ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「“見える化”によるグループウェア再生術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「“見える化”によるグループウェア再生術」に関する情報が集まったページです。

“見える化”によるグループウェア再生術(4):
「ノーツ対シェアポイント」の投資対効果を見える化する
情報共有/ナレッジマネジメント系のソリューションは導入効果が見えにくく、ROIを算出しにくい。今回は、そのROIに対する考え方について解説する。(2007/3/23)

“見える化”によるグループウェア再生術(3):
情報活用に必要な“捨てる技術”と“残す技術”
組織における情報共有の活性化を考えるとき、現状の把握が重要となる。現状の見える化ができていない場合、まずはDBの整理および棚卸しが避けて通れない。(2006/9/21)

“見える化”によるグループウェア再生術(2):
Notesが穴? 「見える化」で対処する日本版SOX法
個人情報保護法、日本版SOX法など各種法規制により、企業内データの整備・保護が義務化されつつある。Notes DB内に重要文書を保存・共有している企業では、「Notesが穴」になっていないだろうか?(2006/6/30)

“見える化”によるグループウェア再生術(1):
「Notes見える化」のススメ
今日、一定規模以上の企業でグループウェアを使っていないところは少ないかもしれない。では、それがどの程度利用され、どの程度役立っているのか把握しているだろうか? この連載では、Notesをベースに情報共有基盤の「見える化」と「再整理」について解説していく。(2006/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。