ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ムラキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ムラキ」に関する情報が集まったページです。

2011年の“日本で一番熱い男”、楽天の田中将大投手が選ばれる
クエルボ・イ・ソブリノスが毎年、“熱いハートの持ち主”を表彰する「ラティーノ JAPAN賞」。2011年は楽天の田中将大投手に173万円の腕時計が贈られた。(2012/1/7)

ヴェルサーチ、スポーツクロノグラフ「DV ONE クロノ」
ヴェルサーチから、クロノグラフ「DV ONE クロノ」が8月に登場。マットブラックのセラミック製ケースで、価格は37万8000円。(2011/7/16)

菅野たけしのウォッチWatch:
百花繚乱の時計サイズ、日本人の腕に似合うのは?
時計を選ぶとき、サイズで悩んでいる人も多いはず。トレンドではビッグサイズが主流だが、日本人の体格では40ミリ前後が収まりがいいと思う。(2010/9/30)

菅野たけしのウォッチWatch:
今日は何日、何曜日だっけ? カレンダー表示機能をもつ時計
「今日って何曜日だっけ?」「今日は何日?」といった経験をしたことがある人も多いはず。しかしそんなときでも慌てずスッと時計を見れば、教えてくれるカレンダー付きの時計を紹介しよう。(2010/2/22)

菅野たけしのウォッチWatch:
続・初ボーナスで買いたい腕時計――5年後の自分に似合う時計を考える
前回記事が好評だったので、引き続き「初ボーナスで買うべき腕時計」を探していこう。今回は「5年後の自分にふさわしい時計」をテーマに、少しレベルアップして選んでみた。初めての機械式時計や、アンティークウオッチにも触れる。(2009/5/11)

+D Style News:
1850年創業の時計ブランド「マーヴィン」から新モデル
1850創業のスイスウォッチブランド「マーヴィン」から新コレクションが3シリーズ登場。(2009/1/16)

+D Style News:
今年も登場! レーシー&クラシックなクエルボ・イ・ソブリノス限定ウォッチ
高級時計ブランドのクエルボ・イ・ソブリノスから、限定ウォッチ「Tour de Espana 2008」が販売される。発表会には“ラテンスピリットを持った”ゲストとしてプロゴルファーの上田桃子さんが登場。(2008/12/22)

+D Style News:
クエルボ・イ・ソブリノス、大胆スケルトン仕様のコンプリケーションウォッチ
クエルボ・イ・ソブリノスの新作ウォッチ「ロブスト トリカレンドグラフォ ルナ スケルトン」が発売。トリプルカレンダーやムーンフェイズ機能を搭載したスケルトン仕様のコンプリケーションウォッチだ。(2008/11/11)

+D Style 時計探訪:
モータースポーツとクロノグラフ
クロノグラフの発展を考える上で忘れてはならないのがモータースポーツとの関係。モータースピリットに溢れる特別モデルとともに紹介しよう。(2008/11/1)

+D Style 時計探訪:
クロックこそ、吟味して選びたい
時を刻むだけでなく、インテリアとして持ち主の個性が表れるクロック。クロック単体のデザインだけでなく、部屋との調和を考えながら、最高のものを選びたい。(2008/10/9)

+D Style News:
ヴェルサーチからエレガントで上質な新作ウォッチ登場
ヴェルサーチが最上級のエレガンスを目指す新作ウォッチ「アクロン パワーリザーブ」と、上品でしなやかな新ウォッチコレクション「エラ」を発表した。(2008/8/12)

+D Style News:
海賊から、タバコまで――クエルボ・イ・ソブリノスから新作ウォッチ
キューバの高級時計ブランド「クエルボ・イ・ソブリノス」から新作ウォッチが登場。海賊をイメージしたものや、文字盤センターにデイデイトを配したものなど、個性的なモデルが発売される。(2008/8/11)

+D Style News:
ラテン&モータースピリットの詰まった、クエルボ・イ・ソブリノス限定ウォッチ
高級時計ブランド「クエルボ・イ・ソブリノス」から、世界限定99本のレアモデルが登場。クラシックカーをイメージさせる文字盤には情熱の“赤”をアクセントとして配色している。(2007/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。