ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Touch!Try!DS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Touch!Try!DS」に関する情報が集まったページです。

「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」DSステーションで体験版稼動開始
(2010/4/13)

「立体ピクロス」体験版が登場――DSステーション
(2009/3/5)

Touch!Try!DSに「マリオ&ルイージRPG3!!!」追加――DSステーション
(2009/2/5)

3種類のコースが遊べる体験版を配信――「モンスター☆レーサー」
(2009/1/15)

「DS占い生活」体験版を配信――DSステーション
(2009/1/8)

「世界のごはん しゃべる!DSお料理ナビ」体験版の配信を開始――DSステーション
(2008/11/27)

「流星のロックマン3」体験版を配信――DSステーション
(2008/10/23)

「采配のゆくえ」体験版の配信がスタート
(2008/10/16)

「ナイツ・イン・ザ・ナイトメア」体験版の配信がスタート
(2008/9/24)

Touch!Try!DSに「ヘラクレスの栄光〜魂の証明〜」を追加
(2008/5/8)

DSステーションで「押忍!闘え!応援団2」の追加キャラクターを配信。このほか体験版も追加
(2007/6/21)

「くりきん ナノアイランドストーリー」レビュー:
採取して培養し、増殖させ、バトルする!?――ミクロな世界で個性的なキンたちとたわむれる
“集めてバトル”系のゲームは数あれど、この作品で集めたり育てたりするのは、なんとキン! 架空の微生物を育てて戦わせるという何とも不思議なこのゲームで、キンのワラワラ感にハマろう。(2007/6/15)

「Touch!Try!DS」に「株トレーダー瞬」と「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」が登場
(2007/6/7)

DSステーションで体験できるソフト100タイトル突破
(2007/5/24)

「DS眼力トレーニング」と「数陣タイセン」をDSステーションで配信
(2007/5/17)

「Touch!Try!DS」に「くりきん ナノアイランドストーリー」が登場
(2007/5/11)

DSステーションで「パネルでポンDS」と「桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN」体験版を配信
(2007/4/13)

DSステーションで「世界のだれでもアソビ大全」体験版を配信
(2007/4/5)

DSステーションで「マリオvs.ドンキーコング2」体験版を配信
(2007/3/29)

「もじぴったんDS」体験版をDSステーションで配信。Touch!Try!DSにも登場
(2007/3/7)

DSステーションで「DS献立全集」、「DS時雨殿」の体験版を配信。「JUMP ULTIMATE STARS」のすれちがい通信も
(2006/11/30)

「Touch!Try!DS」で「JUMP ULTIMATE STARS体験版」がプレイ可能に
(2006/11/13)

「DSステーション」に「大人の常識力トレーニング」と「星のカービィDS」が登場
(2006/10/19)

DSステーションに「激闘!カスタムロボ」体験版追加。「たまごっちのプチプチおみせっち ごひーきに」のアイテムプレゼントも
(2006/10/5)

DSステーションに「こころを休める大人の塗り絵DS」と「お料理ナビ」体験版が登場
(2006/8/24)

DSステーションに「マリオバスケ3on3」と「お料理ナビ」体験版が追加に
(2006/7/20)

「Touch!Try!DS」で体験できるソフトが追加――すれちがい通信も追加
(2006/6/16)

DSステーションで「NARUTO」と「Newスーパーマリオブラザーズ」体験版をレッツプレイ
(2006/4/28)

「Touch!try!DS」に「伝説のスタフィー4」と「漢字そのままDS楽引辞典」の体験版を追加
(2006/4/6)

Touch!Try!DSに「ポケモンレンジャー」体験版が登場
(2006/2/23)

「マリオカートDS」のゴーストデータを配信――すれちがい通信中継所
(2006/1/27)

任天堂、「Touch!Try!DS」で新旧ゲームソフトを体験――「すれちがい中継所」でも3タイトルのサービス追加
(2005/12/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。