ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「爬虫類」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「爬虫類」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

水曜インタビュー劇場(絶滅公演):
子どもの数は減っているのに、なぜ「恐竜博」で110分待ちになるのか
国立科学博物館で開催されている「恐竜博2019」が、人気を集めている。9月の3連休には、最大110分待ちのときも。子どもの数は減っているのに、なぜ恐竜を見るために行列ができるのか。恐竜博の監修を務めている真鍋真さんに話を聞いた。(2019/10/2)

「ドジっ子」「なかった事にする顔がたまらん」 なかなかゴハンを食べられない不器用なトカゲさん
思わず応援したくなる。(2019/9/29)

TBS「クレイジージャーニー」“爬虫類ハンター”企画で“仕込み”発覚、当面の間放送休止へ
珍しい生き物を探す企画で、事前に調達していた動物を使っていたとのこと。(2019/9/11)

ネッシーの正体、巨大ウナギか ネス湖の水からウナギのDNAが大量検出
仮にでっかいウナギだったとしても、それはそれでネッシーなのでは?(2019/9/6)

魚の眠りにヒトとの共通点 日米仏チームが発見
魚が眠っている際の神経細胞の活動に、ヒトなどの哺乳類や鳥類、爬虫(はちゅう)類と共通する特徴があることを、日米仏の研究チームが発見した。(2019/8/9)

大きなうんこがなくなって絶滅!? 生き物図鑑『わけあって絶滅しました。』の続編が登場
後悔してももう遅い。(2019/7/18)

これはネコ? それともニシキヘビ……? 思いっきり伸びた猫ちゃんにニシキヘビ疑惑が浮上
ニャシキヘビ……?(2019/7/15)

「みっちり詰まってますなぁ」「かわいすぎます」 お気に入りの場所で眠るヒョウモントカゲモドキ
寝ながら微笑んでる?(2019/6/17)

東京おもちゃショー2019:
「丸くなる虫は少ないんです」 累計100万個販売の「だんごむし」開発者が「かめ」に目を付けた理由
大ヒットしたカプセルトイ「だんごむし」。次の主役はまさかの「かめ」。(2019/6/15)

「ナイチンゲールやキュリー夫人“以外”の新しい女性の伝記が、日本でもそろそろ必要」 岩崎書店が新たな伝記絵本シリーズで目指すものは?
「好き!」を突きつめた女性たちの偉大な仕事。(2019/5/23)

キン肉マンのリアル「超人」図鑑、学研から発売 約700体を生物図鑑風に分類しフルカラーでガチ解説
企画・編集の担当は、なんと漫画の超人募集企画で「ジャンクマン」が採用された投稿職人。(2019/5/22)

「≪く≫首長竜首はそんなに曲がらない」……博物館学芸員考案の「恐竜かるた」が完売増刷 人気の理由は?
茨城県自然博物館が販売している「恐竜研究かるた」が人気だ。750セットを用意したものの、わずか2カ月で完売し、1900セットを急遽増刷した。博物館の学芸員が考案したかるたには、教材メーカーなどの「知育玩具」とは一味違った、研究者らしいこだわりがにじんでいる。(2019/5/21)

くるんと丸まった寝姿がかわいい! カプセルトイ「レオパードゲッコー」第3弾が登場です!
今回はおやすみシリーズで寝姿です!(2019/5/15)

こいつ…くねくね曲がるぞ! キモカワなアニマルペンがヴィレヴァンオンラインに登場
上級者向けペン。(2019/4/19)

世界中のカメ15種類が勢ぞろい 原色図鑑シリーズのカプセルトイ「原色爬虫類カメ目図鑑」が6年ぶりに復活!
コンプリートを目指したくなるクオリティーです。(2019/4/30)

まずは手堅く一勝ニャ ネコVS人間の腕相撲で平然と勝利するネコちゃんにほのぼのなごむ
面倒見のいいネコちゃんと飼い主さんの勝負が始まる!(2019/3/11)

走れないなら歩けばいいじゃない ヒュンダイが“歩くクルマ”「Elevate」発表、自動運転EVとして開発
見た目はちょっと不気味だけど、実は結構いいヤツかも。(2019/1/10)

両手でギュッ 引っ張ってもねじっても放さない“綿棒妖怪”となったヤモリが天使級のかわいさ
爬虫類好きさんも、そうでない人もメロメロになっています。(2018/12/21)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
“弱小”だった水族館の館長が「トヨタ本」から見つけた組織活性化のヒント
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/11/22)

魔力が込められてそう ドラゴンモチーフのノートやスマホケースがファンタジー好きにはたまらないカッコ良さ
持っているだけでドラゴン使いの気分になりそう。(2018/11/11)

米バージニア州で珍しい野生の「双頭のヘビ」を発見 貴重な動く姿が公開中
突然変異によって生まれた超レア生物。(2018/9/27)

生き物にスマホをかざすと名前が分かる「LINNE LENS」、猫の判別にも対応
スマートフォンカメラをかざすと生き物の名前が分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が、約90種の猫の判別に対応。(2018/9/18)

スマホをかざすと生き物の名前が分かる「LINNE LENS」、犬種の判別も可能に
スマートフォンカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」で犬種の判別が可能になった。世界の325種類の犬に対応する。(2018/8/29)

生き物にスマホかざすと名前判別するアプリ「LINNE LENS」 サンシャイン水族館などで無料体験キャンペーン
スマートフォンのカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が水族館で使える。サンシャイン水族館などで無料体験キャンペーンを始めた。(2018/8/20)

猫パンチを食らった兄猫のリアクションがすごい躍動感 死角からバレないように「パーンッ」に「ンギャ!」
お兄ちゃん猫の「ンギャ!」なお顔が漫画のような良い表情……。(2018/8/18)

スマホかざすと「生き物の名前」分かるiOSアプリ 電波ない水中や山奥でも
スマートフォンカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に分かるiOSアプリ「LINNE LENS」が登場。魚類を中心に約4000種に対応する。(2018/8/15)

新連載:ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
オオグソクムシにウミグモ! 不気味な深海生物を食べ続ける水族館員のシンプルで真摯な理由
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/8/9)

爬虫類・両生類好き注目! 日本の爬虫類・両生類の生態が1冊にまとまった図鑑が登場
種同定ガイドも満載。(2018/8/5)

「あれ、おかしいな……」 ティッシュの箱の柄を本物の葉っぱと勘違いするフトアゴヒゲトカゲさんがかわいい
顔を近づけてパクッ!(2018/8/1)

4コマ漫画で楽しむ『ゆるゆる危険生物図鑑』登場 監修はテレビでおなじみの爬虫類ハンター加藤英明先生
目指せ危険生物博士。(2018/7/4)

モフモフでつぶらな瞳が愛らしい ベンガルトラの赤ちゃん、東北サファリパークで七夕の日から公開
会いに来てねー。(2018/6/29)

外からは予想もつかない「地底の太陽」に「生命の樹」―― 「太陽の塔」の中は“原始の生命力”にあふれていた
潜入してきました。(2018/5/26)

うるうるな瞳とあどけない表情がたまらない! 「レオパードゲッコー」のカプセルトイ第2弾が登場
コンプリートしちゃおう、そうしちゃおう。(2018/5/15)

Twitterの人気アカウントが念願の図鑑に! ゆるふわ漫画満載の「じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科 」発売 
身近な昆虫約70種類を中心に「カブトムシは飛ぶのが苦手」「クワガタのボディ」などの漫画を収録。(2018/5/13)

ディルバート(548):
堅牢性より収益性?
電子機器や家電には一定期間を過ぎると故障するように作られているという、いわゆる“故障タイマー”説。都市伝説とされていますが、実はその裏にはディルバートのようなエンジニアの涙があったりして? 信じるか信じないかは……。(2018/4/5)

骨と実物のギャップよ……! 頭骨だけならカッコいいと思った動物がことごとく骨格詐欺だったと話題に
パネマジレベルの詐欺。(2018/3/25)

これは……獲物を狙う目だ! 青山テルマ、凶暴な巨大ワニと直接対決でハンターとして覚醒する
本職を忘れそう。(2018/3/22)

猫、うさぎ、ハムスター、フクロウが同じ空間に!  “ゆめかわいい”屋内動物園が大阪・オレンジストリートにプレオープン
インスタ映え間違いなし!(2018/3/22)

現代の鳥獣戯画“ゆるふわ昆虫図鑑”が今度は塗り絵に! 大人もガチで楽しめるイラストが満載
2月17日にB5判52ページで税別1000円で。(2018/2/15)

札幌円山動物園が「アメリカドクトカゲ」の繁殖に成功 日本の動物園・水族館で初めて
展示もスタートしています。(2018/2/6)

ニコール・キッドマンが雑誌の企画で隠れた才能を披露 「生きた昆虫を食べる程度の能力」にファンざわつく
「とてもしっとり……ジューシーで……この香りは表現できないわ」(2018/2/2)

WWF メコン川流域で1年間に115種の新種生物が発見されたと発表
手放しに喜べない現実もありました。(2017/12/27)

最古の首長竜、ドイツで発見 “大量絶滅”生き延びた可能性
ドイツの三畳紀最末期の地層から、世界最古の首長竜の骨格化石が発見された。研究チームが新種と判断し「ラエティコサウルス・メルテンシ」と命名した。(2017/12/21)

先行発売で1000個完売! 爬虫類界のアイドル「レオパードゲッコー」がカプセルトイになって登場!
そんな瞳で見つめないで! そろえたくなっちゃう…っ!(2017/12/15)

「もう離れないんだもん!」 ぴったりくっついて離れないトカゲさんの表情が愛らしい
うっとりするお顔のかわいさよ。(2017/11/28)

チョーヒカルのボディーペイントで、実在する呪われた人形“アナベル”になってみた
なぜか笑いが起きる。(2017/10/6)

ぼくが作ったUSBハブを誰か商品化してください → 「確かにUSBハブ」「ツチノコやん」と話題に
実はよく見るとハブじゃない?(2017/8/22)

子どもたちの“科学の芽”を見つけるきっかけになりたい 番組プロデューサーに聞く大人にも人気の「夏休み子ども科学電話相談」の作り方
放送時間中、約1000件のアクセスがあり、その中から実際に番組で取り上げられるのは25から30件という狭き門。後半戦を前に“対話”でなりたつ番組の魅力とその意義を聞く。(2017/8/23)

CAEニュース:
Apex Grizzlyは任意断面の構造解析と線形座屈解析に対応、大規模アセンブリ―解析機能も強化
エムエスシーソフトウェアの新製品「MSC Apex Grizzly」では「断面力センサー」と線形座屈解析が追加された。周波数応答解析の機能と併せて使えば、荷重経路解析の結果表示も可能だ。(2017/8/3)

大阪南港でヒアリみつかる 女王アリと思われる個体も
ヒアリは南米原産のアリで、節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とする雑食型。【訂正】(2017/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。