ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月09日 20時02分 公開

「フルハイビジョンのビックバン」松下VIERA発表会

パナソニックが薄型テレビ「VIERA」シリーズの新製品を発表した。発表会では薄型テレビの市場動向説明に加え、CMに起用された小雪さん、綾瀬はるかさんが登場。

[山田祐介,ITmedia]
photo

photo マーケティング本部の本部長・西口史郎氏

 パナソニックは8月9日、「VIERA」シリーズの新製品として、フルハイビジョンテレビ7機種を発表した(関連記事)。発表会場にはパナソニックマーケティング本部の本部長・西口史郎氏が登壇し、薄型テレビの市場動向を語った。

 西口氏によると、2006年度の薄型テレビ年間総販売台数は674万台を記録し、前年度に比べ139%増大したという(同社調べ)。また、内閣府による調査では、2007年3月時点で薄型テレビの世帯普及率は29.4%と“3世帯に1世帯は薄型テレビを所有”している状況となっており、来年の北京オリンピックや2011年のアナログ放送終了によって需要はさらに高まっていくとした。

photo NHK総合では約9割、民法では約7.5割がハイビジョン放送にシフトしている

 同氏は、薄型テレビ市場でも特に37型以上のニーズが高まっていると指摘し、プラズマテレビに限れば2007年7月時点で販売台数の約6割が42V型を上回ると語った。また、大画面化に伴いフルハイビジョンのニーズも増えているとし、ハイビジョン放送の増加によって市場成長が加速するとの見解を示した。

 さらに周辺AV機器のハイビジョン化について言及し、同社がラインアップするSDカード対応のビデオカメラやDVD/HDDレコーダーの“ディーガ”など、それぞれが相乗してハイビジョンの価値を高める「フルハイビジョンのビックバン」が起こっていると語った。また、その中で同社が取り組む、SDカードやHDMI端子などを利用してインタフェースの連携/簡易化を図る「ビエラにリンク」の発想が、ユーザーから高い評価を得ているとした。

 また「ビエラにリンク」のさらなる展開として、「PZ750シリーズ」はビデオ・オン・デマンド(VOD)の「アクトビラ ビデオ」の視聴に加え、同社のカメラモニター付きドアフォン「どこでもドアホン」との連携にも対応している。「エンターテイメントからセキュリティメットワークまで、従来のテレビではできなかった新しいテレビライフが、新ビエラから始まる」(同氏)。

 宣伝展開に関しては、春に引き続き女優の小雪さんがイメージキャラクターを務める。CMは、新ビエラのプラズマテレビに採用された、シーンによって明るさを自動調節する「自発光方式」を取り上げ、「“まぶしすぎない”テレビ」をコンセプトに制作したという。また「ビエラにリンク」の宣伝キャラクターとしてタレントの綾瀬はるかさんを新たに起用。小雪さんの妹役としてCMに登場する。

photophotophoto

photophotophoto

photophoto CMでチワワとミニチュアダックスフントのミックス犬「チワックス」と共演した小雪さん。犬の名前が同じ「小雪」だったことに少し戸惑ったそうだが、楽しく撮影を終えたと語った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.