ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VMware Infrastructure 3 徹底入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VMware Infrastructure 3 徹底入門」に関する情報が集まったページです。

VMware Infrastructure 3 徹底入門(5):
仮想化技術のさまざまな用途
仮想化というと、サーバの統合による台数削減がまず頭に浮かぶ。しかしこの技術の利用シーンはそれだけでに留まらない。より広い意味でのITコスト削減とITサービスの向上につながるさまざまな用途がある(2008/9/3)

VMware Infrastructure 3 徹底入門(4):
仮想マシン化することのメリット
仮想化では、本来は物理サーバにインストールされるソフトウェアを、仮想マシンとして扱う。この「仮想マシン化」自体が、カプセル化やハードウェア非依存といった、システムの展開と運用における大きなメリットをもたらす。今回は、このメリットを、具体的なシステム展開例とともに紹介する(2008/8/27)

VMware Infrastructure 3 徹底入門(3):
VMotion、DRS、そしてVMware HA
ハイパーバイザの「VMware ESX」をベースに、サーバ運用の自動化と円滑化のためのさまざまな機能を組み込んだのが「VMware Infrastructure 3」だ。仮想マシンを無停止で別の物理サーバに移動することで、ハードウェアのメンテナンスを楽にしたり、自動的に各物理サーバ上の負荷を調整したり、低コストで可用性を確保したりすることができる。今回はこれらの有用な機能について解説する(2008/8/18)

VMware Infrastructure 3 徹底入門(2):
VMware Infrastructure 3の全体像
VMware Infrastructure 3はハイパーバイザの「VMware ESX」と、管理ソフトウェアの「VirtualCenter」から成っている。では、これらはどのようにほかの要素と連携して、サーバ仮想化環境を作り上げるのだろうか。今回は、VMware Infrastructure 3による仮想化環境の全体像を紹介する(2008/7/25)

VMware Infrastructure 3 徹底入門(1):
サーバ仮想化の必然とVMware
(2008/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。