ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モンディーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンディーン」に関する情報が集まったページです。

コネクテッドウォッチ?:
活動量計搭載、スマホ連携――“スマート化”する腕時計
世界最大の時計と宝飾品の見本市「Baselworld 2015」では、時計メーカーからスマートフォン連携の形が提示されました。その多くはスマートフォンを主ではなく従とする形で、スマートウォッチというよりは「コネクテッドウォッチ」と呼ぶのがふさわしいかもしれません。(2015/3/24)

Apple、iOS 6の“時計盗用”問題でスイス連邦鉄道と和解
iOS 6搭載iPadの「時計」がスイス連邦鉄道の時計デザインと酷似している問題で、両社がライセンス使用許諾契約を結ぶことで合意に達した。(2012/10/13)

ブルーとピンク、どちらのストラップを選ぶ? モンディーンEVO日本限定パッケージ
DKSHジャパンは、モンディーンの腕時計「EVO」にブルーとピンクのエナメルストラップをセットした女性向け「日本限定パッケージ2010」を7月下旬に発売する。価格は2万5200円。(2010/7/14)

重厚感ある懐中時計「サボネット」――モンディーン
スイス国鉄オフィシャル鉄道ウオッチを手掛けるモンディーンから、懐中時計「サボネット」が登場。価格は3万1500円。(2010/5/26)

1909年製蒸気機関車にオマージュを捧げるクロノグラフ――モンディーン
スイス国鉄オフィシャル鉄道ウオッチを手掛けるモンディーンから、世界限定101本の「クロノグラフリミテッドエディション」が登場。価格は27万3000円。(2010/5/17)

菅野たけしのウォッチWatch:
今日は何日、何曜日だっけ? カレンダー表示機能をもつ時計
「今日って何曜日だっけ?」「今日は何日?」といった経験をしたことがある人も多いはず。しかしそんなときでも慌てずスッと時計を見れば、教えてくれるカレンダー付きの時計を紹介しよう。(2010/2/22)

身だしなみ特集:
初ボーナスで買いたい、10万円以下のオススメ腕時計
今、あなたが腕にしている時計はどんな時計だろうか? もしもゴツいダイバーズウォッチや、プラスチック素材のデジタルウォッチだとしたら、それはビジネスシーンにはミスマッチだ。初対面の相手の腕時計が、名刺より記憶に残る場合もあるくらい、ビジネスマンにとって時計は重要なもの。ゴールデンウィーク前に、自分にあった時計を探しにいこう!(2009/5/28)

菅野たけしのウォッチWatch:
新社会人必読! 初ボーナスで買いたい10万円以下のオススメ腕時計
今、あなたが腕にしている時計はどんな時計だろうか? もしもゴツいダイバーズウォッチや、プラスチック素材のデジタルウォッチだとしたら、それはビジネスシーンにはミスマッチだ。初対面の相手の腕時計が、名刺より記憶に残る場合もあるくらい、ビジネスマンにとって時計は重要なもの。ゴールデンウィーク前に、自分にあった時計を探しにいこう!(2009/4/10)

+D Style News:
モンディーン、ホワイト×イエローゴールドのさわやかな腕時計
モンディーンのウォッチシリーズ「EVO」からシルバーとイエローゴールドのコンビネーションケースモデルが登場。(2009/2/10)

+D Style News:
モンディーン初のチョコレートブラウンウォッチ「EVO スクエア チョコレートブラウン」
ケースやバンドのカラーにチョコレートブラウンを採用したスクエアウォッチ「EVO スクエア チョコレートブラウン」が登場。(2009/1/23)

+D Style News:
“モンディーン”空間のカフェ、青山に登場
都内では11月1日からの3連休中、デザインイベントが目白押し。モンディーンもアーキテクトカフェと期間限定でコラボしている。(2008/10/31)

+D Style 時計探訪:
クロックこそ、吟味して選びたい
時を刻むだけでなく、インテリアとして持ち主の個性が表れるクロック。クロック単体のデザインだけでなく、部屋との調和を考えながら、最高のものを選びたい。(2008/10/9)

+D Style News:
モンディーン、限定10本の機械式ウォッチ&スポーティーな腕時計
スイスの時計メーカー・モンディーンから、国内10本限定の機械式ウォッチ「クロノグラフ バルジュー」、モダンでスポーティーな腕時計「スポーツラインII」が登場。(2008/6/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。