ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KDP Select」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDP Select」に関する情報が集まったページです。

非透明性:なぜ、電子書籍の売り上げ情報は秘密にされるのか?
電子書籍の領域では、部数が喧伝されることはほとんどない。利用規約などで制限されていることなどによるものだが、オープンな透明性は業界にとって不要なのだろうか。(2014/3/5)

Smashwords、新たな出版マイルストーンと購読ベースの配信契約を発表
電子個人出版プラットフォームを提供している米Smashwordsの下には25万点を超えるインディー著者の作品が集まるまでに成長した。同社はそれらのコンテンツを新興の定額制電子書店Oyster経由でも配信する。(2013/9/11)

Amazon、Goodreadsを買収――次は?
3月にAmazonがソーシャル読書サービスを手掛けるGoodreadsの買収を発表した。この買収が出版社、著者、読者にとって何を意味し得るのか、自主出版サービス大手Smashwordsの創始者でCEOのマーク・コーカー氏が語った。(2013/4/11)

Amazon AutoRipは無料電子書籍の先駆けか?
Amazonが開始したAutoRipは電子書籍にも広がるのだろうか。わたしたちの考えではイエスだ。(2013/1/16)

Kindle Owner's Lending Library、今月内に英国、ドイツ、フランスに展開
1カ月に1冊無料で電子書籍を借りることができるAmazonのサービス「Kindle Owner's Lending Library」が英国、ドイツ、フランスといった国へ展開される。(2012/10/15)

定点観測:
AmazonのKDP Select、2月は貸し出し回数減だが分配収益は最高に
著作のレンタルから収益が得られるAmazonのKDP Select。2月は前月から大きく貸し出し回数が減ったが、著者への分配収益は過去最高となった。(2012/3/22)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(2月24日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/2/24)

定点観測:
AmazonのKDP Select、1月は40万件以上の貸し出しに
著作のレンタルから収益が得られるAmazonのKDP Select。1月は前月から大きく貸し出し回数が増えた。(2012/2/23)

Amazonの電子書籍レンタル、著者もユーザーも確かな手ごたえ?
米Amazon.comが昨年末から開始した電子書籍レンタルサービスは、ファンド設立による著者へのインセンティブも働き、初月からインパクトのある数字が並んだ。(2012/1/16)

レンタル電子書籍からも著者に利益還元:
Amazon、KDP Selectをローンチ
Amazonが電子書籍のレンタルに対する著者への利益還元策として、年間600万ドルにおよぶファンド「KDP Select」を用意した。(2011/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。