ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソウルキャリバー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソウルキャリバー」に関する情報が集まったページです。

「ソウルキャリバー 6」発売で恒例のキャラクリ祭りスタート! ボーボボやレッドマンなど再現度高すぎな作品の数々を御覧ください
ボーボボやVTuberの姿も。言われなければ何のゲームだか分からない。(2018/10/19)

「ソウルキャリバー」シリーズが20周年! 記念PVや歴代スタッフコメント満載の特設ページがオープン
もう20年経つのか……。(2016/12/7)

CEDEC 2012 1日目 サブホールのセッションを生中継
パシフィコ横浜で開催される「Computer Entertainment Developers Conference 2012」の「ソウルキャリバー5の描画パイプラインとテクスチャカスタマイズ技術」「60fpsへの道:Flashゲームにおけるパフォーマンスチューニングの A to Z」などのセッションを生放送する。配信は8月20日11時20分〜。(2012/8/20)

シリーズ最新作「ソウルキャリバーV」は2012年発売――いいね!を押せ
「いいね!」を押すと、少しずつキャラクターのスケッチが浮かび上がってくるキャンペーンサイトを公開している。(2011/5/12)

全方向のバトルシステムを搭載――「ソウルキャリバー Broken Destiny」
新システムとステージとともに、エイミやキリク、タリム、吉光、ロック、ザサラメールを紹介する。(2009/7/17)

God of Warのクレイトスもゲスト参戦――「ソウルキャリバー Broken Destiny」
ゲストキャラクターとして登場を予定している「God of War」シリーズの「クレイトス」をはじめ、ソフィーティア、アルゴル、ナイトメアを紹介する。(2009/6/19)

魂(ソウル)をPSPに注ぐ――「ソウルキャリバー Broken Destiny」
バンダイナムコゲームスは2009年夏、「ソウルキャリバー」シリーズ最新作をPSPで発売する。新キャラクターはひと言多いナルシスト!?(2009/5/15)

ダース・ベイダーとヨーダの闘いが実現――「ソウルキャリバーIV」追加コンテンツを配信
(2008/10/17)

国内ダイジェスト(8月7日)
ニコンが液浸スキャナー生産能力増強へ350億円投資、日産が電気自動車とハイブリッド車の実験車両公開、「ソウルキャリバーIV」が世界200万本突破など。(2008/8/7)

「ソウルキャリバーIV」レビュー:
武器格闘アクションゲーム最新作登場! あのゲストキャラクターも……
PS3/Xbox 360で同時にリリースされたバンダイナムコゲームスの人気対戦格闘ゲームの最新作「ソウルキャリバーIV」。スター・ウォーズの人気キャラ「ダース・ベイダー」や「ヨーダ」の参入でさらにヒートアップした本作の魅力を最速レビュー!(2008/8/5)

Xbox LIVEアーケードに「ソウルキャリバー」登場
(2008/6/27)

PS3/Xbox 360「ソウルキャリバーIV」発売日決定
(2008/6/9)

フォースとともにあらんことを――「ソウルキャリバーIV」にダース・ベイダーとヨーダ参戦
バンダイナムコゲームスは、2008年発売予定の「ソウルキャリバーIV」のPS3版にはダース・ベイダーが、Xbox 360版にはヨーダが登場すると発表した。(2008/1/10)

東京ゲームショウで見逃した人必見! 「ソウルキャリバー レジェンズ」ムービー公開
バンダイナムコゲームスから今冬発売予定のWii用タイトル「ソウルキャリバー レジェンズ」のTGSバージョン最新トレーラームービーが公開された。 (2007/10/9)

東京ゲームショウ2007:
檜山修之さんが駆けつけた「ソウルキャリバー」ステージ――バンダイナムコゲームス/バンプレストブース
東京ゲームショウ2007のバンダイナムコゲームス/バンプレストブースで、「ソウルキャリバー レジェンズ」のスペシャルステージが開催。ジークフリート役の檜山修之さんをゲストに迎え、ゲーム大会などが行われた。(2007/9/23)

新機軸の片鱗を垣間見よ――「ソウルキャリバー レジェンズ」
バンダイナムコゲームスが今冬発売する予定のWii用タイトル「ソウルキャリバー レジェンズ」の映像を紹介しよう。 (2007/7/31)

「ソウルキャリバー レジェンズ」インプレッション:
Wiiリモコンを握る手に己の魂(ソウル)を込めて……縦斬り横斬り自由自在!
今冬発売予定の「ソウルキャリバー レジェンズ」は、Wiiリモコンをフル活用した「ソウルキャリバー」シリーズの新機軸タイトルだ。鋭意開発中であるこのタイトルを、試作段階ではあるがプレイすることができた。制作プロデューサー大久保氏への質問とともに、合わせてリポートしよう。(2007/7/20)

格闘のかっこよさとはこういうことだ!――「ソウルキャリバー IV」の最新画像公開
バンダイナムコゲームスが先月開発を明らかにした「ソウルキャリバー」シリーズの最新作。前回はロゴのみでの紹介となったので、改めて最新のスクリーンショットで紹介してみたい。(2007/7/13)

新プレーヤーキャラクターも加わり、物語は混迷を深める――「ソウルキャリバー レジェンズ」
バンダイナムコゲームスが今冬発売に向けて鋭意開発しているWii用体感剣劇アクション「ソウルキャリバー レジェンズ」に新プレーヤーキャラクターが判明。(2007/6/28)

「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」:
Wiiリモコンのチューニングが最大の鍵――「ソウルキャリバー レジェンズ」インタビュー
先日北米で開催された「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」において、本作制作プロデューサーの大久保人氏からお話をうかがう機会を得た。(2007/6/28)

サンフランシスコに何しに行ったの?
先週北米サンフランシスコで開催された「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」で、「ソウルキャリバーIV」や「タイムクライシス4」が公開されたこともあり、バンダイナムコゲームス関連が賑わってます。(2007/6/20)

「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」:
「ソウルキャリバーIV」を初公開――「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」
バンダイナムコゲームスは現地時間6月12日、北米サンフランシスコにおいて今後北米、および全世界で発売するタイトルラインアップの発表を目的とした「NAMCO BANDAI EDITORS DAY 2007」を開催。「ソウルキャリバーIV」など、新規タイトルも公開された。(2007/6/13)

PS3とXbox 360の両機種向けに全世界で発売――「ソウルキャリバーIV」
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション 3とXbox 360の両機種向けとして3D武器格闘アクション「ソウルキャリバー IV」を、日本、北米、欧州で2008年に発売すると発表した。(2007/6/13)

剣をWiiリモコンに、そして物語を紡ぐ伝説の剣とともに――「ソウルキャリバー レジェンズ」
シリーズ最新作は、Wiiリモコンを剣に見立てた体感剣劇アクション。バンダイナムコゲームスは、今冬発売予定として「ソウルキャリバー レジェンズ」の新情報を公開した。(2007/5/11)

AOU2006:
「バーチャファイター5」、「機動戦士ガンダム 問・戦士」などの新作がズラリ――AOU2006開幕
千葉・幕張メッセにて、「AOU2006 アミューズメント・エキスポ」が開幕した。今年の傾向をひとことで言うならば、「ビデオゲームの巻き返し」。セガの「バーチャファイター5」、ナムコの「ソウルキャリバーIII ARCADE EDITION」など、人気シリーズの最新作が多数出展されている。(2006/2/17)

ナムコ&バンダイ、経営統合を前に合同店頭イベントを実施――試遊台を体験すればポスターをプレゼント
ナムコとバンダイは、2006年4月の経営統合を前に、コラボレーション企画として合同店頭イベントを開催。ナムコの「ソウルキャリバーIII」と、バンダイの「機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.」、それぞれの試遊台が設置された。(2005/11/5)

「アーバンレイン」レビュー:
アクションと格闘ゲームの絶妙なブレンド。アクション派の秋はこれでキマリ!
正義なき街に乗り込んだ1人の男。待ち受ける幾多の強敵に対する武器は、己の拳のみ。「鉄拳」、「ソウルキャリバー」の制作陣が作り出した、エキサイティングでクールな世界。シンプルなシステムが生み出す、ホットな駆け引きがプレーヤーを魅了する。(2005/10/13)

発売間近、新モード「チャレンジモード」とスタッフのお勧め技を紹介――「アーバンレイン」
「鉄拳」と「ソウルキャリバー」の開発スタッフが制作している、プレイステーション 2用多人数格闘アクション「アーバンレイン」。発売目前となる今回は、未公開だった新モードと、開発スタッフによるお勧め技など、プレイ中にも役立つ情報をお届けする。(2005/9/28)

東京ゲームショウ2005――バンダイナムコブース:
「ソウルキャリバーIII」の魅力を、プロデューサーが改めて語る
ナムコバンダイブースでは、発売間近となった剣劇対戦アクション「ソウルキャリバーIII」のスペシャルステージが開催。登壇した「ソウルキャリバー」プロジェクトのプロデューサー・世取山宏秋氏からは、本作の魅力が改めて語られた。(2005/9/18)

「ソウルキャリバーIII」11月23日に発売日変更
(2005/9/6)

「アーバンレイン」武器格闘の流れを画像付きで解説――「鉄拳」からのゲストキャラクター2人の続報もアリ
「鉄拳」と「ソウルキャリバー」という、ナムコの人気タイトルのスタッフが制作している「アーバンレイン」。今回は、これまで明らかにされなかった「武器格闘」や、新キャラクター、さらには「鉄拳」からのゲストキャラクターについての情報をお届けする。(2005/8/26)

あなた色に染まります――「ソウルキャリバーIII」のキャラクタークリエーションとは?
発売が期待される剣劇アクション最新作「ソウルキャリバーIII」は、キャラクタークリエーションできることが魅力のひとつ!(2005/6/25)

「アーバンレイン」のE3 2005ムービーを公開
「鉄拳」、「ソウルキャリバー」のスタッフが新たな金字塔を打ち立てるべく集結したプレイステーション2ソフト「アーバンレイン」のE3 2005で公開されたムービーを入手!(2005/5/24)

ナムコブース:
Xbox 360参入タイトル「フレームシティ」を発表――「ソウルキャリバーIII」は新モードの存在も明らかに
2005年秋以降に発売を予定しているタイトルを中心に、映像・プレイアブル合わせて25タイトルを出展。次世代機タイトルとしてはXbox 360向けソフトの開発が行われていることが明らかになった。(2005/5/21)

「鉄拳」「ソウルキャリバー」のスタッフが贈る――何でもありの多人数格闘アクション「アーバンレイン」
操作可能なキャラクターは60人以上。そしてバリエーション豊富な攻撃方法。「鉄拳」「ソウルキャリバー」のスタッフによる新作は、自由度の高いストーリート・ファイトだ。(2005/4/28)

最高峰の剣劇アクションが3度登場「ソウルキャリバーIII」発売決定
邪剣「ソウルエッジ」と霊剣「ソウルキャリバー」を巡る闘いの物語が、再び紡がれる。イメージビジュアルとなっている「ソウルズ・エンブレース」とは?新キャラクターはどういった人物が登場するのか?(2005/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。