ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトウェアレビュー入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトウェアレビュー入門」に関する情報が集まったページです。

ソフトウェアレビュー入門(5):
レビューを「数」だけで管理しているからコストが膨らむ
「ソフトウェアレビューが適切に行われているかどうか」を測る代表的な指標として、「指摘件数」を「対象規模」で割った「指摘密度」がある。しかし、「指摘密度」だけでレビューの質を管理することは難しい。レビューを行う際には、「そもそも何のためにレビューを行うのか」を常に意識することが大切だ。(2010/8/19)

ソフトウェアレビュー入門(4):
ソフトウェアレビューが成功する進行役の6条件
ともすると漫然と取り組んでしまいがちなソフトウェアレビューだが、メンバー1人1人の役割を明確化すれば、非常に効率的に行うことができる。中でも司会進行役は、レビューの結果を左右する大きなカギを握ることになる。(2010/4/14)

ソフトウェアレビュー入門(3):
“読み方”を知って、レビューをもっと効果的に
ソフトウェアレビューは、ただ漫然と行うだけでは期待する成果を得られない。ソフトウェアの品質向上に寄与する効果的な“指摘”をもっと効率的に行うためには、“それなりの読み方”がある(2009/11/19)

ソフトウェアレビュー入門(2):
全関係者の“納得”が、レビュー成功の大前提
いかにレビューが有益なものであろうと、また、実践のための合理的な準備・計画があろうと、それだけでは効果は望めない。レビューにかかわる全関係者にその有用性を理解してもらうことが、成功の前提条件となる。(2009/6/25)

ソフトウェアレビュー入門(1):
“確実な記録”こそが、品質・コストに貢献する
“レビュー”は、ソフトウェアの品質向上や開発コストの削減に有効な手段だが、シンプルな内容だけに、なおざりにされがちだ。本連載では、ソフトウェアレビューのあらゆるメソッドを紹介し、“いますぐできて、効果が出る”レビュー方法を実践的に解説する。(2009/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。