ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関数」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関数」に関する情報が集まったページです。

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(8):
TypeScriptのジェネリクスにまつわるあれこれ
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭であるTypeScript。そのTypeScriptは、言語名が示す通り、JavaScriptにType、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptのType(型)に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は、クラスの型に関するあれこれを紹介する最後として、クラス内での特殊なthisの使い方、抽象クラス、staticを紹介しました。今回は、クラスや関数を利用する段階で型の指定ができるジェネリクスについて、あれこれ紹介していきます。(2022/5/13)

解決!Python:
[解決!Python]関数の定義の仕方まとめ
Pythonで関数を定義する基本、位置引数やキーワード引数の渡し方と受け取り方、デフォルト引数値の指定、可変長引数の渡し方と受け取り方などを紹介する。(2022/5/10)

“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【後編】
Excel関数「XLOOKUP」は何がすごいのか 「VLOOKUP」との違いとメリット
「Excel 2021」で注目の新関数「XLOOKUP」は、従来の関数「VLOOKUP」のどのような欠点を克服しているのでしょうか。書式例とともに、そのメリットを解説します。(2022/3/28)

“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【前編】
「VLOOKUP」の使い方をおさらい――Excel新関数「XLOOKUP」を使う前に
「Excel 2021」には注目すべき新関数「XLOOKUP」があります。XLOOKUPを理解するには、同様の役割を担う既存関数「VLOOKUP」の知識が役立ちます。VLOOKUPの基本事項をおさらいしましょう。(2022/3/21)

Tech TIPS:
【Excel】[Σ]ボタンはどこ? と迷ったことがあるなら知っておきたいショートカット
Excelで集計表などを作成すると、最後に合計を計算することも多い。このような場合、SUM関数を使うのが一般的だが、大きな表の場合、セル範囲を選択するのが意外と面倒である。こんな場合、キーボードショートカットを活用すると、簡単に合計が計算できる。(2022/3/4)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(5):
クラスの型にまつわるあれこれ(1)〜クラス構文そのものについてのあれこれ〜
altJS、すなわちJavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は関数の型に関して、型ガードやオーバーロードなどを紹介しました。今回から3回にわたって、オブジェクトのひな型となるクラスに関して、あれこれ紹介していきます。今回は、そのうちクラス構文そのものについてのあれこれを紹介していきます。(2022/2/10)

iPhone Tips:
iPhone「計算機」の便利ワザ 1文字だけ消す方法や関数電卓の使い方
iPhoneの標準アプリ「計算機」の使い方をおさらいする。ちょっとしたミスを直す方法から、使う頻度が人によって異なる関数電卓の使い方など。テキスト入力などと併用しやすいコピーの手段も2通り紹介する。(2022/1/27)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(79):
外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報出力について解説します。(2022/1/25)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:外部から取り込んだデータの不要なタブや改行などをまるっと削除する
Webサイトなどの外部ソースから取り込んだデータには、Excelで印刷できない文字が含まれていることがある。こうした文字は、データ処理の邪魔になることがあるので削除しよう。ただ、置換などでは簡単に削除できないので、CLEAN関数を使って削除する手順を紹介する。(2022/1/17)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(4):
TypeScriptの関数はどのように役立つのか(後編)
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は関数の型に関して、基本となる引数や戻り値の型、さらには関数そのものの型を紹介しました。今回は引き続き、関数の型を掘り下げていき、型ガードやオーバーロードなどを紹介します。(2022/1/17)

AWSチートシート:
「AWS Lambda」の基礎中の基礎、「Amazon S3」にアップロードした画像の自動補正――Lambda関数を「AWS Cloud9」で実装する
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Cloud9」で「AWS Lambda」のイベント駆動処理の基本を紹介する。(2021/12/16)

「動かすための修正」を削減
言語やフレームワークのバージョンアップ対応を自動化するOpenRewrite
開発者なら、言語やフレームワークのバージョンアップへの対応に追われた経験があるだろう。記述方法の変更や関数の追加・廃止といった仕様変更に伴うコード修正を自動化できるとしたらどうだろうか。(2021/12/15)

解決!Python:
[解決!Python]順列や組み合わせを取り出したり、総数を計算したりするには
mathモジュールのperm/comb関数、itertoolsモジュールのpermutations/combinations関数を使い、順列や組み合わせの総数や組を得られる。(2021/12/14)

解決!Python:
[解決!Python]うるう年かどうかを判定するには
ある年がうるう年かどうかを判定するには、calendarモジュールが提供するisleap関数を使うのが簡単だ。また、同じ動作をする関数のコードも紹介する。(2021/12/7)

解決!Python:
[解決!Python]Python処理系のバージョンを確認するには
sysモジュールとplatformモジュールが提供する属性や関数、あるいはpythonコマンドを使ってPython処理系のバージョンを確認する方法を紹介する。(2021/11/30)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(3):
TypeScriptの関数はどのように役立つのか(前編)
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回はJavaScriptにはない、TypeScript独自の型を紹介しました。今回は関数で型を扱う場合を紹介していきます。基本となる引数や戻り値の型、さらには関数そのものの型を紹介します。(2021/11/26)

AI・機械学習の用語辞典:
残差平方和(RSS:Residual Sum of Squares)/[損失関数]二乗和誤差(SSE:Sum of Squared Error)とは?
用語「残差平方和」「二乗和誤差」について説明。残差平方和は、線形回帰の最小二乗法で用いられる関数の一つで、各データに対して「観測値と予測値の差(=残差)」の平方値を計算し、それを総和した値を表す。二乗和誤差は、損失関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値の差(=誤差)」の二乗値を計算し、それを総和した値、もしくはさらにそれを2で割った値を表す。(2021/11/22)

Microsoft、Excel関数ベースのローコード言語「Power Fx」をオープンソースで公開 MS製品以外でも採用可能に
米Microsoftが、Excel関数をベースにしたローコード開発向けのプログラミング言語「Power Fx」をオープンソースで公開。Microsoft製品以外のソフトウェアにも、ローコード開発言語としてPower Fxを採用できるようになった。(2021/11/19)

解決!Python:
[解決!Python]日付や時刻をYYMMDDhhmmssなどの形式に書式化するには
datetimeモジュールとtimeモジュールには、それらが提供する日付/時刻のデータを書式化するために使えるstrftime関数/メソッドがある。それらの使い方を紹介する。(2021/11/9)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]相対絶対誤差(RAE:Relative Absolute Error)/相対二乗誤差(RSE:Relative Squared Error)とは?
用語「相対絶対誤差」「相対二乗誤差」について説明。相対絶対誤差は、平均絶対誤差を平均絶対偏差(=データの広がり具合)で割ることでスケールを調整(=相対化)した評価値を表す。相対二乗誤差は、平均二乗誤差を分散(=データの広がり具合)で割ることでスケールを調整(=相対化)した評価値を表す。(2021/11/4)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(57):
キャッシュされた関数の実行統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされた関数の実行統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/2)

基本からしっかり学ぶRust入門(4):
Rustにおける関数の基本 引数、mut修飾子とは
Rustについて基本からしっかり学んでいく本連載。第4回は関数や引数の基本について。(2021/10/28)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]分散説明率(Explained variance score)とは?
用語「分散説明率」について説明。線形回帰モデルなどの評価関数の一つで、回帰式のモデルが「観測データの分散」のうちどれくらいの割合を説明するかを表す。決定係数R2の代わりに用いられることがある。(2021/10/21)

数学×Pythonプログラミング入門:
Matplotlibで折れ線グラフ(正規分布など)を描こう
「モデルとデータの可視化」というテーマで関数グラフの描画やヒストグラムや散布図などの各種グラフの取り扱い方を前後編で解説。前編である今回はシグモイド関数のグラフを描く問題を手始めに、さまざまなグラフの描画方法を見ていく。(2021/10/4)

AWSチートシート:
「Amazon S3」にアップロードしたCSVファイルを「Amazon DynamoDB」に自動登録する「AWS Lambda」関数の作り方
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Lambda」を使って「Amazon S3」にアップロードしたCSVを「Amazon DynamoDB」に自動登録する方法を紹介する。(2021/9/24)

解決!Python:
[解決!Python]CSVファイルから読み込みを行うには(pandas編)
pandasが提供するread_csv関数を使って、CSVファイルなどからデータを読み込む方法を紹介する。(2021/9/7)

解決!Python:
[解決!Python]CSVファイルに書き込みを行うには(NumPy編)
NumPyが提供するsavetxt関数関数を使って、CSVファイルなどにデータを書き込む方法を紹介する。(2021/8/31)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]決定係数(Coefficient of Determination)R2とは?
用語「決定係数R2(R二乗)」について説明。線形回帰モデルの評価関数の一つで、回帰式のモデルが観測データにどれくらい当てはまるかを表す。(2021/8/25)

解決!Python:
[解決!Python]CSVファイルから読み込みを行うには(NumPy編)
NumPyが提供するloadtxt関数とgenfromtxt関数を使って、CSVファイルなどからデータを読み込む方法を紹介する。(2021/8/24)

“シリコン指紋”で信頼性を確保:
PUF技術が実現するIoTセキュリティ
物理複製困難関数(PUF:Physically Unclonable Function)をベースとしたセキュリティIPに注力している企業の1つ、Intrinsic ID。今回、そのCEOにIoTセキュリティの課題、量子コンピューティングなどのさまざまな脅威による潜在的影響への対応方法について聞いた。(2021/9/3)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]中央絶対誤差(MedAE:Median Absolute Error)とは?
用語「中央絶対誤差」について説明。評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値の差(=誤差)」の絶対値を計算していき、それら全ての計算結果における中央値を表す。(2021/8/18)

AI・機械学習の用語辞典:
[損失関数]Huber損失(Huber Loss)/Smooth L1 Lossとは?
用語「Huber損失」について説明。損失関数の一つで、各データに対する「予測値と正解値の差(=誤差)」が、指定したパラメーター値の範囲内の場合は二乗値を使った計算、範囲外の場合は絶対値を使った計算の結果値のこと、もしくはその計算結果の総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/8/4)

数学×Pythonプログラミング入門:
中学数学だけでフェルマーの小定理をプログラミングしてみよう
ウォーミングアップとして、中学数学で学ぶ「素数」に関連する「フェルマーの小定理」を題材に、Pythonプログラミングの初歩を振り返る。演算子/変数/関数の使用方法をまとめる。数式をプログラムとして表すための練習問題も用意している。(2021/7/26)

解決!Python:
[解決!Python]内包表記で集合を作成するには
集合内包表記を使って集合を作成する方法と、set関数との差、if句との組み合わせ、注意点などを紹介する。(2021/7/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(27):
トランザクションログの概要に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、動的管理関数におけるトランザクションログの概要情報の出力について解説します。(2021/7/20)

解決!Python:
[解決!Python]内包表記で辞書を作成するには
辞書内包表記を使って、辞書を作成する方法と、zip関数と辞書内包表記を組み合わせる方法、注意点などを紹介する。(2021/7/13)

GitHubにAIプログラミング機能「Copilot」登場 関数名とコメントから中身を丸ごと自動補完
米GitHubが、関数名とコメントから関数のコードを丸ごと自動補完するAIプログラミング機能「GitHub Copilot」を発表した。Python、JavaScript、TypeScript、Ruby、Go言語に特に良く対応できるという。(2021/6/30)

解決!Python:
[解決!Python]内包表記でリストを作成するには
リスト内包表記を使って、リストを作成する基本と、enumerate関数やzip関数と組み合わせる例、for句をネストしたり内包表記をネストしたりする例を紹介。(2021/6/29)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeの拡張機能でPythonの仮想環境構築からコード整形、Lintまでを体験してみよう
簡単な関数を作りながら、VS CodeとPython拡張機能と各種モジュールを使って、仮想環境の構築、コード記述と整形、Lintによる問題点の発見までを見てみましょう。(2021/6/25)

Nintendo Switchに「関数電卓」配信開始 学生やエンジニアの利用を想定
英国のゲーム開発スタジオが、Nintendo Switch向け関数電卓ソフト「Calculator」の配信を開始。学生やエンジニアの利用を見込んでいるという。(2021/6/24)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]平均二乗パーセント誤差の平方根(RMSPE:Root Mean Squared Percentage Error)とは?
用語「平均二乗パーセント誤差の平方根」について説明。評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値との差を、正解値で割った値(=パーセント誤差)」の二乗値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)に対する平方根の値を表す。(2021/6/23)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]平均絶対パーセント誤差(MAPE:Mean Absolute Percentage Error)とは?
用語「平均絶対パーセント誤差」について説明。評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値との差を、正解値で割った値(=パーセント誤差)」の絶対値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/6/9)

データのエクスポートや学習プロセスを自動実行できる:
Amazon Redshift MLが一般公開、SQLでAIモデルの学習や予測が可能に
AWSはデータウェアハウスサービス「Amazon Redshift」のクラスタから、機械学習モデルの作成や学習、デプロイができる「Amazon Redshift ML」を一般公開した。学習済みモデルをSQL関数として使用できる。(2021/6/7)

AI・機械学習の用語辞典:
[損失関数/評価関数]平均二乗対数誤差(MSLE:Mean Squared Logarithmic Error)/RMSLE(MSLEの平方根)とは?
用語「平均二乗対数誤差」について説明。損失関数/評価関数の一つで、各データに対して「予測値の対数と正解値の対数との差(=対数誤差)」の二乗値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/6/2)

AI・機械学習の用語辞典:
[損失関数/評価関数]平均二乗誤差(MSE:Mean Squared Error)/RMSE(MSEの平方根)とは?
用語「平均二乗誤差」について説明。損失関数/評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値の差(=誤差)」の二乗値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/5/24)

AI・機械学習の用語辞典:
[損失関数/評価関数]平均絶対誤差(MAE:Mean Absolute Error)/L1損失(L1 Loss)とは?
用語「平均絶対誤差」について説明。損失関数/評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値の差(=誤差)」の絶対値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/5/19)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編3 指数と対数(対数編)
連載の通常の流れとは別の番外編。指数と切っても切れ離せない「対数」を解説。対数関数の性質や対数関数の微分法についても簡単に紹介する。(2021/5/17)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編2 指数と対数(指数編)
連載の通常の流れとは別の番外編。AIや機械学習でよく使う「指数」を解説。指数関数の性質や指数関数の微分法についても簡単に紹介する。(2021/5/13)

Google Cloud FunctionsがPHPをサポート開始 サーバレスの関数が記述可能に
Google Cloud Platformにおけるサーバレスコンピューティング環境を提供するGoogle Cloud Functionsで、PHP言語のサポートがプレビューとして開始されることが発表された。(2021/4/28)

解決!Python:
[解決!Python]エンコーディングを指定して、シフトJISなどのファイルを読み書きするには
open関数のencodingパラメーターでテキストファイルのエンコーディング方式を明示して、デフォルトエンコーディング以外の形式で符号化されているファイルを読み書きする方法を紹介する。(2021/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。