ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「木村亜希子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「木村亜希子」に関する情報が集まったページです。

2月9日より先行抽選販売も開始――「テイルズ オブ フェスティバル 2011」追加キャスト発表
「テイルズ オブ」シリーズのファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2011」について、鈴木千尋、白石涼子をはじめとする7名の追加キャストが発表された。また、イープラスの2月9日を皮切りに先行販売もスタートする。(2011/2/8)

misonoが「TOS」テーマソングを約6年ぶりに熱唱――テイルズ オブ フェスティバル 2009
バンダイナムコゲームスの人気RPG「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2009」から、出演声優によるシリーズおなじみのスキット(朗読劇)やシリーズテーマソングのライブの模様をお届け。(2009/7/27)

さらに参戦キャラクター判明――「テイルズ オブ バーサス」
「テイルズ オブ バーサス」は、初代「ファンタジア」から最新作「ハーツ」までの13作品のキャラクターが入り乱れて戦うPSP向けアクションゲーム。今回はさらに10名の参戦キャラクターを紹介。(2009/5/29)

「テイルズ オブ フェスティバル 2009」 開催決定
(2009/3/6)

若き日のラオウ伝説がPSPで蘇る――「北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王」
インターチャネルは「北斗の拳」の外伝的作品「北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王」(長田悠幸作画)をモチーフにした対戦格闘ゲームをPSPで発売する。(2009/1/20)

大盛況の「やっぱり『テイルズ オブ』スペシャルステージ」――バンダイナムコゲームス/バンプレストブース
長く愛されているバンダイナムコゲームスのRPGといえば「テイルズ オブ」シリーズ。「テイルズ オブ イノセンス」と「テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット」の特別イベントがステージで開催された。紹介映像、各タイトルに出演している声優のトーク、クイズコーナーなど盛り沢山の60分だった。(2007/9/23)

世界の創造。 想いは引き継がれた――「テイルズ オブ イノセンス」
「テイルズ オブ」シリーズのマザーシップタイトルとなるニンテンドーDSソフト「テイルズ オブ イノセンス」。異能の力に目覚めたルカ・ミルダの運命は……?(2007/8/3)

「『テイルズ オブ』シリーズ2007年度ラインナップ発表会」:
マザーシップタイトル「テイルズ オブ イノセンス」はニンテンドーDSで――PS2、PSP、Wiiでも新作を発表
7月20日、バンダイナムコゲームスから発売されている「テイルズ オブ」シリーズの新作発表会が開催された。ニンテンドーDS「テイルズ オブ イノセンス」を含む新作4タイトルが発表された。(2007/7/20)

「ディアピアニッシモ ルフラン」レビュー:
3倍以上にパワーアップしたら萌え度が大変なことになりました
美少女フィギュアにゲームデータを内蔵するという斬新なアイディアが好評だった「ディアピアニッシモ」が、大幅にパワーアップして再登場。どんな感じで“萌え分”が増えたのか、確かめるために遊んでみました。デモムービーも掲載。(2007/7/2)

“ifの世界”そしてbeforeストーリーも――「ディアピアニッシモ ルフラン」
「ディアピアニッシモ ルフラン」では「ディアピアニッシモ」の世界に加えて、ifの世界のパラレルワールドとなる「ナルミ編」、そしてbeforeストーリーとなる「ジャスミン編」も描かれることになる。新たな画面ショットを公開。(2007/6/20)

あの「ディアピア」がパワーアップして再登場――「ディアピアニッシモ ルフラン」
工画堂スタジオから2006年に発売された「ディアピアニッシモ」が、ボリュームアップ&CG増量、そしてキャラクターボイスと新曲が追加されて「ディアピアニッシモ ルフラン」として再登場する。(2007/5/18)

声優とのコラボによるボイスノベル──「フォレストノベル」
(2006/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。