ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ピタゴラスイッチの計算書を作ろう」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

設計最適化の要ともいえる、効率のいい事前検討方法をピタゴラスイッチの設計を通じて学ぶ。熟練技術士が“会社では誰も教えてくれない!?”ノウハウをレクチャーする。

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(2):
摩擦係数というより摩擦係数の変数だ
摩擦係数μは、斜面を滑りながら転がっているか、または滑らずに転がっているかにより意味が異なるって理解していた?(2008/9/25)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(6):
コンピュータが設計するから、設計者は要らない!?
設計したどおりの機能が実現すればスコーン! と快感。しかしコンピュータにすべてを任せたら、それも味わえなくなるかも。(2009/3/24)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(5):
ボールがスコーンと跳ねる高さを調整せよ
シーソーに置いたボールをバスケットにスコーンとゴールさせるには? ここでもエネルギー保存の法則や反発係数の定義などが活躍。(2009/1/27)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(4):
台車を狙いどおりに転倒させるよう計算しよう
台車が直線スロープを降り、ストッパと衝突したときにきちんと転んでほしい。 さあ錘(おもり)の重量はどれくらいにしよう?(2008/12/5)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(3):
ボールの運動軌跡が簡単に計算できるの?
ボールが滑っていく軌跡も計算で分かる。しかし本当にそうなる? シミュレーションと実験の結果を動画で比較してみた。(2008/11/6)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(1):
摩擦があると、どうしてエネルギーを失うのか
摩擦によって力学的エネルギーが損失することを理解するためには、まずニュートンの運動方程式をきちんと理解する必要がある。(2008/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。