ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「妄想ウェアラブルの午後」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「妄想ウェアラブルの午後」に関する情報が集まったページです。

妄想ウェアラブルの午後:
センサーが「幸福度」を計測する未来――日本人の心の“聖域”はどう変わるか
日立ハイテクノロジーズが「幸福度」を測るウェアラブルセンサーを発表。心理状態を数値化した先に訪れる、日本人の変化とは――。(2015/4/24)

妄想ウェアラブルの午後:
排泄予知ウェアラブル「D Free」 超音波で腸内を分析、子育てや介護を支援
“排泄予知ウェアラブル”として先日発表され、Web上で話題を呼んだ「D Free」。“Wi-Fiルーター”にも見えるスタイリッシュなデザインが特徴だが、その正体とは――。(2015/3/12)

妄想ウェアラブルの午後:
スマートタグ「Fizzly」で人類のクリエイティビティが可視化する?
IoT(モノのインターネット)を日常に取り入れるスマートタグ、「Fizzly」。これは単なるおもちゃに留まらず、人類の創造性をより豊かに、そしてそれを可視化する可能性をも秘めているのかもしれない。(2015/2/4)

妄想ウェアラブルの午後:
“肉体というセンサー”をだます装置――「Oculus Rift」
ゴーグルをかけるだけで仮想世界を訪れることができる、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」。このSFのような技術は、ただ単にエンターテインメントとして使われるのに留まらない。現実世界の常識をも変えてしまうパワーを持つのだ。(2015/1/21)

妄想ウェアラブルの午後:
ログバー「Ring」――“魔法社会”は今と案外変わらない?
“魔法のリング”――そう呼ばれてキックスターターで約9000万円を集めた「Ring」。スマートフォンや家電の操作を、ジェスチャーひとつで操作できる指輪型デバイスだ。すべてがジェスチャーだけで操作できるようになった未来に、“魔法使いの世界”は訪れるのだろうか?(2015/1/15)

妄想ウェアラブルの午後:
ウェアラブルはディックの夢を見るか――ソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」
先日のCESで発表されたばかりのソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」。「現在のウェアラブルの弱点」をカバーしたように思えるこの製品だが、思い出すのは――。(2015/1/11)

妄想ウェアラブルの午後:
「Google Glass」――それはビッグブラザーか、ドラえもんか
スマートフォンでできることをハンズフリーで、声だけで行うことができるメガネ型ウェアラブルの代名詞「Google Glass」。もしGoogle Glassがスマホに置き換わったとき、社会はどのように変わってしまうのだろう?(2015/1/5)

妄想ウェアラブルの午後:
ナイキ「FuelBand」――時間や空間を超えた“共通単位”は生まれるか?
“Fuel”というオリジナルの単位を使うことで、あらゆるアクティビティを測定することができる「Nike FuelBand」。Fuelが一般的に使われるようになった未来では、どのようなことが可能になるのだろう?(2014/12/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。