ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayStation C.A.M.P!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayStation C.A.M.P!」に関する情報が集まったページです。

ドスパラ、ゲーミングPCを買って最大5万円分のポイントがもらえる「PCゲームやろうぜキャンペーン」
ドスパラは、同社製ゲーミングPC購入者が対象のポイント還元キャンペーン「GALLERIA買ってPCゲームやろうぜキャンペーン」を開始した。(2018/3/9)

ドスパラ、ゲーミングPC「GALLERIA」購入で最大5万円分のポイントを還元する会員向けキャンペーン
ドスパラは、同社会員を対象としたポイント還元キャンペーン「GALLERIA買ってPCゲームやろうぜキャンペーン」を開始した。(2018/2/20)

やしろあずきの調査―― 昔懐かしい「手を使った遊び」をまとめてみた
ちょっと男子! 手遊びしてないで掃除しなさいよ!(2017/7/11)

ドスパラ、「ゴールデンウィークセール!」を4月24日から
GALLERIAが最大5万円引きに。(2015/4/24)

週間ゲームソフト販売ランキング:
夏休み! ゲームやろうぜ!
3DS「New スーパーマリオブラザーズ 2」、余裕のトップ。(2012/8/2)

ショップのダメ出し!:
なんか暑いし、引きこもってゲームやろうぜ――予算10万円から組むゲーミングマシン
アキバのPCパーツショップに、自作PCの構成表を持ち込みベテラン店員さんにダメ出しやアドバイスをもらうこの連載。今回はゲーミングマシンの構成を考え、PCゲーム関連アイテムを豊富に取りそろえているパソコンショップ・アークに突撃した。(2011/8/12)

ユーザー参加型つぶやきイベント「れとげのまち」、次のお題は「FFII」――オフラインイベントも開催決定
(2010/3/19)

日々是遊戯:
お題は初代「FF」! みんなで同じゲームやろうぜ企画「れとろげーむのまち」が開催中
Twitterを使って、みんなで一斉に同じゲームをやったら面白いのでは――そんなアイデアからスタートした企画がこの「れとまち」。懐かしくも新しい、ちょっとユニークなイベントです。(2010/1/18)

でっかい敵を解体するのはなんて快感なんだ――「100万トンのバラバラ」
PlayStation C.A.M.P!とアクワイアがタッグを組んで世に贈る快感解体切断アクションゲームには、バラバラにするワクワクが詰まっている。(2009/11/26)

「PlayStation C.A.M.P!」:
企画ではなくアイディアを考えられるあなたを待っている
ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPANスタジオは、クリエイター発掘支援のためのプログラム「PlayStation C.A.M.P!」を立ち上げ、作品の募集を10月1日より開始する。(2008/9/22)

目指せ次代のクリエイター ――「PlayStation C.A.M.P!」開始
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、クリエイター発掘支援のためのプログラム「PlayStation C.A.M.P!」を開始すると発表した。作品の受け付けは2008年10月1日から開始。(2008/7/25)

「無限回廊」レビュー:
言い訳が成立しちゃうんです!――無限回廊では、ムチャなフリでも通用する
筆者の生きているうちに二度とお目にかかれないと思っていた「新機軸ゲーム」がここに登場。しかしこれを進化と呼ぶのか!? 脳が退化した気分に陥る“不思議ちゃんパズル”だ。(2008/4/24)

「マイスタイリスト」荒木令奈氏インタビュー:
「ファッションも娯楽」だと思う――女性による女性のためのツール
はじめはちょっとした思いつきだった。PSP専用カメラが発売されることを知った時、漠然と考えていた、ファッションに特化したソフトのアイディアがつながった気がした……。(2008/2/28)

あなたのワードローブ活用術――「マイスタイリスト」で着まわし解決
SCEはファッションライフ・サポートツールとしてPSP用「MyStylist」を発売する。専属のスタイリストが毎日のオシャレを楽しく、そして快適にしてくれる。アイテムコラボ情報も!(2008/2/12)

「PATAPON(パタポン)」インタビュー:
理屈じゃないところで“楽しそうなゲーム”と思ったあなた。その勘は正しい
「パタポン」という生き物とコマンドで会話しながら進めていくゲーム。音ゲーともシミュレーションとも、何とでも呼べそうなこのゲームを作った、プロデューサーの小谷浩之氏に、ゲームの成り立ちから話を聞いてみた。(2007/12/18)

「echochrome 無限回廊(仮)」は“そぎ落としの美”
東京ゲームショウ2007のソニー・コンピュータエンタテインメントブースで初出展された「echochrome 無限回廊(仮)」。どのような経緯でこのゲームが生まれたのか、制作者の藤木淳さんと鈴木達也プロデューサーに話を聞いた。(2007/9/27)

ダウンロードコンテンツの企画求む――SCE「ゲームやろうぜ!DIGITAL MEISTER」開始
(2006/7/21)

「ゲームやろうぜ!2006」応募締切は2月28日
ソニー・コンピュータエンタテインメントが新たな才能を発掘するオーディション「ゲームやろうぜ!2006」の締切日が、いよいよあと2週間ほどに迫ってきた。あなたも作品を応募して一獲千金を夢見てみないか。(2006/2/10)

「ゲームやろうぜ!2006」で一獲千金を目指すための支援企画:
あなたもいっしょに「ゲームやろうぜ!」
ソニー・コンピュータエンタテインメントが開催中のゲームクリエイターオーディション「ゲームやろうぜ!2006」。過去1995年から1999年の間にも6回開催され、その第3回合格者であり、「どこでもいっしょ」の開発者として知られている南治一徳氏と、SCEJシニアバイスプレジデントの桐田富和氏に、ゲームやろうぜ合格までの道のりや、今回の復活に至る経緯について話を聞いた。(2005/12/8)

「ゲームやろうぜ!2006」作品受付開始
ソニー・コンピュータエンタテインメントが開催する、ゲーム制作の支援を行なうクリエイター発掘オーディション「ゲームやろうぜ!2006」の作品受付が、本日11月15日より開始された。受付はインターネット経由のみ。(2005/11/15)

意欲あるクリエイター、求む! 発掘オーディション「ゲームやろうぜ!2006」開催
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、新たな才能や発想を持つクリエイターを発掘し、ゲーム制作の支援を行うクリエイター発掘オーディション「ゲームやろうぜ!2006」を開催すると発表した。作品の応募受付は2005年11月25日から。(2005/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。