした解法「ode45」は微分方程式を数値的に解くコマンド。今回はode45を使って微分方程式を数値的に解いていく。MATLABでの計算と比較もしてみた。(2015/2/20)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション基礎編】(2):
オイラー法とルンゲ・クッタ法を使って微分方程式を解こう
今回は、微分方程式を数値的に解く方法として、オイラー法とルンゲ・クッタ法について説明します。(2015/1/28)

無償ソフトで技術計算しよう【シミュレーション基礎編】(1):
AKB48……ではなくてODE45! FreeMatだと微分方程式が容易に解ける
シミュレーション編では、基礎編として、微分方程式の一般的な説明と数値的に解く方法について解説する。FreeMatを使って微分方程式を容易に解くことが可能だ。(2015/1/16)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(3):
コンピュータ「オイラと数学しよう」 ――オイラープロジェクトの問題にチャレンジ(その2)
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回も「オイラープロジェクト」の問題を解こう。(2014/12/12)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(2):
コンピュータ「オイラと数学しよう」 ――オイラープロジェクトの問題にチャレンジ(その1)
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は「オイラープロジェクト」の問題を解こう。(2014/11/11)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(1):
FreeMatで魔方陣を作ってみよう
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は、魔方陣を作ってみよう。(2014/10/21)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(3):
再帰アルゴリズムで「ハノイの塔」のプログラムを書く
「再帰」とは、「自分で自分を呼び出す」ようなアルゴリズム。再帰アルゴリズムを使うと、有名なパズル「ハノイの塔」のプログラムがシンプルに書ける。(2014/9/12)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(2):
基本的なアルゴリズムを理解してプログラミングしよう
アルゴリズムとは、問題を解くための手順を定式化して表現したもの。プログラミングにおける基本的なアルゴリズムには、探索やソート、マージなどがある。(2014/8/22)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(1):
FreeMatでCSVファイルを入出力する
「プログラミング処理編」では、ファイル入出力や標準的なアルゴリズムなどソフトウェア開発に必要な方法について取り上げる。今回は、変数データの入出力やCSVファイルの入出力について解説する。(2014/7/18)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(3):
FreeMatで使われるプログラム書式の基本を押さえよう
今回は、FreeMatでプログラムを記載する書式「mファイル」についての解説。数値を渡されて処理結果を返すタイプのプログラム「関数mファイル」や、数式を登録する働きを持つ「無名関数」についても説明する。(2014/6/20)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(2):
forやwhileで繰り返し処理させてみる
今回は、繰り返し処理をさせるためのコマンドや、処理を中断したい場合について解説する。forコマンドでは、「最初に与えられた条件に従った回数だけ繰り返す」のに対して、whileコマンドでは「繰り返しの都度繰り返しするかどうかを指示する」ことが可能だ。(2014/5/9)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(1):
プログラミングでもっと自在にFreeMatを操ろう
無償の工学計算ソフト「FreeMat」について解説するシリーズ、プログラミング基礎編では、各種コマンドやサブルーチンに相当する「関数mファイル」について説明する。(2014/4/25)

無償ソフトで技術計算しよう【グラフィックス編】(3):
曲面と曲線、2種類の3次元グラフの描き方
今回は、FreeMatによる3次元グラフ作成についての解説となる。「曲線表示」と「曲面表示」の2種類について説明する。(2014/4/11)

無償ソフトで技術計算しよう【グラフィックス編】(2):
グラフタイトル、ラベル追加、スケールの変更――グラフ修飾の方法
今回は、FreeMatで作ったグラフにタイトルを付けたり、スケールを変更したりする方法について解説する。(2014/3/26)

無償ソフトで技術計算しよう【グラフィックス編】(1):
無償の工学計算ソフト「FreeMat」でグラフを描いてみよう
「グラフィックス編」では、FreeMatを使ったグラフの描き方を覚えよう。第1回は、その基本となる2次元グラフの作成から。(2014/2/28)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(4):
固有値問題を用いて応力計算してみよう
FreeMatの基本を一通り覚えたら、固有値問題を用いて応力計算の例題を解いてみよう。(2014/2/6)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(3):
演算子と関数を駆使して統計的な計算をグラフプロットする
今回は、FreeMatの演算子と関数について説明する。また中心極限定理の実験でグラフをプロットしてみる。(2014/1/10)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(2):
モンテカルロ法で円周率を計算して、グラフにプロットする
無償工学技術計算ソフト「FreeMat」の操作に関する留意点と変数、内部定数を一通り確認する。次に、モンテカルロ法で円周率を計算して、グラフにプロットする例題を解いてみる。(2013/12/4)

無償ソフトで技術計算しよう【入門編】(1):
無償の工学計算ソフト「FreeMat」をインストールしよう
無償の工学計算ソフトでも、かなり高度な計算ができる! 今回はインストール編。工学計算の初心者もぜひチャレンジしよう。(2013/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。