ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「朧村正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「朧村正」に関する情報が集まったページです。

「自分の心臓じゃ生きられない」 「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が心臓移植の必要性を報告
7月2日に病名を「特発性拡張型心筋症」だと発表していました。(2016/7/28)

DeNA、著名クリエイターによるゲーム開発プロジェクトを始動
DeNAは、稲船敬二氏や中裕司氏ら著名ゲームクリエイターのプロデュースによるゲーム開発プロジェクトを始める。作成したゲームはスマホアプリ「Mobage」から配信する。(2011/7/25)

週間ソフト販売ランキング:
魂の叫び
気持ちは分かります。(2009/6/18)

「まだ死にたくない」――Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」
「まだ死にたくない」――Wiiゲームが不振のマーベラスの幹部が、新作「王様物語」を予約してほしいと訴えている。同社のゲームは良作でも売れないという。(2009/6/17)

日々是遊戯:
絶対に食べたくない、あの「肉ガム」を再現してしまった動画
「ペルソナ4」ユーザーにはおなじみの回復アイテム「肉ガム」。果たして、実際に作ったらどんな味なのか!?(2009/5/1)

日々是遊戯:
思わずよだれが……「朧村正」の食事シーンがスゴすぎると話題に
発売以来、好調なセールスが続いている、マーベラスエンターテイメントの「朧村正」。その「食事シーン」だけを集めた動画がなぜか話題になっている。(2009/4/27)

ドラマチックに描かれた+D Games誕生秘話
誕生は劇的だったのだろうか。(2009/3/11)

「朧村正」試遊イベント、東京・大阪で開催
(2009/3/5)

「朧村正」の予約特典は170センチ超の「特大 屏風型絵巻」
(2009/2/27)

和風アクションRPG「朧村正」発売日決定
(2009/2/6)

「アヴァロンコード」発売記念の「MMVプレミアムGAME映像DVD」を配布
(2008/10/29)

東京ゲームショウ2008 マーベラスエンターテイメントブース:
飯田和敏氏の謎の新作「ディシプリン」はWiiウェアで提供
マーベラスエンターテイメントの新作発表会で、なんとも不思議なタイトルが披露された(2008/10/10)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その2)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらは任天堂タイトルを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その1)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらではいわゆるサードパーティを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

マーベラスエンターテイメント、TGS2008出展タイトル&ステージイベントを発表
(2008/9/12)

東京ゲームショウ2007:
新作をどどんとご紹介。もちろんプレイアブルもあります――マーベラスエンターテイメント発表会
東京ゲームショウ2007のマーベラスエンターテイメントブースで、これから発売される同社の新作タイトル5作品の発表会が開催された。プレイアブルも用意されているタイトルも。(2007/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。