ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大神伝〜小さき太陽〜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大神伝〜小さき太陽〜」に関する情報が集まったページです。

3DSでなしえる立体音響の遊びをあなたに――「謎惑館 〜音の間に間に〜」
カプコンは今夏、立体音響を使ったニンテンドー3DS用アドベンチャー「謎惑館 〜音の間に間に〜」を発売する。(2011/3/24)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ゲームの新たな可能性を体験しに行きました
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年10月7日放送分は、「大神伝〜小さき太陽〜」、「AR.Drone」、「81keys」、そして高橋名人世代では「PC原人2」「PLANETARIUM」「ブルーオアシス」を紹介します。(2010/10/12)

週間ソフト販売ランキング:
ポケモンは大学祭にも出没します
今週もDS「ポケットモンスター ブラック/ホワイト」がトップは変わらず。ただし、新顔も多く豊作の様子。(2010/10/8)

バンダイナムコゲームスの出展タイトルや各ブースのイベントスケジュールが明らかに――「TGS2010」出展ブース情報
来週半ばから始まるということで、「東京ゲームショウ2020(TGS2010)」の各ブース内イベントについてもその詳細が続々と明らかになってきている。(2010/9/10)

新機能体験ゾーンからコスプレコンテストまで――「TGS2010」出展ブース最新情報
今日発表されたのは、SCE、カプコン、コーエーテクモの3社。SCEブースには50タイトル以上の試遊ゾーンが、カプコンブースには5タイトルの出展のほか関連グッズ販売も。コーエーテクモはコスプレイヤーに人気の「真・三國無双」コスプレコンテストを9月19日に開催する。(2010/9/2)

「大神伝〜小さき太陽〜」、体験版を9月から配信開始
9月30日の「大神伝〜小さき太陽〜」発売を前に、9月8日から体験版のダウンロード配信がスタートする。(2010/8/27)

「大神伝〜小さき太陽〜」9月30日発売が決定
(2010/6/24)

この夏、鎌倉・腰越海水浴場にカプコンの「海の家」がお目見え
腰越海水浴場に「CAPCOM SEASIDE HOUSE」が7月1日〜8月31日の期間限定でオープンする。(2010/6/24)

CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」をカプコンが導入
カプコンのiPhone/iPod touch向けアプリ「CAPCOM News」に、CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」が導入された。iPhoneアプリの紹介だけでなく、カプコンのさまざまなタイトルを動画なども交えて紹介する。(2009/10/8)

日々是遊戯:
iPhoneアプリ「CAPCOM News」に見る、「メーカーが発信する情報メディア」のカタチ
カプコンが9月より配信している「CAPCOM News」というiPhone/iPod touch用アプリがちょっと面白いので紹介します。(2009/10/7)

App Town ニュース:
カプコンの新作ゲーム情報を収録した「CAPCOM News」
カプコンの最新ゲーム情報がアプリで確認できる──。「CAPCOM News」は、iPhone/iPod touch向けの“カプコンゲーム情報誌”だ。(2009/10/1)

TGS2009:
「東京ゲームショウ2009」閉幕――昨年にはわずかにおよばない18万5030人の入場者数を記録
幕張メッセで開催されていたTGSが9月27日閉幕した。ビジネスデイでは微増したものの、一般公開日では昨年ほどの動員におよばず、入場者数は昨年を下回る結果となった。(2009/9/27)

TGS2009:
「戦国BASARA3」や「大神伝〜小さき太陽〜」などステージイベント盛りだくさん!――カプコンブース
「大神伝〜小さき太陽〜」や「ロスト プラネット 2」のプレイアブル出展が魅力のカプコンブース。ステージイベントも盛りだくさんで、今回はピックアップしたイベントを紹介していく。(2009/9/26)

日々是遊戯:
「FFXIII」は○時間待ち!? 「TGS 2009」行列必至の要注意タイトルはこれだ!
早くも前半2日間が終了してしまった「東京ゲームショウ2009」。明日からのパブリックデーに備え、混雑が予想されるタイトルを勝手に推測してみました。(2009/9/25)

TGS2009特集:
「東京ゲームショウ2009」に参加する前に知っておくこと
今年もゲームの祭典の季節がやってきました。まずは事前に予習しておきましょう。(2009/9/16)

小さなアマテラスが主人公――DS「大神伝〜小さき太陽〜」発売決定
(2009/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。