ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Music Key」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Music Key」に関する情報が集まったページです。

音楽専用単体アプリ「YouTube Music」登場 1タップでノンストップ視聴も可能
Google傘下のYouTubeが、音楽動画に特化した単体アプリ「YouTube Music」をまずは米国でiPhoneおよびAndroid向けにリリースした。広告付きでアーティストのアルバム全曲再生などが可能で、YouTube Redユーザーであれば広告なしでオフライン再生も可能。「Google Play Music」にはない機能もある。(2015/11/13)

「YouTube Red」正式発表──広告無し、オフライン再生可能、特別番組ありで月額10ドル
Google傘下のYouTubeが、広告非表示の有料版YouTube、「YouTube Red」を発表した。月額9.99ドルで、まずは米国で10月28日にスタートする。オフライン再生や(音楽の)バックグラウンド再生が可能で、来年にはPewDiePieなど人気YouTuberの特別番組の提供も始まる。(2015/10/22)

YouTubeの月額10ドルの広告非表示サービス、10月21日に発表か
YouTubeの動画を広告なしで視聴できる月額約10ドルのサブスクリプションサービスが、10月21日に発表されるとre/codeが報じた。(2015/10/19)

YouTube、有料サービスを10月下旬スタートか 有料会員限定コンテンツも?
YouTubeが検討しているとされる“広告なしの有料サービス”について、10月下旬にスタートするとの説が浮上した。(2015/9/29)

「広告なしの有料版YouTube」は10月末にスタートか
コンテンツ投稿者に、10月22日までに新たな規約に同意するよう求めるメールが送られていると伝えられています。(2015/9/27)

「YouTube有料化」説が広がる 実際は「YouTubeが有料会員サービスの導入を検討」報道なので注意
「YouTubeが有料化される」といううわさが日本のネット上で広まっているが、実際にはニコ動のプレミアム会員のような有料会員サービスの導入をYouTubeが検討しているという報道がもとになっている。(2015/9/3)

Apple Music、2万以上のインディーズレーベルと契約 アデルやレディオヘッドも参加へ
Appleがテイラー・スウィフトの抗議で無料期間中もアーティストに対価を支払うことを決定したことを受け、インディーズレーベルの業界団体Worldwide Independent Network(WIN)などがAppleとの合意を発表した。6月30日のスタート段階からアデルやルー・リードなどの楽曲も聴ける。(2015/6/25)

世界音楽市場、2014年にデジタルが初めて物理メディア超え 定額制ストリーミングの台頭で
2014年の世界音楽市場は、Spotifyなど定額制ストリーミングの加入者増加でデジタルの売上高が初めて物理メディアを超えた。(2015/4/15)

Google、Webサイトへの“投げ銭”/広告非表示ツール「Contributor」
Contributor(貢献者)になったユーザーは、応援したいWebサイトに毎月1〜3ドル寄付することで、そのサイトを広告なしで閲覧できるようになる。(2014/11/21)

YouTubeが定額音楽サービス「Music key」β版を提供開始
日本上陸のアナウンスは今のところありません。(2014/11/13)

YouTubeの広告なし有料版「Music Key beta」は月額9.99ドルでオフライン機能付き
Googleが、うわさされていたYouTubeのサブスクリプションサービス「Music Key」のβ版を招待制で公開した。料金はSpotifyと同じ月額9.99ドルで、広告が表示されず、オフライン再生も可能だ。(2014/11/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。