ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年06月08日 18時30分 公開

メイド・イン・チャイナの秘密――オリンパス中国工場リポート・前編(3/3 ページ)

[永山昌克,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

右肩上がりの中国デジカメ市場

――中国はデジカメの生産拠点としてだけでなく、デジカメ販売の市場としても期待していますか?

小松氏: もちろん中国での販売にも力を入れています。私が約2年前に万里の長城に登ったときは、中国人観光客の多くはフィルムカメラを持っていましたが、今ではデジカメがほとんどです。中国のデジカメ市場は我々が予測した以上のスピードで拡大し、今やフィルムカメラ市場は急速に縮小しています。古いものがまだ伸びている途中で、それを飛び越える勢いで新しいものが普及する流れは、デジカメに限らず中国では見受けられます。

――中国のデジカメ市場を分析してください。

小松氏: 中国全体で経済格差が広がっていることと同じように、中国のデジカメ市場も二極化の傾向があります。沿岸部に住む裕福な層は、デジカメをステイタスのひとつととらえ、少しでもスペックや付加価値が高い製品を好みます。CCDの画素数が多く、レンズのズーム倍率が高いものが人気です。また特徴的なのは、液晶モニターのサイズや画素数にこだわる人が非常に多いことですね。画像を人に見せて楽しむ使い方が、日本以上に広がっているようです。

 その一方で、安価な製品に対する需要も大きなものがあります。多くのコンパクトデジカメの中国の価格は2000〜3000元程度ですが、これは平均的な月収の1.5〜2倍相当です。まだまだデジカメを高価に感じる人も数多くいます。

 当社としては、デジタル一眼レフ機から高倍率ズーム機、薄型のスタイリッシュ機、低価格のローエンド機まで幅広いラインアップを揃え、多様なニーズに応えていきたいと思います。

photo 深セン市の街角で見つけたオリンパスの広告。今の中国デジカメ市場の2強であるキヤノンとソニーにどこまで迫るかがテーマだ
photo 防水対応の710万画素機オリンパス「μ720SW」。深センの百貨店で3550元で売られていた
photo 中国の国内メーカーのデジカメは主にローエンド市場を狙うが、性能はまだまだのレベルでかなり苦戦している。むしろローエンド市場に強いのはコダックやサムスンなどの製品だ
photo 番禺工場のクリーンルームにて、女性たちがμ720SWを組み立てている。詳細は「後編」に続く

photo

中国で作る日本のデジカメ――オリンパス中国工場リポート・後編

デジカメ市場を勝ち抜くには、高品質を維持しつつ、いかに生産の効率やスピードを高めるかがカギ。オリンパスの中国工場では様々な工夫を凝らし、品質とコスト、スピードの両立を図っている。前編に続きデジカメ工場をリポートしよう。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.