ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セインツ・ロウ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セインツ・ロウ」に関する情報が集まったページです。

ゲーマー向けチャットサービス「Discord」、ゲームストア開店へ
チャットツールのDiscordがゲームストアを開店する。まずはカナダで5万人を対象にβサービスを開始した。(2018/8/10)

解散のサイバーフロント、「セインツロウIV」など海外3タイトルを発売中止
12月19日に解散したゲームメーカーのサイバーフロントが、発売を予定していた海外タイトル3本を発売中止、「オペレーションアビス」が発売日未定に。(2013/12/27)

ゲーム会社・サイバーフロントが解散へ 「シヴィライゼーション」「セインツロウ」などの洋ゲーローカライズを手がける
貴重な洋ゲー枠が……。(2013/12/20)

週間ゲームソフト販売ランキング:
世界的記録ホルダー、さて日本では?
海外で軒並み記録を更新した怪物タイトル「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」が日本でも発売。さて、その結果は?(2011/11/24)

TGS2011:
史上もっともにぎわった東京ゲームショウ2011、過去最高の22万2668人を記録
単独日での来場者数記録も更新。東京ゲームショウ2012は、2012年9月20日〜23日に再び幕張メッセで開催されることが決定した。(2011/9/18)

TGS2011:
「セインツロウ ザ・サード」とヴァルハラスタジオの板垣プロデューサーがまさかのコラボ!? THQメディアショウケースリポート
東京ゲームショウ開催中、近隣ホテルで行われたTHQメディアショウケースでは、新作タイトルのプレイアブルデモ、各タイトルプロデューサーによるショートインタビューなどが行われた。(2011/9/15)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その41):
E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフト
6月第2週に米国ロサンゼルスLAコンベンションセンターで行われた世界最大のゲームビジネスショー「E3 2011」に行ってきた! 新ハードとそれに伴うタイトルの発表ラッシュを総括してみますのでよろしこ。(2011/6/28)

PlayStation’s E3 Press Conference:
3D推しのソニー 「PS Vita」価格発表で驚きの声
ソニーは現地時間の6月6日、ロサンゼルスで開催したプレスカンファレンスで次世代ポータブルゲーム機の正式名を「PlayStation Vita」であると発表。期待のタイトルや3Dディスプレイなどを公開した。(2011/6/7)

日々是遊戯:
オバマ氏当選を支えた、ちょっとユニークなゲーム内広告
まもなく正式に誕生することになる、黒人初のアメリカ大統領バラク・オバマ氏。実はオバマ氏、選挙期間中は大胆なゲーム内広告でも話題となっていた。(2009/1/20)

「セインツ・ロウ 2」、ボーナスミッションのプレイ方法を公開
(2008/12/19)

「SaintsRow2」レビュー:
パクリ? いや、これは「リスペクト」なんです! Zレーティングのクライムアクション第2弾は、さらに「リスペクト度」がアップ?
プレイステーション 3、Xbox 360でリリースされるクライムアクション「セインツ・ロウ 2」。広大になった都市、スティルウォーターを縦横無尽に駆け巡れ!(2008/12/4)

ズー、「セインツ・ロウ2」日本語版を発売
(2008/11/28)

東京ゲームショウ2008:
スティルウォーター抗争再び――「セインツ・ロウ2」開発者インタビュー
東京ゲームショウ会期中、会場付近の某ホテルにおいて、マルチプラットフォームでリリースされる「セインツ・ロウ2」開発者・James氏へのインタビューを行った。(2008/10/15)

東京ゲームショウ2008 マイクロソフトブース:
“大人”のXbox360プレイリポート、3本立て
大人って何だろう。「大人の」とつけると何でも誤解されてしまうのはなぜだろう。というわけで“大人”のプレイリポート、けしてセクシィな意味合いではありません。18歳以上を対象としたタイトルをプレイしてきたのです。(2008/10/12)

マイクロソフト、TGS2008の出展内容を発表
(2008/10/6)

THQジャパン、TGS2008に「セインツ・ロウ 2」など3タイトルを出展
(2008/9/30)

「龍が如く3」は映像出展のみ――セガ、TGS2008出展タイトルを公開
(2008/9/29)

「セインツ・ロウ 2」、ユーザー投稿CMを募集
(2008/8/27)

前作から十数年後が舞台――PS3/Xbox 360「セインツ・ロウ 2」
(2008/7/22)

Xbox 360の新エントリーモデル――「Xbox 360 アーケード」発売決定
マイクロソフトは、HDをオプションとした新たなエントリーモデルとして「Xbox 360 アーケード」を3月6日に発売する。ワイヤレスコントローラー、メモリーユニット、Xbox LIVE アーケードタイトル5本を同梱して、価格は2万7800円(税込)。(2008/2/4)

「ライオットアクト」など「Xbox 360 プラチナコレクション」に追加
(2008/1/10)

18歳以上の集い――スパイク・THQジャパン合同イベント「Z区分新作ソフト体験会」
(2007/6/28)

限定ハマーも登場――「Saints Row」発売クラブイベント開催決定
(2007/5/25)

「ライオットアクト」レビュー:
大人にのみ許された箱庭の中を駆けて飛び回るヨロコビ
「グランド・セフト・オート」の生みの親が“ONLY ON XBOX 360”で送る新たなアクションゲーム。誰もが経験したことのない世界がそこにある。(2007/2/19)

E3 2006「マイクロソフトプレスブリーフィング」:
2006年6月までに550万台の販売を目指す――「DOA:Xtreme 2」、「ソニック」など新作ぞくぞく
マイクロソフトは現地時間の5月9日、北米ロサンゼルスのGrauman's Chinese Theaterにおいて、Xbox E3 プレスブリーフィングを開催。同社のコーポーレート バイスプレジデントであるピーター・ムーア氏からは、今後の注目タイトルが発表された。(2006/5/10)

XO5:
TGSの約2倍となるXbox 360向け26タイトルがプレイアブル版で登場
先に紹介した、欧州向けXbox 360イベント「XO5」プレゼンテーション終了後は、試遊台の体験会が開かれた。TGSの約2倍となる26タイトルがプレイアブル版として登場するなど、発売に向けて順調に準備が進められていることが伺えた。(2005/10/6)

Xbox 360プレス発表会:
日本は世界戦略の鍵を握る、最も重要な市場だ
本日、「Xbox 360プレス発表会」が都内にて開催された。登壇したマイクロソフト 執行役 Xbox事業本部長である丸山嘉浩氏からは、発売日や同時発売となるタイトル、さらには明日より開幕する東京ゲームショウ2005におけるブース内容などが語られた。(2005/9/15)

Xbox Summit 2005:
岡本吉起氏の開発タイトルも明らかに――日本向けタイトルが続々発表された「Xbox Summit 2005」開催
マイクロソフトの次世代機Xbox360の日本市場戦略や、開発中のタイトルを紹介する「Xbox Summit 2005」が都内にて開催された。2005年末発売を予定しているハードだが、登壇者からのコメントには、ハードのみならず、ソフト開発も順調に進んでいるという様子がうかがえた。(2005/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。