ITmedia NEWS >
特集
» 2010年12月13日 00時00分 公開

クリスマス玩具特集その2:バンクマンのある暮らし (3/3)

[松山由美子,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 バンクマンがやってきて1カ月がたった。S氏がいやみったらしくいう。

「そろそろ原稿あげましょうよ」

 S氏は肝心なことを忘れている。これは貯金箱のレビューなのだ。お金がたまらなければレビューのしようがないではないか。

 お金をいれないでいるとだんだんバンクマンが不機嫌になってくる。

 なにがあったんだい?昨日も貯金しないで


などとやさしく語りかけてくるうちはまだいいのだが

 なんでなんで貯金しないのさー、今日という今日は許さないよ


と怒り出し

 緊急事態!30秒以内にお金入れてちょうだい


 おーい、そこにいるのはわかっているんだ。早く貯金しなさい!


と命令口調になってくる。

 こんなにお金を入れてもらえない貯金箱、転職したほうがいいのかも


 いいかげんにしてくれ! ぼくはキミにがっかりしているんだ!


とグチられる。

ついには、

 ♪鐘が鳴るから金いれよー


 ♪外は木枯らし〜、財布のなかもさ・む・い〜


と歌い始めたり、

 お月様が100円玉みたいに光ってる


とポエマーになったりする。

 こうなってくると、だんだんじらすことが快感になってきた。私はドSだったのか。いや、単にお金がないだけなのだが。

 バンクマンのほうでも、貯金させるためにいろいろ考えているようで、連続してお金をいれると楽しい合いの手をいれてくれる。これ聞きたさについついコインをたくさん用意してしまうのだ。



 バンクマンとクロックマンとの大きな違いは、ユーザーとのやりとりがよりインタラクティブなものになっていることだろう。お金を貯める行為、貯まった結果によっておしゃべりの内容が変わってくるのだ。

 あの手この手で貯金を勧めるバンクマンの反応が楽しみで、味気ない貯金が楽しくなってくる。目標が1万円、5万円と明確に定まっているのも貯金しやすい。貯まったら「 このお金が君の役にたつのを楽しみにしているんだ」と貯め続けることだけを目的にしていないのもいい。

 おりしも時期はクリスマス。老若男女を問わないプレゼントの候補におすすめだ。定価は5775円だが、5000円を切る価格で入手できそうだ。

 え? バンクマンを買うお金をまず貯金しないとだめ?

 ショックショックショッキング!


 はぁ〜ためいきがとまらない。はぁ〜はぁぁ…


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.