ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「矢尾一樹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「矢尾一樹」に関する情報が集まったページです。

アニメ「ジュエルペット」新作映画のあらすじが混沌の極み ラムネス/ダ・サイダーにしか見えないキャラと四川省を目指すストーリー 監督は「NG騎士ラムネ&40」のねぎしひろし
ちょっとまって。(2019/12/7)

「知っている方がいたら教えてください」―― カラオケで一瞬流れた「正体不明のアニメ」、Twitterユーザーの呼びかけで正体が明らかに
代々木アニメーション学院への取材でも同校で作られたものと確認され、ビデオソフトとして流通していたことも明らかになりました。(2019/7/24)

『ONE PIECE』キャラがカップヌードルCMで高校生に ゾロが剣道に打ち込む「ゾロ篇」放送開始
ゾロ篇が5月22日から放送。(2019/5/22)

「ONE PIECE FILM GOLD」BD・DVDの発売日が12月28日に決定! グッズ封入や映像特典収録の限定版も
原作者・尾田栄一郎先生が動画でのインタビューに応じるのは初めてとなります。(2016/10/17)

イメージソングは菅野よう子さんが担当! サプライズ満載の「C9」プレスカンファレンス開催
先日αテストが終了し、サービスインが待たれるゲームオンの大作MORPG「C9」。6月30日に都内で開催されたプレスカンファレンスの模様をお伝えする。(2011/7/1)

プレオープンテスト参加者募集:
ゲームオン「C9」、イメージソングに菅野よう子&土屋アンナ起用
「C9 [Continent of the Ninth]」プレオープンテストへの参加者を募集開始。キャストも発表された。(2011/6/30)

ルフィ役の田中真弓さんもサプライズゲストとして登場! 「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」初日舞台あいさつ
大人気コミック「ONE PIECE」の劇場10作目、「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」が遂に公開され、公開初日の舞台あいさつに麦わら海賊団のご一行が駆けつけた。(2009/12/18)

サクラ大戦専門ショップ「太正浪漫堂&Sakura Cafe」閉店へ
(2008/2/1)

22年の時を越え「ダンクーガ」がTVアニメで復活
TVアニメ「獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ」のアフレコ取材の模様をリポート。この作品は22年前に放映されていたTVアニメ「超獣機神ダンクーガ」の新作TVアニメということで、出演者の方々にもいろいろと思い入れがあるようだ。(2007/3/27)

「超獣機神ダンクーガ」をリメイク――「獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ」がTVアニメで放送に
(2006/11/8)

「絢爛舞踏祭」オリジナルドラマ全3巻発売決定
(2005/12/27)

紐育星組は初参加、新たな公演も発表――「サクラ大戦 ディナーショウ2005 新次郎のクリスマス IN TOKYO」
2005年12月23日、恒例となった「サクラ大戦」のディナーショウ、「サクラ大戦 ディナーショウ2005 新次郎のクリスマス IN TOKYO」が、ヒルトン東京にて開催された。(2005/12/26)

史上初? ゲームのように3つに分岐する舞台――「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ」公開舞台稽古
2005年7月17日、サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ「新・青い鳥」の公開舞台稽古が都内にて行われた。広井氏が“8年間積み上げてきた集大成”と語る舞台は、ゲームを強く意識して製作されている。今回はそんな出演者たちの熱気溢れる稽古の様子と舞台に向けてのコメントをお届けする。(2005/7/18)

サクラを想い「薔薇組」ミニミニライブショウ華麗に開催!
薔薇組の清流院琴音と丘菊之丞が、あなたのために歌う魅惑のパーティへようこそ!!(2005/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。