ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rubyでアジャイルプロトタイピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Rubyでアジャイルプロトタイピング」に関する情報が集まったページです。

Rubyでアジャイルプロトタイピング(6):
プロトタイピングの成功は実装技術に左右される
本記事はRuby on Rails(以下RoR)を使ってプロトタイプを作成し、アジャイルかつ正確にクライアントからの機能要件を取りまとめることを提案する連載「Rubyでアジャイルプロトタイピング」の最終回です。最終回は、これまでの連載内容のうち最も重要な要点を復習するとともに、プロトタイピングとRoRのこれからを考えます。(2006/5/17)

Rubyでアジャイルプロトタイピング(5):
いざRuby on Railsでプロトタイピング
本記事はRuby on Rails(以下、RoR)を使ってプロトタイプを作成し、アジャイルかつ正確にクライアントからの機能要件を取りまとめることを提案する連載「Ruby でアジャイルプロトタイピング」の第5回です。前回はDBのマイグレーション機能について解説しました。連載第5回目の今回は、開発の現場でどのようにプロトタイピングを行うべきかについてお話ししたいと思います。(2006/4/5)

Rubyでアジャイルプロトタイピング(4):
プロトタイピングに効くRoRのDB移行・変換機能
本記事はRuby on Rails(以下RoR)を使ってプロトタイプを作成し、アジャイルかつ正確にクライアントからの機能要件を取りまとめることを提案する連載「Rubyでアジャイルプロトタイピング」の第4回目です。これまでの連載では、アジャイルプロトタイピングについての解説、そしてプロトタイピングにおいてRubyやRoRがPDS(Plan/Do/See)サイクルの中でどのような効能をもたらすかについて解説を行ってきました。(2006/3/8)

Rubyでアジャイルプロトタイピング(2):
Ruby超入門
(2005/12/7)

Rubyでアジャイルプロトタイピング(1):
アジャイルプロトタイピングで上流工程が変わる
(2005/11/11)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。