ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「川島海荷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「川島海荷」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

武田久美子、娘とおそろいコーデの“美人親子ショット”に反響 「姉妹にしか見えません」「美魔女だ〜」
母の日に娘と食事に行ったという武田さん。(2024/5/14)

「パパとムスメの7日間」放送から17年、当時出演キャストの現在 芸能界引退、ラスベガス在住も
2007年版に出演したキャストの現在を紹介します。(2024/5/14)

「Jリーグカレー」が31年ぶりに復活! 当時のCM再現に「初代まさおが父親役に」「まさおがこんなに立派になって」と反響
まさお、大きくなりすぎだよ!(2024/5/14)

浅田真央、13年前に逝去した母との“親子ショット”公開 温かいエール集まる「いつも側で見守ってくれてますよ」
母の日に合わせて投稿されました。(2024/5/14)

俳優・川島海荷、高校同級生の“親友”俳優と顔寄せ合う仲良し2ショット公開に「名コンビ」「すっげぇ。そこ繋がってるんだ」の声
東京ディズニーシーを訪れたとのこと。(2024/5/13)

川島海荷、温泉旅館での浴衣ショットに「お、誰と!?」 年末に所属事務所との契約終了で新スタートも
#女子旅。(2023/12/27)

川島海荷、ゴッツイ愛車でのドライブ旅ショットに反響「ギャップがエグいっす」 旧車デートが話題になったことも
かっこかわいい。(2023/7/5)

貴島明日香、15歳差の夫・久保田悠来との別れで大号泣 涙まみれの妻の姿に「ビチョビチョも可愛い」「自分も涙が溢れて」
気持ちを持ってかれる……。(2023/1/12)

貴島明日香、15歳差の夫・久保田悠来と20秒濃厚キス とろんとした表情に三浦翔平も「ドラマでは撮れない恋の顔」
夫婦生活がついに終了。(2023/1/7)

久保田悠来&貴島明日香、「わた婚4」で15歳差“夫婦”に 久保田「異色の組み合わせ」、貴島「自分らしい姿を見せられたら」と抱負
もう1組のペアは瀬戸利樹さんと紺野彩夏さん。(2022/11/4)

“ライダー婚”じゃん! 瀬戸利樹&紺野彩夏、「わた婚4」でペアに沸くファン「ブレイブとオーラ」「ライダー夫婦楽しみ」
それぞれ「仮面ライダーエグゼイド」(2016年)と「仮面ライダージオウ」(2018年)に出演。(2022/11/1)

「結婚中」の島崎遥香&佐野岳、“子持ち夫婦風”ショットがまるで本物 「家事と育児を分担できる2人になれそう」
本物の家族だ。(2022/7/4)

川島海荷、純白のウエディングドレス姿にファン感動 「目が眩むほど綺麗」「ほんっとに可愛い」
川島さんもウエディングが似合う年齢に。(2022/6/5)

「なんでか似てる!」 ガリットチュウ福島、「半沢直樹」瀬名社長ものまねの絶妙なそっくり加減が称賛呼ぶ
“伊佐山部長”ともまさかの共演!(2020/9/30)

12年ぶりにファルコン参上! 三浦春馬主演ドラマ「ブラッディ・マンデイ」、配信決定
ありがとう……ありがとう……。(2020/6/16)

アイドルグループ「9nine」が活動休止 4月6日のライブ以降は個人活動を軸に
2018年12月に台湾での冠番組が始まったばかりでした。(2019/2/27)

川島海荷、ガリットチュウ福島のものまねを公認? 「いちご持ってるバージョンも最高です」と絶賛
2ショットを期待する声も。(2019/1/20)

日本女性グループ初の快挙 「9nine」、台湾で“冠番組”が放送決定
「人生でこんなことがあるとは」と喜びを爆発させたメンバーの村田さん。(2018/12/13)

「悔いの残らない様に全力で」 菊地亜美、後輩の「ベイビーレイズJAPAN」解散で最後まで“パイセン”らしさを見せる
9月24日をもって解散を発表していた「ベイビーレイズJAPAN」。(2018/9/24)

「ぱっつん復活!」 川島海荷、前髪ありの超ロングポニテでゴージャス美女にイメチェン
さすがハリウッド。(2018/3/5)

川島海荷オブザデッドだこれ! 変わり果てたゾンビ姿に“かわいい”のパンデミック発生
キョンシーガール……うっ頭が!(2017/11/10)

また逸材出てきた! “日本一の美少女”高橋ひかる、「高校サッカー選手権」応援マネに就任
透明感しかない。(2017/11/10)

仮面ライダーサソード山本裕典、“契約内容に違反した”ため所属事務所との契約終了
事務所の考える“基準”に至らなかったためと説明。(2017/3/21)

ねとらぼレビュー:
遠藤憲一、スナックのママになる 「バイプレイヤーズ」第9話、あのカレーパンの意味は
ドッペルゲンガーな村民大集合。(2017/3/11)

川島海荷のおやすみ前“すっぴん?”写真にファンもメロメロ 「癒された〜」「ほんときれい」
幼さと大人っぽさの共存。(2016/7/28)

川島海荷さん、ガールズユニット「9nine」から脱退
7月のライブをもって脱退する。(2016/4/6)

川島海荷「プライベートでも来たい」――小田急百貨店に有隣堂の新書店がオープン
4月24日にオープンする有隣堂・楽天・リーディングスタイルの協業による書店「STORY STORY」。その記念のセレモニーが開かれ、アイドルグループ「9nine」のメンバーらによるトークショーが開催された。(2015/4/23)

株ならぬカブをとって大儲け! 野村證券が「NISAゲームセンター」
「秘密結社 鷹の爪」のキャラが採用されています。(2014/8/20)

中野サンプラザの盛り上がりをもう一度:
9nine 1st写真集『9nine WONDER LIVE in SUNPLAZA』の電子版が配信開始
“うみにー”こと川島海荷さんなどが所属するガールズユニット「9nine」の1st写真集『9nine WONDER LIVE in SUNPLAZA』が電子版で登場。(2014/8/13)

TBSで「人狼」番組ふたたび 予測不能の心理ゲームを“視聴者参加”の“生放送”で
専用の投票サイトを設け、誰を「吊る」かは視聴者に委ねる。(2013/6/25)

電子書籍もここからどうぞ:
漫画・小説が原作の2012年秋アニメを全チェック
10月前後から続々と始まる2012年秋アニメの中から、漫画や小説が原作の作品を一挙にピックアップ。電子書籍化されている作品は販売サイトへのリンクとともに紹介しよう。(2012/9/12)

エヴァとアイドルがコラボ エヴァンゲリオン×美少女写真展
あのアイドルがもしエヴァの世界の住人だったら――「エヴァ」と「美少女」をキーワードにした写真展が開催される。(2012/6/28)

業界が“先祖返り”している――『ハルヒ』『らき☆すた』の山本寛氏が語るアニメビジネスの現在
日本発コンテンツとして期待され、国際的にも注目を集めていると言われているアニメだが、制作現場の労働環境の悪さが伝えられることも少なくない。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』を手がけた山本寛氏にアニメビジネスの現在を尋ねた。(2010/7/26)

ドコモ、4月1日にスマートフォン向けポータル「ドコモマーケット」をオープン
ドコモがスマートフォン向けポータルサイト「ドコモマーケット」を4月1日にオープン。XperiaやHT-03A向けにAndroid端末向けコンテンツを提供する。(2010/3/18)

「相棒」のトリックに使われたモデルは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ドコモ+au編
毎晩20時ごろから深夜までに放映されている連続ドラマに登場するケータイを、各キャリアのWebサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。2010年冬のドラマでも、数多くの登場人物たちがケータイを手にしていた。(2010/3/12)

“白戸家”上戸彩が劇中で使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2008年秋──ドコモ編
連続ドラマで使われているケータイを、公表資料と実際のオンエアを元にチェックする「ドラマで使われるケータイたち」の2008年秋版。今回は、ドコモスポンサーどのドラマに上戸彩が出演するなど、興味深いトピックがいくつかあった。(2008/12/20)

志田未来、綾瀬はるか、堀北真希に共通するあのアイテム:
「14才」のあの子のケータイは? ドラマで使われるケータイたち 2006年秋編
現代の生活シーンに欠かせない携帯電話は、テレビドラマの中にも多数登場する。番組内の登場人物が手にする携帯には、制作サイドの隠れた意図なども見え隠れして面白い。2006年秋のドラマにおけるケータイ事情を見てみた。(2006/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。