ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サルゲッチュ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サルゲッチュ」に関する情報が集まったページです。

「肉弾」に「サルゲッチュ」も PlayStation Moveで遊びまくり!
「肉弾」「フリフリ! サルゲッチュ」など、モーションコントローラー「PlayStation Move」対応の5タイトルで“遊びまくる”番組。「4Gamer.net」主催で、ソニー・コンピュータエンタテインメントの広報池田裕貴さんがゲスト出演する。配信は11月27日22時0分〜。(2010/11/26)

サルゲッチュにチェブラーシカが登場――試遊イベントのみのコラボレーション実施
PS3のPlayStation Move専用ソフトウェア「フリフリ! サルゲッチュ」と映画「チェブラーシカ」とのコラボレーション企画が全国各地で実施される。(2010/11/16)

テレビCMにお笑いタレント「ザ・パンチ」を起用――「サルゲッチュ ピポサル戦記」
(2009/3/2)

au向けに「勇者のくせになまいきだ。そして携帯へ…」「サルゲッチュ サヤカ大冒険」配信
(2009/2/2)

ピポサルが繰り広げる、はちゃめちゃゴルフゲーム──「サルゲッチュゴルフ」登場
(2008/7/18)

SCEJ、音声認識対応直感ゲーム「直感サルゲッチュ犬ぞりレース」配信
(2008/3/6)

ケータイでも“ピポサル”捕獲――「サルゲッチュ サヤカ大冒険」配信
(2008/2/7)

「サルゲッチュ ピポサル戦記」すべてを未定に
(2007/11/30)

無料体験版を配布&ダウンロード開始――「サルゲッチュ サルサル大作戦」
(2007/6/19)

PSP「サルゲッチュ ピポサルレーサー」体験版をダウンロード配信
(2006/10/27)

SCEJ、iモード向け新作アプリ「サルゲッチュ大運動会」を配信
(2006/8/10)

「サルゲッチュ ミリオンモンキーズ」レビュー:
武装したピポサルたちの猛攻にたじたじ――でも、やめられないおもしろさ
いつもの「サルゲッチュ」なら、逃げ回るピポサルたちを追いかけて捕まえるのが基本。でも、今回の「「ミリオンモンキーズ」」に登場するピポサルたちは、いつになく好戦的。逃げるどころか、最新兵器の数々で武装し、容赦なくプレイヤーに襲いかかってくる。こんなに強いピポサル、見たことない!(2006/7/27)

東京近郊でピポサルをゲッチュ!――「サルゲッチュ ミリオンモンキーズ」
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション2用ソフトとして7月13日に発売を予定している本作は、シリーズ栄えある10作品目のメモリアルタイトル。最強のピポサル相手にゲッチュ!(2006/5/30)

iアプリ版 「ピポサルアカデミ〜ア ぶくぶくサルマリン」
(2006/4/13)

「サルゲッチュ」アニメ化決定――4月8日よりゲッチュー
(2006/3/15)

「サルゲッチュ」シリーズのチームが制作スタッフを募集中
(2006/1/27)

90xシリーズ対応「サルゲッチュ・アスレチック」
(2006/1/5)

BREW版レースゲーム「サルゲッチュGP!」を配信
(2005/12/8)

アンガールズ再びピポサルと共演「ピポサルアカデミ〜ア2 -あいあいサルゲ〜ジャンケンバトル!-」
(2005/10/31)

ピポサルとともに「ちょさくけん」を考えた夏休みの1日
8月23日、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の主催で、「第13回 親と子の著作権教室 〜ゲームづくりから楽しく学ぼう!〜」が開催された。SCEの協力で「サルゲッチュ3」の開発者も登場し、ゲームづくりの課程や著作権について学んだ1日だった。(2005/8/24)

ピポサルが生み出す化学反応――爽快感あふれるタイトルには夏がよく似合う
好き放題に逃げ回るピポサルたちを捕まえる爽快感と、しっかりしたアクションの面白さで、ファンを増やしてきた「サルゲッチュ」。3年ぶりとなる注目の最新作が登場だ。(2005/7/25)

アンガールズもピポサルに――「サルゲッチュ3」応援隊長がジャンガジャンガゲッチュ〜
SCEは本日、「サルゲッチュ3」の応援隊長にアンガールズを起用したTVコマーシャルを初披露。またコラボレーションとしてアンガールズを模したピポサルも登場することを発表した。この夏はジャンガジャンガ サルをゲッチュ!(2005/6/21)

アンガールズとピポサルが夢の競演――「サルゲッチュ3」
(2005/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。