ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「内部統制時代の会計ソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「内部統制時代の会計ソフト」に関する情報が集まったページです。

内部統制時代の会計ソフト(2):
会計ソフトが業務改善に効く理由
パソコンが普及し、管理会計的な視点も重視されている現在、会計ソフトは不可欠なツールとなっている。しかし安いものから高価なものまで製品は多種多様。当然ながら、高いものを買っておけば間違いないといった単純なものでは決してない。今回は中小企業向けソフトを中心に、選び方のツボをリポートする。(2008/5/12)

内部統制時代の会計ソフト(1):
会計ソフトが業務改善に効く理由
4月1日、ついに内部統制報告制度がスタートした。これは財務報告の適正性を求めるものだけに、それに対応した会計ソフトも多くの製品が出回っている。だが耳慣れた「内部統制対応」とは具体的にどういうことなのか? 最適なソフトを選んで有効活用するためにも、内部統制と会計ソフトの意義を再確認しておきたい。(2008/4/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。