ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岡村明美」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「岡村明美」に関する情報が集まったページです。

『ONE PIECE』キャラがカップヌードルCMで高校生に ゾロが剣道に打ち込む「ゾロ篇」放送開始
ゾロ篇が5月22日から放送。(2019/5/22)

アニメ「ワンピース」声優、市川猿之助ら「スーパー歌舞伎」キャストとの豪華集合ショットを「ドドン!!」と公開
ブルック役のチョーさんがアップしました。(2017/11/19)

「ONE PIECE FILM GOLD」BD・DVDの発売日が12月28日に決定! グッズ封入や映像特典収録の限定版も
原作者・尾田栄一郎先生が動画でのインタビューに応じるのは初めてとなります。(2016/10/17)

イメージソングは菅野よう子さんが担当! サプライズ満載の「C9」プレスカンファレンス開催
先日αテストが終了し、サービスインが待たれるゲームオンの大作MORPG「C9」。6月30日に都内で開催されたプレスカンファレンスの模様をお伝えする。(2011/7/1)

プレオープンテスト参加者募集:
ゲームオン「C9」、イメージソングに菅野よう子&土屋アンナ起用
「C9 [Continent of the Ninth]」プレオープンテストへの参加者を募集開始。キャストも発表された。(2011/6/30)

「レディアント マイソロジー3」にフレン登場! 前作からの改良点も一挙紹介
(2010/12/17)

桑島法子と岡村明美がufotableを絶賛していたOVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」先行上映会
OVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」第1巻の完成を祝し、先行上映会が開催された。プレセア・コンバティール役の桑島法子さんと、藤林しいな役の岡村明美さんが駆けつけた12月16日の模様をお送りする。(2009/12/21)

ルフィ役の田中真弓さんもサプライズゲストとして登場! 「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」初日舞台あいさつ
大人気コミック「ONE PIECE」の劇場10作目、「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」が遂に公開され、公開初日の舞台あいさつに麦わら海賊団のご一行が駆けつけた。(2009/12/18)

サクラ大戦専門ショップ「太正浪漫堂&Sakura Cafe」閉店へ
(2008/2/1)

5年待ったかいがありました――ファンのための「テイルズ オブ ファンダム Vol.2」
2002年に発売された「テイルズ オブ」ファンのためのディスクが、最新作「ジ アビス」キャラまでの藤島氏デザインキャラを網羅し、今年夏に発売されることが分かった。(2007/2/23)

そしてまた娘を育てる――「プリンセスメーカー5」製作決定
サイバーフロントは、ガイナックスが企画・開発を行う「プリンセスメーカー5」の製作を決定した。赤井孝美氏がキャラクターデザインも担当。(2006/9/15)

最後は“やりたい放題”――サクラ大戦・歌謡ショウファイナル「新・愛ゆえに」公開稽古
2006年8月12日から22日まで、青山劇場で開催される「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。その公開稽古が2006年7月15日に行われ、出演者より意気込みなども語られた。(2006/7/18)

史上初? ゲームのように3つに分岐する舞台――「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ」公開舞台稽古
2005年7月17日、サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ「新・青い鳥」の公開舞台稽古が都内にて行われた。広井氏が“8年間積み上げてきた集大成”と語る舞台は、ゲームを強く意識して製作されている。今回はそんな出演者たちの熱気溢れる稽古の様子と舞台に向けてのコメントをお届けする。(2005/7/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。