ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロが教える業務改善のツボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロが教える業務改善のツボ」に関する情報が集まったページです。

プロが教える業務改善のツボ(5):
問題を切り分けて、夏の停電を乗り越えよう
万一の際の事業継続は、各社にとっての重要事項であるが、分業とグローバル化が進む現在においては、国境を越えて、社会全体にとっての重要事項でもある。今回は、夏に予想されている関東エリアの大規模な停電に向けて、各社はどのような対応を採るべきなのか、対策立案のための考え方を紹介する。(2011/4/21)

プロが教える業務改善のツボ(4):
業務プロセスを見直せば、残業時間はもっと減らせる
コスト削減、効率化のトレンドを受けて、いま多くの企業が取り組んでいる「残業削減」。だが、一見シンプルに思えるこのテーマも、きちんとした考え方に基づき、理詰めで取り組んでいかなければ実現は難しい。「残業削減」にもそれなりの“ツボ”があるのだ。(2011/2/10)

プロが教える業務改善のツボ(3):
手順を共有していないから、改善活動が混乱する
業務改善の活動において「手順」は重要だが、こだわらなくてもよいところにこだわりすぎるとかえって迷路に迷い込んでしまう。今回は、「手順」のこだわるべきポイントはどこなのか? 陥りやすいワナはどこにあるのか? 大切なポイントをお教えしよう(2010/8/10)

プロが教える業務改善のツボ(2):
業務を邪魔する“諸悪の根源”は、こうして突き止める
業務改善を“決められた期間内で、システマティックに”行うためには、それなりのポイントがある。その柱となるのが「なぜ?」を繰り返して縦方向に原因を追求するアプローチだが、そうした作業の確実性、効率性を向上させるのが今回紹介する「横」方向の原因追究だ。(2010/6/1)

プロが教える業務改善のツボ(1):
“人のせい”にしているから、効率化は失敗する
業務を改善するためには、まず不都合の原因を究明することが大切だ。だが、狙った期間内で確実に改善するためには、どんな原因に焦点を定め、どのように究明し、どう対策を立案すればよいのだろうか? いざ取り掛かろうとすると途方に暮れてしまいがちな業務改善のコツを、 プロの業務コンサルタントが具体的に伝授する。(2010/4/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。