ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クイズマジックアカデミー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クイズマジックアカデミー」に関する情報が集まったページです。

5000台の痛車を撮り続けた男が語る 外国人観光客も訪れる「聖地」秋葉原UDX駐車場がマジで愛されるワケ
撮り続けて8年、約5000台の痛車を撮影してきた担当者にインタビューしました。(2019/5/26)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Diablo」「アイマス」「ai sp@ce」――インターネットでゲームはどう変わったか
インターネットの普及で大きく変わったものの1つが「ゲーム」。かーずさんがハマったゲームを振り返りながら、ネットがゲームに与えた影響について考えます。(2017/12/1)

問題を4文字しか読んでいないのになぜ答えられる? 競技クイズの裏側と青春を描く「ナナマルサンバツ」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第73回。高校生クイズ出場を目指す高校時代を送っていた社主が、競技クイズの世界を描いたマンガ「ナナマルサンバツ」の魅力を熱く紹介。(2016/8/16)

AOU 2011のKONAMIブースで行われるイベント情報を公開
(2011/2/9)

生徒諸君、AOU2011会場に集合!――「クイズマジックアカデミー8 特別課外授業 AOU2011特別杯」開催決定
2月19日に千葉・幕張メッセで開催される「AOU2011アミューズメント・エキスポ」で雌雄を決する「特別課外授業 AOU2011特別杯」が開催される。(2011/1/20)

「クイズマジックアカデミー8」ロケテストを東京・京都で実施
ロングセラーシリーズとなっている対戦クイズゲーム「クイズマジックアカデミー」シリーズ次回作のロケテストが、東京、京都の3会場で実施される。(2010/10/22)

AOU2010:
「AOU2010 アミューズメントエキスポ」開催――目玉の「METAL GEAR ARCADE」には行列も
2月19日、20日の2日間にわたり千葉県・幕張メッセにて開催中の「AOU2010アミューズメント・エキスポ」。昨今の流れを反映してか、今回は大型筐体の出展が目立つ形となった。(2010/2/19)

新たなキャラクター&ジャンルなどを追加――「クイズマジックアカデミー6」
(2009/3/11)

業界にも春がくるか? 「AOU2009 アミューズメント・エキスポ」開催
2月20日〜2月21日、千葉県・幕張メッセで、春の恒例となったアミューズメント機器の展示会が催されている。(2009/2/20)

日々是遊戯:
電波依存症のアナタに――「どこでもWi-Fi」で、自分専用のWi-Fiアクセスポイントを携帯しよう
DSやWii用の周辺機器、関連グッズなどを扱うモリゲームズブースで、ちょっとユニークなデジタルガジェットを見つけた。これを使えば、いつでもどこでもWi-Fiに接続することができるという優れモノだ。(2008/10/9)

アドレス帳から仲間を呼び出せる――ドコモ、リアルタイム通信対応の「iアプリオンライン」発表
NTTドコモは10月6日、今秋発売予定のFOMA次期モデルの投入と同時に、新サービス「iアプリオンライン」を提供すると発表した。東京ゲームショウ2008で体験コーナーを用意する。(2008/10/6)

KONAMI、東京ゲームショウ2008出展タイトル発表
(2008/9/30)

東京ゲームショウの足音
毎年、“あの”イベントにより東京ゲームショウが迫ってきていることを実感します。(2008/9/24)

日々是遊戯:
「クイズマジックアカデミーDS」が金曜発売なワケ
先週金曜、KONAMIから発売された「クイズマジックアカデミーDS」。ところでゲームソフトの発売日と言えば“木曜発売”が原則だが、なぜこの「マジアカDS」にかぎって“金曜発売”なのだろうか。(2008/9/16)

TGS2008でクイズ大会開催――「クイズマジックアカデミーDS」
(2008/9/12)

KONAMIのコンテンツがインターネットラジオになって登場――「KONAMI STATION」
(2008/8/13)

まさかのエスカレーター事故に会場騒然――「ワンダーフェスティバル 2008[夏]」
8月3日、東京ビッグサイトにおいて日本最大の造形の祭典が開催され、酷暑の中多くの来場者を記録した。そんな中、開場すぐにエスカレーター事故が起きた。(2008/8/4)

東京おもちゃショー2008:
ゲームっぽいなにかを求めて「東京おもちゃショー」に行ってみた
6月19日から6月22日の期間、東京ビッグサイトで開催されている国内最大の玩具見本市に、“ゲームっぽいなにか”を探しに行ってきた。(2008/6/19)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
六本木系女子大生になれずアキバでUPSを担ぐ
女子高生時代は新宿南口のタイステ(TAITOSTATION)で「ゆうゆのクイズでGo!Go!」をひたすらプレイ。花の女子大生ライフに突入かと思いきや、アキバのぷらっとホームで買ったUPSを担ぐハメに……。(2008/5/8)

格闘ゲームブーム、再燃の予感――AOU2008アミューズメント・エキスポ
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2008アミューズメント・エキスポ」が開幕。約10年ぶりの新作「ストリートファイターIV」や、スクウェア・エニックス初の業務用ゲーム機向けオリジナルタイトルなど、見どころの多いイベントとなった。(2008/2/15)

AOU2008行きを賭けた第6回全国大会を開催――「クイズマジックアカデミー4」
(2007/12/10)

Kスタで「クイズマジックアカデミーmobile2」の携帯ゲーム大会開催──8月1日
(2007/7/25)

「クイズマジックアカデミー4」で「アミノサプリ」キャンペーンを実施
(2007/4/20)

KONAMI、「クイズマジックアカデミー」スポーツ豆知識スペシャル大会を実施
(2007/3/13)

AOU2007アミューズメント・エキスポ(後編)――懐かしいようで新しいアーケードの今後
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2007アミューズメント・エキスポ」が開催。KONAMIの「オトメディウス」や「SILENTHILL THE ARCADE」、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」など初出展。(2007/2/16)

コナミ「クイズマジックアカデミー4」稼働開始――新規要素も満載
(2007/1/25)

KONAMI、「ときめきメモリアル」などの年賀メールをプレゼント
(2006/12/26)

東京ゲームショウ2006:
“通信対戦”で、楽しさならメガゲームにも負けない──KDDIブース
“メガゲーム”のドコモブースに負けじと、KDDIブースでも今後投入予定のEZアプリプレイアブルを多数用意。こちらでは“通信連携”を強く打ち出している。(2006/9/22)

人気ゲームをコミックで読む──KONAMIが携帯向けに配信
(2006/9/21)

「クイズマジックアカデミー」でサッカー大会を開催
(2006/6/9)

iモード、EZweb向け「クイズマジックアカデミー」で大会実施
(2006/5/19)

携帯版「クイズマジックアカデミー」で脳のトレーニング大会
(2006/3/15)

コナミ、モバイルで「BEMANIクイズ王決定戦」を開催
(2006/1/18)

携帯で「クイズマジックアカデミー3」の先取り問題を配信
(2005/12/14)

動画クイズも登場――「クイズマジックアカデミー3」12月中旬より稼働開始
(2005/12/14)

「ポップン13」に日ノ本零子乱入――他コラボも多彩
(2005/12/9)

東京ゲームショウ2005――コナミブース:
メタルギアソリッドシリーズ、幻想水滸伝シリーズなど大作出揃う
プレイアブルタイトルの多いコナミブース。話題の新作にどんどん触れてみよう。特設エリアでのイベントも目白押しで最新映像満載のコナミシアターも大盛況だ。(2005/9/16)

「クイズマジックアカデミー」とBREW版「ときめきメモリアル」
(2005/9/8)

クイズマジックアカデミー2、2,500問を追加。PIZZA-LA杯関連も
(2005/9/7)

クイズマジックアカデミー2、「第6回全国大会 PIZZA-LA杯」を開催
(2005/9/2)

iモード、EZwebで「クイズマジックアカデミー」配信
(2005/8/31)

アソビゴコロをチャージせよ――「コナミカーニバル」開催
(2005/8/11)

クイズマジックアカデミー2、月例の問題追加を実施
(2005/8/9)

クイズマジックアカデミー2、18日から「第4回全国大会」が開催
(2005/7/15)

クイズマジックアカデミー2、12日付で2,500問を追加
(2005/7/13)

クイズマジックアカデミー2、月例の問題追加を実施
(2005/6/23)

第3回全国大会「カロリーメイト杯」が開催――クイズマジックアカデミー2
(2005/6/6)

「クイズマジックアカデミー2」第2回全国大会が開催
(2005/4/15)

クイズマジックアカデミー2、バージョンアップと大会開催を発表
(2005/4/14)

「クイズマジックアカデミー2」ポスターのデザイン決定
(2005/3/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。