ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「わがままファッション ガールズモード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年10月23日
希望小売価格 4800円
Amazon.co.jpで購入する
「わがままファッションガールズモード」は、来店するお客様を洋服やアクセサリーなどのアイテムでコーディネートしながらカリスマ店長を目指すファッションコーディネートゲーム。

週間ゲームソフト販売ランキング:
「逃走中」、いつの間にやら20万本
おめでとうございます。(2012/10/25)

週間ゲームソフト販売ランキング:
3DS「ブレイブリーデフォルト」がトップ
「バイオハザード6」も健闘しています。(2012/10/19)

週間ゲームソフト販売ランキング:
PS3「バイオハザード6」がトップ
10月1日から10月7日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/10/11)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたち
年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!(2011/9/13)

TGS2009:
日本ゲーム大賞2009――「マリオカートWii」と「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」の2作品に
東京ゲームショウに合わせて行われた「日本ゲーム大賞2009」の授賞式において、年間作品部門の大賞をはじめ各受賞作品が発表、表彰された。(2009/9/24)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(前編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。前編ではマイクロソフトと任天堂のカンファレンスについて。(2009/6/17)

週間ソフト販売ランキング:
夢で終わらせない?
今回は先週発売された新作5本がランクインした。販売ランキングでは何度か個別に取り上げている“あのタイトルたち”も順調に販売数を伸ばしている。(2009/1/22)

「ニンテンドーDSi」150万台突破 発売から11週で
アスキーメディアワークスによると、ニンテンドーDSiの累計販売台数が11週間で150万台を突破した。(2009/1/16)

週間ソフト販売ランキング:
クリスマス商戦まっただ中
クリスマスを控えた週末とあって新作ラッシュ。しかも販売本数がハンパじゃありません。(2008/12/25)

週間ソフト販売ランキング:
赤一色に染まる
今回の販売ランキングは、赤いアイコンで埋め尽くされました。(2008/12/18)

週間ソフト販売ランキング:
たまには街へいこうよ
新作5本がランクインするフレッシュな顔ぶれの中、トップを射止めたのはDSで人気を集めていたあのゲームでした。(2008/11/27)

週間ソフト販売ランキング:
「リズム天国ゴールド」の背中を追って
新作6本が名を連ねた今回の販売ランキング。ただし、注目すべきタイトルは新作ではなく……。(2008/11/20)

週間ソフト販売ランキング:
いくつになっても女の子
今週の1位は“女子の底力”を見せつけられる結果となった。(2008/10/30)

あなたもカリスマショップ店長に――「わがままファッションガールズモード」
ニンテンドーDS用ソフト「わがままファッションガールズモード」では、プレイヤーが店長としてお店を任される。1万点以上のアイテムの中からお客様に合ったコーディネートを提案。(2008/10/6)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――ニンテンドーDS編
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、ニンテンドーDSの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。