ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「P2V(Physical to Virtual)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「P2V(Physical to Virtual)」に関する情報が集まったページです。

Windows Server 2008のサポート終了に向けて必要になった理由とは:
三井農林がファナティックの「ハード入替サービス」を採用、ソフトウェアに手を加えずERPシステムを延命
ファナティックは、三井農林に「ハード入替サービス」を提供したと発表した。稼働しているソフトウェアに手を加えずに、ハードウェアのリプレースのみを行い、システムの延命を図ったという。(2018/8/24)

2021年のSolaris 10延長サポート終了に向けて:
PR:Solaris 10からSolaris 11.3に移行することで何ができるようになるの?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、Solaris 10からSolaris 11.3への移行プロジェクトを数多く手掛けられているCTCさまにOSのバージョンアップによってお客さまにどのようなメリットを享受できるかを詳しく聞いてきました。(2017/2/3)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第25回 32ビット環境に迫る「2038年問題」 時計がおかしくなると……
いまだ数多くのシステムで32ビットのOSやアプリケーションが使われていますが、実は深刻な影響が懸念される「2038年問題」を抱えています。将来どのような影響が出るのかについて、今回から「Docker」による検証を先取りしていきます。(2016/7/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(17):
「Azure復旧サービス」が新しいポータルに統合、Azure Resource Managerにも対応
2016年5月より、クラシックポータルのみで提供されてきたMicrosoft Azureの「Recovery Services(復旧サービス)」が新しいAzureポータルに統合されました。新しいAzureポータルで一貫性のある、ブレード形式のUIで簡単に操作できるだけでなく、Azure Resource ManagerでデプロイされたAzure仮想マシンのバックアップにも対応しました。(2016/6/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第14回 「延命措置」で旧システムからDocker環境に移行する方法
古いIT資産をDocker環境へ移行するには多面的な検証が必要です。今回は「延命措置」のシナリオから、実際に古い物理サーバからDocker環境へ移行する手順を紹介します。(2016/1/20)

バックアップをアプライアンスで:
1Uラックで12テラバイト、中規模企業をバックアップする「Arcserve UDP 7300」発表
仮想化時代のバックアップをより簡単に――Arcserve Japanがバックアップアプライアンス「Arcserve UDP 7300」を発表した。ハードウェアとソフトウェア、保守をセットにし、戦略的な価格帯で中規模企業層の導入を狙う。(2016/1/12)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第13回 “根が深い”旧システムからDocker環境への移行をどうするか
いざ古い物理サーバや仮想化基盤からDocker環境に移行しようとすると、実に“根が深い”さまざまな課題に直面することになるでしょう。Dockerへの移行について知っておくべき必要最低限のポイントを解説します。(2016/1/6)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(2):
次期System Centerから削除されるもの
今回は、Windows Serverとは切り離せない関係にある管理ツール製品「System Center」の次期バージョンについて、削除される予定のコンポーネントや機能を説明します。(2014/12/26)

アプリケーション仮想化で実現:
PR:今まで2003で使っていたアプリを、そのまま2012 R2へ置き換えるには
Windows Server 2003で稼働していたアプリケーションを、2012 R2上へそのまま移行できる手段がある。改修を必要としないためスピーディな切り替えが可能だ。Windows Serverアプリケーション移行ツール「AppZero」で、業務アプリケーションのクラウド移行をサポートする。(2014/11/27)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(2):
クラウドでDR対策の常識が変わる! Microsoft Azure復旧サービスの全機能が正式公開
2014年10月3日、マイクロソフトは「Microsoft Azure Site Recovery」でプレビュー提供していた一部の機能の正式提供を開始しました。正式提供された機能は、オンプレミスのシステムを直接クラウドへレプリケーション/フェイルオーバーする機能になります。(2014/10/14)

移行サービスに新たな付加価値をプラスする:
PR:課題に合わせた最適な移行ソリューションと企業価値向上ソリューションを提供
多彩なITソリューションや運用管理を提供しているNECネクサソリューションズでは、Windows Server 2003移行のための「Windows Server 2003移行サービス」と、最新OSのシステム価値をプラスワンする「Windows Server 2012有効活用ソリューション」を用意。また、個別の移行の提案を受けられるプライベートセミナーも開催している。(2014/10/14)

タイムリミット迫る!残された期間で何をすべきか:
PR:Windows Server 2003のサポート終了まで残り1年を切った今、スムーズな移行を行うには
Windows Server 2003のサポートが「2015年7月15日」に終了することを受け、企業では多くのワークロードで使われているこのサーバーOSの移行が急務となっている。サポートが終了したサーバーOSを使い続けるリスクと、残り少ない期間でスムーズに移行するために何をすべきかを考えるとともに、自社のサーバー環境を見直すキッカケとすることが重要だ。(2014/8/18)

Windows Server 2003のサポート終了まで1年(と7日) MSが新たな移行支援策
2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003から同2012/R2に移行する法人などを対象に、金銭面での優遇策を導入する。(2014/7/8)

時間・手間・コストに悩むIT管理者へ:
PR:複雑化するシステムと巨大化するデータを保護できますか? 記者が「使える!」と確信した最新バックアップ
システムやデータの増大化が止まらない。業務に不可欠なシステムやデータの確実な保護はIT部門にとって至上命題だ。しかし、バックアップに伴う時間はどんどん長くなり、運用も煩雑になる一方、コストは増やせない。こうしたバックアップを取り巻く現状に対し、最適な解決策を提示したのがCA Technologiesの新製品「CA arcserve UDP」だ。(2014/5/19)

ひろゆきが検証するバックアップの最適解:
PR:現役情シスマンが試す! 仮想マシンとデータのお手軽バックアップ
中堅・中小企業でも広がりつつあるサーバの仮想化。万一に備えて仮想化されたシステムやデータをバックアップしておきたいが、「自前では大変!」という企業は多い。シマンテックの提供するオールインワンアプライアンス「Backup Exec 3600」では仮想化環境のバックアップがどれほど簡単になるのか。アイティメディアの現役情シスマン・ひろゆきが検証する。(2014/5/7)

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(1):
Windows Server 2003からの移行前にやっておくべきこと
「2015年7月15日」にサポートが終了するWindows Server 2003。本連載では、現在稼働中のWindows Server 2003から、Windows Server 2012 R2への移行ポイントと手順を解説する。(2014/4/18)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第4回】
絶対に捨てられない「Windows XP」システムをそれでも温存するには?
「Windows XP」を仮想化しても、差し迫ったサポート終了の問題解決にはなりません。一方、システムを丸ごと撤去するのも難しい。セキュリティリスクを最小限に抑えながら、旧システムを温存するにはどうすべきでしょうか。(2014/2/25)

PR:アナリストが解説! 中小企業のバックアップ対策は「保険」と「業務の利便性」の両輪で
「製品やサービスの価格が高くて手が届かない」「大規模システム向けの高機能なソリューションばかりで自社には無関係」――。多くの中小企業にとってバックアップ対策はこうした懸念や疑問が付きまとう。しかし、果たしてそうなのだろうか。中小企業にとってもシステムのバックアップは不可欠であり、最適なソリューションがあるはずだ。本稿では、IT調査会社・ノークリサーチの岩上由高シニアアナリストに、中小企業の障害/災害対策の現状を解説いただくとともに、専門ベンダーの立場から、ストレージクラフト ジャパン ジェネラル マネージャーの岡出明紀氏に、中小企業が抱えるバックアップ対策の具体的な課題解決法を示してもらった。(2014/2/24)

迫るWindows Server 2003終了の日:
PR:業務アプリケーション移行を成功させるために「なすべきこと」は?
Windows Server 2003の延長サポートが「2015年7月15日」で終了する。Windows Server 2003の利用用途は多岐にわたるが、その中でも数が多く、かつ、移行に手間がかかるのはアプリケーションサーバーだ。そこで稼働する業務アプリの移行を考慮すれば、すでに“待ったなし”の状況と言える。もし今から着手するのであれば、作業範囲は最小限に絞り極力リスクを抑えるべき。そのためにはWindows Server、IIS、.NET Frameworkなどが持つ「後方互換性」をフルに活用してほしい。(2014/2/19)

設置すればすぐに使える:
PR:アプライアンスで手間なし導入、仮想と物理に最適なバックアップ
最近、管理者の頭痛の種がまた一つ増えた。中堅・中小企業にも浸透してきた仮想化技術が原因だ。システムが複雑化して運用・管理の負荷が大きくなっているところへ、仮想環境上にも業務データが蓄えられるようになり、仮想環境のバックアップが避けて通れない問題になってきているからだ。こうした課題を解決する特効薬が、面倒な手間をかけることなく導入でき、設置後すぐに運用できるアプライアンスである。(2013/11/11)

ホワイトペーパー:
重複排除圧縮でバックアップ容量を大幅削減。仮想環境でコスト削減もできるイメージングバックアップソフト
「バックアップや復旧に時間がかかる上、直近の状態に戻せない」。このような限界に突き当たっている現場が増えている。また、サーバーの仮想化を推進する上でも、バックアップコストの増大は大きな課題だ。これらの解となる事例を紹介する。(2013/10/30)

クラウドの知見をサーバーOSにフィードバック:
PR:最新のWindows Server 2012 R2はこう使う
(2013/10/21)

PR:仮想化統合で病院情報システム調達を変革、学校法人 関西医科大学の挑戦
病院情報システムでは、部門システムの調達が、ソフトウェアとハードウェアの一括購入という形で行われてきた。これがITコストの大幅な過剰につながっている。学校法人 関西医科大学は附属3病院を有するが、その中核となる関西医科大学附属枚方病院で進められているのは、仮想化技術によってソフトウェアとハードウェアの分離を行い、このような現状から脱却することだ。(2013/10/16)

ホワイトペーパー:
仮想化成功のカギはP2V、確実に移行するには「ShadowProtect」が有効
仮想環境への移行(P2V)で問題となるのが工数と時間。メーカー提供の移行ツールでは、エラーが多発し、作業の見込みが立たない。このような不確定要素の多いツールを使うことは大きなリスクとなる。決まった時間に、確実にP2Vを実施するためのツールが求められている。(2013/4/15)

有償版を買わせるための「エサ」ではない
Hyper-V Server 2012で実現する仮想化のコスト削減
コストを掛けずにサーバ仮想化をしたい中堅・中小企業にとってHyper-Vは、信頼性の高い仮想環境を容易かつ低コストに構築できる選択肢といえよう。Hyper-V Server 2012を使った仮想環境構築のポイントを解説する。(2013/3/25)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第14回】
オープン性と品質が強み、国産クラウド老舗のIDCフロンティア
国内では歴史が古いIDCフロンティアのクラウドサービスの中から、パブリッククラウドを紹介する。CloudStackを採用したオープン性とエンタープライズ品質が売りだ。(2013/2/5)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(1):
仮想化環境のデータバックアップ 種類と特徴を整理しよう
仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では、従来のバックアップの常識を覆す機能を持ったツール類にも言及する。(2012/11/21)

これまでもこれからもWindows Serverを確実に保護:
PR:長年の経験に裏打ちされたシマンテックのデータ保護とセキュリティ
長年、マイクロソフトの認定グローバルゴールドパートナーとしてソリューションを展開してきたシマンテック。引き続きバックアップソフト「Symantec Backup Exec 2012」やエンドポイントセキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection 12」によって、仮想環境も含めたWindowsシステムを強力に保護していく。(2012/11/5)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
サーバ仮想化を進める理由、やらない理由
調査結果によると、サーバ仮想化を導入している企業の多くが運用や管理に課題を抱えているという。一方、回答者の4割はいまだ仮想化を導入してない。仮想化を導入するメリットは本当にないのだろうか。(2012/9/18)

特定製品への先入観を取り払う
「Hyper-VかVMwareか」の選択に役立つ移行評価ツール
ハイパーバイザーの選択は、客観的データに基づいて行われることが望ましい。選択肢のハイパーバイザーに移行した際のROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を、算出するツールを紹介する。(2012/8/6)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【後編】
コスト削減への近道、仮想マシン集約率向上のヒント
仮想化の普及が一段と進む一方、IT予算の縮小によってサーバ集約率を最適化したいという機運が高まっている。新しいサーバを購入しなくても、サーバ集約率を改善するための施策はたくさんある。(2012/7/9)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【前編】
仮想マシンの過密集約に注意、vSphere新ライセンスの意味
仮想マシンの集約率の策定は極めて難しい 。利益のために集約率を高め過ぎれば不具合の原因になる。では、多くのITマネジャーはどのような集約率を採用しているのだろうか。(2012/7/2)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
仮想化・クラウド環境の統合管理もできる「バックアップツール」選定のヒント
物理/仮想化環境の混在、クラウドにも対応可能な最新のバックアップ対策とは何か? TechTargetジャパンが2012年4月に実施した読者調査を踏まえ、バックアップツールの選定のヒントを探っていく。(2012/6/28)

小規模仮想環境に特化したバックアップソフト「Acronis vmProtect 7」
アクロニス・ジャパンは、VMware vSphereで構築した小規模仮想環境向けのバックアップソフトウェア「Acronis vmProtect 7」のパッケージ版を発売した。価格は1CPU当たり6万円。(2012/5/21)

アクロニス、VMware vSphereに特化したバックアップソフトの新版を発売
VMware vSphereによる仮想化環境に特化したバックアップ・リカバリソフト「Acronis vmProtect 7」を、中堅・中小企業を主要ターゲットとして販売していく。(2012/4/24)

ホワイトペーパー:
Acronis Backup & Recovery10 アクロニスがお勧めする今すぐできる!第二弾! 中小企業様向け 仮想化と仮想環境への移行
限られたリソースでさらなるコスト削減やITサービスへの対応方法のご提案(2011/12/7)

前バージョンVMware vSphere 4との違いに着目
【製品紹介】ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌
VMware vSphere 5は、前バージョンのVMware vSphere 4とどこが違うのか。VMware vSphere 4から追加・拡張された機能、削除された機能、ライセンスの変更点に着目してVMware vSphere 5の全貌を詳解する。(2011/10/19)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第3回】
物理環境とは異なる、仮想環境の監視とバックアップ
仮想化を導入するとリソースが集約されるため、これまでの物理サーバの監視やバックアップとは運用が異なる部分がある。本稿では仮想化環境における平易な監視・バックアップ運用について解説する。(2011/10/14)

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】
比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い
VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。(2011/9/28)

Tech TIPS:
Windowsで仮想ディスク(VHD)のディスクサイズを縮小する
仮想ディスク(VHD)のディスク・サイズを縮小したいことがある。しかしWindows 7の標準のディスク管理ツールでは、ボリュームは縮小できるがディスクのサイズは縮小できない。VHD Resizerというツールを併用すれば、VHDのディスク・サイズを縮小できる。(2011/9/16)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第2回】
サーバ仮想化導入の肝、失敗しないサイジングとP2V
無計画なサーバ仮想化の導入は、後々のリソース不足やオーバースペックによる過剰投資を招く。本稿ではSMBがサーバ仮想化で失敗しないための3つのプロセスから、既存環境の現状分析と移行作業のポイントを解説する。(2011/9/16)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(後)
物理PCから仮想化したばかりのWindows XP環境は起動に失敗することがある。その対策とは? 移行先の仮想マシンの起動から、実運用のための環境整備まで解説する。(2011/9/15)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(前)
Windows 7に対応していないアプリケーションを含む既存のWindows XP環境を、無償ツールで仮想化してWindows 7へ移行する。前編では前提条件から仮想マシン作成まで解説する。(2011/9/8)

XenServer Tips
完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する
P2VやV2Vによって、XenServer上で稼働している完全仮想化のLinux VM を準仮想化に変更する方法を記載する。(2011/9/6)

XenServer Tips
Linux物理マシンをXenServerにP2Vする方法
Linux物理マシンをXenServerにP2V(Physical to Virtual)するプロセスについて解説する。(2011/8/30)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント
中堅・中小企業(SMB)を対象に、サーバ仮想化のメリットと導入のポイントを解説する。サーバ仮想化をする目的、導入までのステップ、P2V(Physical to Virtual)移行のポイント、仮想環境での運用の変化などを、IT部門の方が具体的にイメージできることを目指す。(2011/8/16)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】
クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット
クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。(2011/8/16)

XenServer Tips
XenServerで仮想環境を設計するためのポイント 〜サーバ統合編
XenServerでサーバ統合を実現する際、設計時に検討すべきポイントを紹介する。システムを構成するCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークといった4つのコンポーネントに分けて解説する。(2011/6/20)

Hyper-VマネージャとSCVMMの使い分け
Windows環境の規模に応じた最適なHyper-V管理ツールの選択
Hyper-V環境での仮想化管理ツールを企業規模別に見ていく。企業規模によって求められる管理機能が異なるため、管理ツールの使い分けが必要だ。(2011/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。