ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kanon」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kanon」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本初の“体験型ゴッホ展”は「息を呑むほど素晴らしかった」 360度の巨大映像空間に没入するデジタルアート劇場第2弾
ゴッホ作品の映像と音楽に包み込まれそう。(2022/6/28)

松本まりか、約1カ月の「貴重なお休み」から復帰 初仕事の“華々しい舞台”には「感謝です!」
おかえりなさい。(2022/5/15)

元祖泣きゲー「ONE 〜輝く季節へ〜」のリメイクプロジェクト始動? ティーザー映像に早くも「泣きそう」「鳥肌やばい」の声
Twitterでは「ONEリメイク」が早くもトレンドに。(2022/3/25)

「ピンクリボンデザイン大賞」ポスターに物議→協会が謝罪 「乳がんは“当たり”じゃない」「大喜利に使うな」と批判集まる
協会は「お詫びを申し上げます」と謝罪しました。(2022/2/22)

「ちょうちょしか捕まえたことないのよ…?」 話題沸騰「ケモ夫人」のLINEスタンプが配信開始
「あたまポテトかい?」が意外と使いやすそうで困る。(2021/12/13)

新メンバーの保護子猫、先住猫をどう思ってる……? 飼い主が猫の気持ちを想像して描いた漫画が心あたたまる
せんぱい、よろしくおねがいします!(2021/12/7)

【その視点はなかった】先生「離乳食のバナナには注意」 体に悪い的な話かと思ったらまさかの理由“おいしすぎるから”に恐怖した話
恐るべきバナナの魔力……。(2021/12/5)

半獣の夫人が巨人討伐をさせられる漫画「ケモ夫人」かわいさとハードな展開で人気 反響に作者「1話目は落書きだった」
序盤からは想像できないハードで謎にあふれた展開に。(2021/11/17)

やや最果てエンタメ観測所:
もしもあなたが孤独なら、プレイしてほしいゲームがある 「ドキドキ文芸部プラス!」レビュー
なぜこのゲームがこんなにも胸を締め付けるのか。(2021/11/5)

今年のハロウィンコスも最強だな! HYDEマイキー&DAIGOドラケンの“東リベ”コスが似合いすぎて「入會希望」の声続出
HYDEさんはプペルや黒執事・シエルのコスも。(2021/11/1)

イープラスが顔認証システムサーバエラーで謝罪 「ラブライブ!」のライブで入場できず一時混乱
約1時間ほど押しての開演となったようです。(2021/10/17)

野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
7月30日に陽性が判明。(2021/8/25)

子どもが体調を崩した時にパパが大活躍 介護士の技術を応用した漫画に「すごい」と尊敬の声が集まる
子どもを寝かしたまま髪を洗うスゴ技!(2021/7/16)

無数の傘を吊り下げた展示が信じられない美しさ 下から覗き込むとまるで天国
見ているだけで浮かびあがりそう。(2021/7/6)

名作アドベンチャーゲーム「AIR」、Nintendo Switchに移植決定! 「ずっと待っていました」「久しぶり感涙必至」
CLANNADは人生、AIRは芸術。(2021/6/9)

「やってもたーーーー」 やぐらの設営をミスって“だまし絵”のようになったサバゲー場の風景がシュール
エッシャーのだまし絵みたい。(2021/6/4)

先代猫が天国へ旅立ち1年、保護猫カフェで出会ったのは…… 子猫を迎えるまでを描いた漫画があたたかい
幸せな出会い。(2021/5/15)

ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
“命”の重みを感じてほしい。(2021/4/18)

子どもの“生後1000日”を振り返った漫画に「泣ける」の声続出 「自分と重ねてしまった」「貴重な日々」
1001日目からも、元気に育ってね。(2020/12/12)

「CLANNAD」移植版メーカー「ノベルゲームのプレイ配信控えて」 ネタバレが直接的な損失に
同意する声が多い一方、「どこまでならOK」と線引きしたうえでの配信許可を求める声も。(2020/10/8)

完全に「デススト」な伊豆大島の風景に「まんまゲーム」「時雨降りそう」 コジプロも反応「すばらしい写真」
地形をスキャンしたくなる。(2020/8/11)

Key×ANIPLEX×P.A.WORKSの新作アニメ「神様になった日」が10月放送 ティーザーPVが解禁
ティーザーPVで泣く。(2020/5/11)

【動画】「あつまれ どうぶつの森」でサカナクションの「新宝島」MVを丁寧に再現! 山口一郎も「おー嬉しいー!」と反応するクオリティー
丁寧に描くよ(あつ森で)。(2020/4/28)

【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー:
【令和だけどセガハードの話をしようか】20代の若者に聞く「ドリームキャストを今でも遊んでいる理由」
ドリキャスより年下じゃないですか!(2020/5/15)

ロンブー田村亮、相方・田村淳の優しさに「ありがてえなあ……」 株式会社LONDONBOOTSの新メンバーも明らかに
亮さんと同期メンバーの3ショット面白すぎるでしょ。(2020/1/31)

「ライハとガイさんが共演だと!?」 特撮ヒーロー・ヒロイン大集合の時代劇「BLACKFOX: Age of the Ninja」のキャストにファン歓喜
キャスト陣のカッコいいアクションが期待されています。(2019/8/2)

「電脳コイル」「CLANNAD」「AIR」「Kanon」 Amazonプライム・ビデオの11月配信作品が熱い
CLANNADは人生。(2018/10/28)

「なんで私がメンタルの世話をしないといけないの」 不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』作者と担当編集の奇妙な関係
完結記念インタビューの最終回。2人の関係を赤裸々に語ってもらいました。(2018/6/23)

「人の嫌なところを書くのがすごくうまい」 1年間ダメ出しされ続けた不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』はなぜエグい世界になったのか
連載までの道のりは決して穏やかではなかったという同作。完結記念インタビューの第2回です。(2018/6/20)

「不倫ものって、基本的に腹が立つんですよ」 不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』完結までの作者の苦悩
一途女子×不倫×SF。新タイプの“地獄”を切り拓いた同作の完結記念インタビューを実施した。(2018/6/17)

「Key」設立20周年記念の公式オーケストラ・コンサートの開催が決定! 「Kanon」「AIR」などの楽曲を演奏
2018年7月・9月に東京・大阪で開催されます。(2017/12/30)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Diablo」「アイマス」「ai sp@ce」――インターネットでゲームはどう変わったか
インターネットの普及で大きく変わったものの1つが「ゲーム」。かーずさんがハマったゲームを振り返りながら、ネットがゲームに与えた影響について考えます。(2017/12/1)

かーずSPのインターネット回顧録:
「もせあ」って覚えてる? 音楽データの扱いに革命を起こした「MP3」の衝撃
MP3の普及で、音楽・音声の扱いは一気に変わりました。(2017/7/29)

海外のたいやき人気は「Kanon」の影響!? NHK「所さん! 大変ですよ」で「不思議すぎるクールジャパン」
たいやきや中古軽トラ、畳など日本で当たり前のものがなぜか海外で人気を集めている実態に迫る内容です。(2017/3/8)

Keyが最新作「Summer Pockets」を発表 原案:麻枝准による新しい夏の物語!
おおおおおおお!!(2016/12/8)

でんぱ組全員&HYDE(女装)・分島花音(男装)のコス写真だと! りさちー「死ぬほど高まりまくっていた」
ハーレイちゃん(47歳男性)再び!(2016/10/29)

イラストレーター・樋上いたるさん、ビジュアルアーツを退職してフリーに 「AIR」「CLANNAD」など
ゲームブランドKeyの立ち上げから関わっていました。(2016/9/20)

ねとらぼレビュー:
いつの世も人は不倫にドハマリする 一途ストーカー女子が恋の泥沼に沈むSF「あげくの果てのカノン」
一途女子×不倫×SFってどんな新しいタイプの地獄だよ!?(2016/7/8)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が退院を報告 「助かったのは奇跡です」
病名は特発性拡張型心筋症だったそうです。(2016/7/2)

Key作品の一挙放送企画「Key Week」がニコ生で 「Kanon」「AIR」「リトバス」など6作品
わふー!(2016/6/22)

Keyからひぐらし、ボカロまで:
音のコミケ「M3」 1万人動員のイベント主催者に聞く「同人音楽の20年」
今年で18年目を迎える音のコミケ「M3」。同人音楽の20年に迫る。(2016/4/7)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が入院を報告 以前から体調不良を訴えていた
具体的な病名は未公表。(2016/3/1)

サル姿のルフィ、スプラトゥーン 2016年もクリエイターが年賀イラストでTwitter彩る
「ハイキュー!!」のサル山、「おそ松さん」の七福神……学校や仕事始まったけど新年めでたい!(2016/1/5)

「Kanon」「CLANNAD」キャラが印鑑に 「key」7作品の“痛印”発売
イラストは全部で110種!(2014/5/28)

ポニーキャニオン、アニメ化大賞の大賞作品を2015年劇場公開
「AnimeJapan2014」のポニーキャニオンブースで行われた「アニメ化大賞制作発表会」で、同賞の大賞作品『D.backup』の劇場公開が発表された。(2014/3/26)

ブラウザゲームの雄、ONE-UPが動き出す! 同社初のオリジナルパブリッシングタイトル「メガミエンゲイジ!」&「戦国zero」発表!
長く沈黙を守っていた、「ブラウザ三国志」のONE-UPがついに動きを見せた。そんな「動き」の第1弾である、初の自社パブリッシングタイトル「メガミエンゲイジ!」、「戦国zero」の情報をお伝えする。(2012/8/9)

東浩紀さんのゲンロンも採用:
思わずクリック! ノベルゲーム風の読み進めるバナー「アドスフィア」って知ってる?
Web上に無数に存在するバナー。もし、クリックして読み進めることができたら……。そんなノベルゲーム風のバナー広告が登場した。アドスフィアとはいかなるものなのか、制作者に話をきいてきた。(2012/8/8)

SCE、PSP用UMD版ゲーム所有者にダウンロード版を安価に提供
SCEJがVita向け“UMD救済策”を発表。UMD版の所有者に対し、ダウンロード版を安価に提供する。(2011/11/11)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(21):
「Hudson」改め「Jenkins」で始めるCI(継続的インテグレーション)入門
(2011/4/7)

「けいおん!」をPS3やPSPで観賞したい――TBSオンデマンド、PlayStation Store向けに21番組を配信開始
地上波ドラマやアニメ、バラエティ番組などを配信開始。TBSオンデマンドがPlayStation Store向けに見逃し配信を含む番組を随時供給する。(2011/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。