ITmedia NEWS >
レビュー
» 2008年10月06日 14時45分 公開

DiGiC 4でパワーアップ:超高画素か、広角か――定番コンパクト「IXY Digital 3000 IS/920 IS」 (7/8)

[荻窪圭,ITmedia]

作例――風景

920 ISのワイド側で高層ビルを撮影。28ミリ相当なのでワイド感があっていい。暗部補正はオン
3000 ISのワイド側で高層ビルを撮影。36ミリ相当なので、920 ISの作例に比べると写っている範囲が狭い。1470万画素だけあってディテールはそれなりに出ている
3000 ISでオムライスをマクロモードで。ワイド端。室内だがホワイトバランスもきれいにあっててディテールもきれい
同じく920 ISでオムライスを。ワイド端で撮ったため、ちょっとワイドに
神楽を望遠端で撮影。暗部補正はオン。ハイコントラストな構図だがきれいにまとまっている。920 IS。1/160秒 F5.8 ISO80
これも暗部補正オン。お店の装飾灯を望遠端で。3000 IS。1/60秒 F5.8 ISO200
28ミリ相当の広角を生かして、山手線と遠くに見えるドコモタワーを。この鮮やかな青空と緑がIXYっぽいところだ。920 IS。1/250秒 F5.6。ISO80
マクロモードで撮影した朝顔。この色の鮮やかさと安定感はIXYならでは。920 IS。1/200秒F2.8。ISO80
お祭りの出店で売っていたきゅうりの一本漬。ISOオートで1/13秒だったが、手ブレ補正のおかげで気軽に撮れる。920 IS。1/13秒F2.8。ISO200

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.