ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VMware vSphere 4.1の進化を探る」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VMware vSphere 4.1の進化を探る」に関する情報が集まったページです。

VMware vSphere 4.1の進化を探る(5):
仮想シリアルポートとUSBパススルー
シリアルポートやUSBデバイス利用を、サーバ仮想化環境に移行するには、一定の考慮や工夫が必要とされてきた。VMware vSphere 4.1では仮想シリアルポート機能、仮想USB機能に関する機能強化が行われた。vMoitonにも対応しており、サーバ仮想化技術の適用範囲を広げる重要な要素ともなっている。(2011/4/1)

VMware vSphere 4.1の進化を探る(4):
VMware vSphere 4.1 のストレージ機構 (2) I/O制御
CPUやメモリといった計算資源の資源管理に加えて、vSphere 4.1ではStorage I/O Controlが提供開始された。これは、ディスクI/Oに関する資源の取り合いが発生したとき、事前に定義しておいた一定の比率でバランスされるようI/O制御が行われる機能だ。今回は、この機能およびそのほかのストレージ関連機能を解説する。(2011/3/1)

VMware vSphere 4.1の進化を探る(3):
VMware vSphere 4.1 のストレージ機構 (1) VAAI
VMware vSphere 4.1では、共有ストレージ装置が保有するさまざまな機能を、ハイパーバイザと連携させることで有効活用するための機能が搭載された。これがVAAI(vStorage API for Array Integration)だ。今回は、現時点でどのような連携が可能なのかを具体的に解説する。(2010/10/6)

VMware vSphere 4.1の進化を探る(2):
VMware vSphere 4.1 のネットワーク機構
VMware vSphere 4.1では、ネットワークの資源管理をより適切に実現するための機能「Network I/O Control」が導入された。また、NIC Teamingのロードバランスアルゴリズムとして、「Load Based Teaming」と呼ばれる新しいアルゴリズムが利用可能となった。今回はこの2つの新機能について解説する。 (2010/9/13)

VMware vSphere 4.1の進化を探る(1):
VMware vSphere 4.1の新機能
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware vSphereがマイナーバージョンアップした。2010年7月に登場したVMware vSphere 4.1には、玄人受けのする各種の機能拡張や新機能が追加されている。これらを紹介する(2010/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。