ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中原茂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中原茂」に関する情報が集まったページです。

オセロの一手ごとにスパロボ風の戦闘演出 「スーパーオセロ大戦」が楽しそうだけど時間かかりそう
セリフのかけあいがZガンダムみたい。(2019/4/23)

「テレビからはドキンちゃんの声が聞こえるのに」 鶴ひろみさんの突然すぎる訃報に声優界などから悲しみの声
「ドラゴンボール」のブルマ役や、「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役などで人気を博しました。(2017/11/17)

平野綾、孫悟空役・野沢雅子らと“ドラゴンボール飲み” 大先輩の言葉に「感動してしまいました」
4月7日には、再放送が始まった「涼宮ハルヒの憂鬱」へのコメントも。(2017/4/9)

夏にPSPで新作登場! 劇場版の公開日も決定した「戦国BASARA」5周年祭レポ
(2011/1/4)

立ち見席も各回200枚追加発売決定――「戦国BASARA 5周年祭〜武道館の宴〜」追加参加メンバーを発表
追加参加が決まったのは、4月に行われた舞台「戦国BASARA 5周年祭〜武道館の宴〜」に出演したキャストたち。また、26日からのチケット追加発売が行われることも決定した。(2010/12/20)

シリーズ初の“最後”とうたった作品――アニメ「遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜」アフレコインタビュー
コーエーの人気ゲーム「遙かなる時空(とき)の中で3」がアニメ化され、2010年1月よりAT-Xにて放送されている。そこで、収録を終えたばかりの三木眞一郎さん、宮田幸季さん、中原茂さん、川村万梨阿さん、浜田賢二さん、花輪英司さん、鳥海浩輔さんの7人にお話をうかがった。(2010/3/29)

舞台化やゆかりの地を訪ねるツアーも発表された「バサラ祭2009〜春の陣〜」リポート
「戦国BASARA バトルヒーローズ」の発売を記念して、5月2日に日比谷公会堂で開催された。そこでは声優陣によるアフレコや舞台化の発表が行われた。(2009/5/7)

「バサラ祭」開催決定!――ご当地ポスターも登場する「戦国BASARA バトルヒーローズ」
(2009/3/6)

祭だわっしょい! 戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES)完成発表会――「バサラ祭 2007 〜冬の陣〜」
台風一過の晴天の下、有明という戦場……もとい、お祭り会場にファンが集結。恒例となりつつあるバサラ祭が開催された。(2007/10/29)

帰省ラッシュも凌ぐ勢い?ネオロマ夏の風物詩「遙か祭」
8月12日、13日、パシフィコ横浜では「ネオロマンス・フェスタ 〜遙か祭2006〜」が行われ、悪天候にもかかわらず会場にはたくさんの女性ファンが押し寄せた。帰省ラッシュの最中、ネオロマンスの聖地ではさらなるラッシュが巻き起こっていた。(2006/8/28)

「ネオロマンス フェスタ〜遙か祭2006〜」8月12日、13日に開催決定
(2006/6/16)

よりスタイリッシュになってアイツらが帰ってきた――新たな英雄たちも続々と参戦する「戦国BASARA2」
戦国時代を生きる武将となり、おのれの体ひとつで幾千の敵を相手どり、戦乱の世を駆け抜けるスタイリッシュ英雄(HERO)アクション最新作「戦国BASARA2」。第1報となる今回は、登場する英雄たちを中心に、それぞれの固有技などを紹介していく。(2006/4/24)

ネオロマファン集結。2006年春の聖地も弾けてました!!
3月最初の週末、聖地パシフィコ横浜にコスプレ姿の女子が集結。彼女たちが愛してやまない「ネオロマンス」のイベントが行なわれた。(2006/3/17)

コーエーから「遥かなる〜」のCDとDVDの新譜発売
(2005/5/31)

今回はフェスタ! 「ネオロマンス」イベント開催
(2005/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。