ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「関数」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関数」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AI・機械学習の用語辞典:
次元の呪い(Curse of dimensionality)とは?
用語「次元の呪い」について説明。特徴量などの次元が多くなるほど、必要な訓練データの量が「指数関数」的に増えてしまう現象を指す。(2020/6/29)

異色のITラノベ『転生したらスプレッドシートだった件』発売 Googleの便利なソフトは死者の魂で動いている
Googleスプレッドシートの関数についても学べます。(2020/6/22)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
プログラムを関数にまとめて、実行結果をグラフにプロットしよう
ニューラルネットワークを使って学習や評価を行うコードを関数にまとめてみます。また、データセットを学習に使うものと精度評価に使うものに分割する方法、学習結果のグラフ化、過学習の抑制などについても簡単に見てみましょう。(2020/6/12)

Tech TIPS:
【Excelステップアップ】ピボットテーブルをマスターして、データ集計の達人になる
Excelを使って、日別の製品の売り上げなどを集計することはないだろうか。この際、さまざまな条件で並べ替えて、関数などを駆使して集計しているのであれば、ちょっと待ってほしい。Excelには、ピボットテーブルという便利な機能がある。この機能を使えば、簡単に集計が行える。その方法を紹介しよう。(2020/6/11)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第8回 分類問題をディープラーニング(基本のDNN)で解こう
回帰問題の次は、分類問題の基礎をマスターしよう。二値分類/多クラス分類の場合で一般的に使われる活性化関数や損失関数をしっかりと押さえる。また過学習問題の対処方法について言及する。(2020/6/8)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]SELU(Scaled Exponential Linear Unit)とは?
用語「SELU(Scaled Exponential Linear Unit)」について説明。「0」を基点として、入力値が0以下なら「0」〜「-λα」(λは基本的に約1.0507、αは基本的に約1.6733)の間の値を、0より上なら「入力値をλ倍した値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUおよびELUの拡張版。(2020/6/3)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]ELU(Exponential Linear Unit)とは?
用語「ELU(Exponential Linear Unit)」について説明。「0」を基点として、入力値が0以下なら「0」〜「-α」(αは基本的に1.0)の間の値を、0より上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUの拡張版。(2020/5/27)

Party Parrotをついに「関数で描く」猛者あらわる 「めっちゃぬるぬる動く」「逆に気持ち悪い」
人気のオウムがなめらかに動くよ!(2020/5/21)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]PReLU/Parametric ReLU(Parametric Rectified Linear Unit)とは?
用語「PReLU(Parametric ReLU)」について説明。「0」を基点として、入力値が0より下なら「入力値をα倍した値」(αはパラメーターであり学習により決まる)、0以上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUやLeaky ReLUの拡張版。(2020/5/20)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]Leaky ReLU(Leaky Rectified Linear Unit)/LReLUとは?
用語「Leaky ReLU(Leaky Rectified Linear Unit)/LReLU」について説明。「0」を基点として、入力値が0より下なら「入力値とα倍した値」(α倍は基本的に0.01倍)、0以上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUの拡張版。(2020/5/15)

【指数関数的な増え方】数学の基本から理解する“新型コロナで外出自粛などが求められる理由”
ニュースでよく耳にする「指数関数的な増え方」、ちゃんと分かっていますか?(2020/5/1)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]Mish関数(ミッシュ関数)とは?
用語「Mish関数」について説明。「0」を基点として、入力値が0以下なら出力値は「ほぼ0」だが(わずかに「負の値」になる)、0より上なら「入力値とほぼ同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。類似するReLUやSwish関数の代替として使われる。(2020/4/28)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
ニューラルネットワークの学習でしていること
シンプルな関数をニューラルネットワークに見立てて、その係数を学習させながら、その過程でどんなことが行われているかを見ていきます。(2020/4/27)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]ソフトプラス関数(Softplus関数)とは?
用語「ソフトプラス関数」について説明。途中から右肩上がりになる滑らかな曲線で、「0」〜「∞」の間の値(入力値が0以下なら「0」に近い数値、0より上なら「入力値と同じ値」に近い数値)を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/4/22)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]Swish関数(スウィッシュ関数)とは?
用語「Swish関数」について説明。「0」を基点として、0以下なら「ほぼ0」だが(わずかに「負の値」になる)、0より上なら「入力値とほぼ同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。類似するReLUの代替として使われる。(2020/4/15)

イノベーションのレシピ:
カシオのネイルプリンタは技術で女心に応える、端まできれいで安心安全も
カシオ計算機でネイルプリンタの開発に携わったメンバーは、シールやハガキ、写真のプリンタ、インクジェット技術、カメラ、関数電卓などさまざまな分野から集まった。企画当初からネイルプリンタをターゲットにしていたのではなく、「曲面印刷技術を新規ビジネスとして育てられないか」というテーマで2009年ごろから用途を模索していた。(2020/4/9)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]ソフトマックス関数(Softmax function)とは?
用語「ソフトマックス関数(Softmax function)」について説明。複数の出力値の合計が「1.0」(=100%)になるような値を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。主に分類問題の出力層で使われる。(2020/4/8)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]恒等関数(Identity function)/線形関数(Linear function)とは?
用語「恒等関数(線形関数)」について説明。入力値と全く同じ数値を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/4/1)

AI・機械学習の用語辞典:
活性化関数(Activation function)とは?
用語「活性化関数」について説明。人工ニューラルネットワークにおける、ある1つのニューロンにおいて、入力を受けて、次のニューロンへ出力するために行う「非線形変換の処理(関数)」もしくは「恒等関数」を指す。(2020/3/26)

パフォーマンスや数式の読みやすさが向上:
Microsoft、プログラミングの“変数”に似た「Excel」の「LET」関数を発表
Microsoftは、「Excel」の新しい関数「LET」を発表した。現在はβ機能であるこの関数では、計算結果に名前を割り当てることができる。(2020/3/25)

Tech TIPS:
【Excel】数式の入力効率を大幅アップするショートカットキー
Excelでワークシート関数を入力する際、関数名があいまいだったり、引数の書式が分からなかったりすることも多いだろう。そのような場合でも、Webページなどで調べることなく、関数の入力が可能な方法がある。Excelの数式入力を格段に向上させる方法を紹介しよう。(2020/3/19)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]tanh関数(Hyperbolic tangent function: 双曲線正接関数)とは?
用語「tanh関数(双曲線正接関数)」について説明。座標点(0, 0)を基点(変曲点)として点対称となるS字型の滑らかな曲線で、「-1」〜「1」の間の値を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/3/18)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]ReLU(Rectified Linear Unit)/ランプ関数とは?
用語「ReLU(Rectified Linear Unit)/ランプ関数」について説明。「0」を基点として、0以下なら「0」、0より上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/3/11)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(7):
数学における「関数」とは――機械学習はデータ間にある関係性(関数形)を見つける
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、統計学を学ぶ上で重要な「数学における関数」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/3/12)

Tech TIPS:
【VLOOKUP関数とXLOOKUP関数】Excelを使って郵便番号から住所を調べる
会員名簿や顧客リストの住所を正規化したい場合、Excelを使って郵便番号から住所を調べると簡単だ。手動入力した住所の誤りなどを簡単にチェックできる。その方法を紹介しよう。(2020/3/5)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]シグモイド関数(Sigmoid function)とは?
用語「シグモイド関数(Sigmoid function)」について説明。座標点(0, 0.5)を基点(変曲点)として点対称となるS字型の滑らかな曲線で、「0」〜「1」の間の値を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/3/4)

AI・機械学習の用語辞典:
[活性化関数]ステップ関数(Step function)とは?
用語「ステップ関数(Step function)」について説明。「0」を基点(閾値)として、0未満なら「0」、0以上なら「1」を返すような、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。(2020/2/26)

AWS DeepRacer入門:
第5回 DeepRacerリーグ勝者に聞く「どうすれば勝てますか?」
パネルディスカッションで話された「初めてコースを見たときに、どこに着目するか?」「ズバリ、勝つポイントは?」「報酬関数を決める方法は?」についての内容をお伝えする。(2020/1/16)

Pythonチートシート:
[Pythonチートシート]関数定義編
Pythonの関数定義と、位置引数/キーワード引数/可変長法引数を受け取る方法。ラムダ式についてギュッとまとめた。(2020/1/14)

Pythonチートシート:
[Pythonチートシート]基本要素編
組み込みのデータ型、変数、制御構造、演算子、関数定義など、Pythonプログラムを構成する基本要素をギュッとまとめて紹介する。(2020/1/9)

メモリ利用効率向上や高速化も実現:
Ruby 2.7が公開、関数型言語で広く使われているパターンマッチ機能などを追加
Ruby開発チームは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の最新安定版「Ruby 2.7.0」をリリースした。パターンマッチ機能の導入やREPLの改善、ヒープコンパクションの追加など多数の改良を施した。(2020/1/6)

Linux基本コマンドTips(367):
【 command 】コマンド――エイリアスや関数以外のコマンドを実行する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、エイリアスや関数以外の指定したコマンドを実行する「command」コマンドです。(2019/12/27)

うんうんそれもまた数学愛だね 「ゼータ関数」が好き過ぎるから食べたり、触ったり、計算したりしてみたという話
ゼータ愛。(2019/12/27)

Python入門:
[Python入門]docstringの書き方
docstringを使うと、Pythonのコードを書きながら、同時にそのドキュメントも作成できる。関数のdocstringを例にその基本的な書き方を見ていく。(2019/12/6)

Python入門:
[Python入門]デコレーターの基礎
デコレーターを使うと、関数に何らかの追加機能を持たせられる。デコレーターの定義や、その使い方、同じことをするPythonコードについて見ていこう。(2019/11/26)

Python入門:
[Python入門]ジェネレータ関数とジェネレータイテレータの基礎
イテレータを戻り値とする「ジェネレータ関数」、それが返す「ジェネレータイテレータ」の使い方の基本について説明する。(2019/11/19)

Python入門:
[Python入門]Beautiful Soup 4によるスクレイピングの基礎
Beautiful Soup 4を使って、urllib.request.urlopen関数などで取得したHTMLファイルから情報を抜き出す基本的な方法を見てみよう。(2019/10/18)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第2回 ニューラルネットワーク最速入門 ― 仕組み理解×初実装(中編)
ニューラルネットワーク(NN)の基礎の基礎。NNの基本単位であるニューロンはどのように機能し、Python+ライブラリでどのように実装すればよいのか。できるだけ簡潔に説明。また、活性化関数と正則化についても解説する。(2019/10/17)

Lambda関数がVPCに接続する方法を改善:
AWS Lambda関数の起動時間を約10分の1に短縮、全リージョンに展開
Amazon Web Services(AWS)は、「AWS Lambda」関数が「Amazon VPC」に接続する方法を大幅に改善する新機能を提供開始した。これにより、ユーザーはAWS Lambda関数の起動時間が短縮するというメリットを享受できる。(2019/9/5)

VLOOKUPの制約を克服:
Microsoft、Excel関数「XLOOKUP」を発表、「VLOOKUP」の後継
Microsoftは、新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表し、β版を提供開始した。「VLOOKUP」や「HLOOKUP」の後継となる関数だ。併せて「XMATCH」関数も発表した。(2019/9/4)

AWS DeepRacer入門:
第2回 AIの強化学習の基礎を学ぼう
AI・機械学習における「強化学習」の基礎知識と基本用語を、AWS DeepRacerの視点で解説。強化学習で特に重要な「報酬関数」については、重点的に説明する。(2019/7/22)

Python入門:
[Python入門]オブジェクトの同一性、比較、文字列表現
Pythonのオブジェクトの同一性と、is演算子や==演算子による比較の違い、str関数とrepr関数で得られる文字列表現の違いなどについて取り上げる。(2019/7/16)

Python入門:
[Python入門]モジュールの作り方
Pythonでは複数の関数や変数などを「モジュール」にまとめることで、コードの再利用が可能になる。その作り方について見ていこう。(2019/7/5)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

Python入門:
[Python入門]リストと繰り返し処理
リストはfor文を使用した繰り返し処理とよく組み合わせて使われる。そこで便利に使える関数や「イテレータ」という概念などを取り上げる。(2019/6/11)

“脱Excel”か“活Excel”か
古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい
「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。(2019/6/12)

Linux基本コマンドTips(308):
【 declare 】コマンド――変数を宣言する、変数などの内容を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、変数を宣言したり、定義済み変数と関数の定義内容を表示したりする「declare」コマンドです。(2019/5/30)

Python入門:
[Python入門]ローカル関数とラムダ式
Pythonでは、関数を変数に代入したり、関数の引数や戻り値に使用したりできる。この特性と、簡潔に関数を記述できるようにするラムダ式について見ていく。(2019/5/28)

Python入門:
[Python入門]関数のローカル変数とスコープ
関数のローカル変数と各種のスコープ、名前解決の順序、名前空間など、関数にまつわるスコープの話をまとめる。(2019/5/24)

Linux基本コマンドTips(307):
【 unset 】コマンド――変数や関数を削除する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、bashで定義した変数や関数を削除する「unset」コマンドです。(2019/5/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。