ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年05月16日 19時16分 公開

東芝、DVDレコーダーの新ブランド“VARDIA”立ち上げ(2/2 ページ)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 デジタルW録の搭載に伴い、自動録画機能の「おまかせ自動録画」、シーンの変わり目にチャプターを自動設定する「マジックチャプター」「おまかせプレイリスト」などRDシリーズの特徴的な機能がデジタル放送対応を果たした。本編自動チャプター分割をオンにして予約録画すると、本編だけを集めたプレイリストを自動生成してくれる(TS1、VRのみ)。

photo リモコン

 各放送をシームレスに表示できるWEPG(電子番組表)は従来モデルから継承。地上デジタル放送やスカパー!チャンネルまで全放送の一括表示はもちろん、各放送メディアごとの絞り込みやユーザー設定による絞り込み表示が行える。なお、スカパー!チャンネルの設定時にポップアップ画面から設定したいチャンネルを選ぶだけで指定できるようになるなど(従来はch番号を直接入力)、使い勝手に配慮した細かいアップデートも見られる。

photo スカパー!チャンネルはポップアップ画面から設定したいチャンネルを選ぶだけで設定できる

 このほか、イベント情報や広告をネット経由でプッシュ配信する「おすすめサービス」が新たに写真表示に対応。RD-X6に採用されたDLNAガイドラインのメディアサーバ機能は「標準的に」(同社)搭載されている。ただし、ネットワーク伝送できる番組はアナログ地上波などのコピーフリー番組のみ。東芝デジタルメディアネットワーク社デジタルAV事業部DAV商品企画部の伊藤眞一部長によると、DTCP-IPのサポートについては、将来的なアップデートによる追加の可否も含めて「未定」という。

photo おすすめサービスが写真表示に対応

 出力端子は、HDMI(Ver.1.2a)×1のほか、D4×1、Sビデオ×2系統など。XD92Dはi.Link(TS出力)を備え、D-VHSなどへのムーブに対応する。一方の入力端子は、S端子/コンポジット×3系統とD1入力×1系統など。XD92Dは前面DV端子も備えた。

Photo RD-XD92Dの背面端子。HDMI、i.Link(TS出力)など豊富なインタフェースを備える

 同社では、新ブランドと“デジタルW録”対応機の投入により、DVDレコーダーのデジタルハイビジョンチューナー内蔵カテゴリで2006年度に30%以上のシェアを獲得したい考えだ。なお、HD-DVD搭載モデルに関しては「現在、鋭意開発中。発売時期に関する発言は控えたい」(豊原氏)とするに止めた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.