ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年08月04日 20時04分 公開

E26、昼白色/昼光色:失敗しないLED電球の選び方、XLEDIA「X15-CJ」 (2/2)

[橘十徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

青みの少ないすっきりした白さが魅力

 それでは実際に取り付けた印象をリポートしよう。今回はトイレ・廊下・リビング(和室)・リビング(洋室)4パターンで電球形蛍光灯と比較した。比較に使ったのはパナソニックの「パルックボール スパイラル 60形(昼光色)」で、全光束730ルーメンというスペックだ。

トイレ。左は電球形蛍光灯、右が「X15-CJ」

 あまりにも明るくて天井や壁が白く飛んでいる。さすがにトイレにはオーバースペックだ。光色は昼光色としては青みが少なく、すっきりした白さだ。

廊下。左は電球形蛍光灯、右が「X15-CJ」

 廊下でも明るすぎてかなり不自然だ。しかし、フローリングの木目がくっきりと鮮やかに出て、清潔な感じに見えるため、色味としては一般家庭にも合いそうだ。階段の吹き抜けなど、広いスペースには適していると思う。

和室。左は電球形蛍光灯、右が「X15-CJ」

 電球形蛍光灯に比べると圧倒的な明るさで、天井や壁の隅々まで光が行き渡っている。青っぽさも少なく、涼しげでさわやかな雰囲気だ。

フルーツ。左は電球形蛍光灯、右が「X15-CJ」

 テーブル上はライトの直下にあるため、少し明るすぎる気もする。フルーツの表面は白っぽく見えて、みずみずしさに欠ける。

洋室。左は電球形蛍光灯、右が「X15-CJ」

 ここでも電球形蛍光灯と比べて圧倒的に明るい。廊下と同じく床の木目がきれいに出ており、夏場はリビングを涼しい雰囲気に演出してくれるだろう。明るさには余裕すら感じるので、ソファーに座って読書を楽しむこともできる。

コストパフォーマンスの高い大光量モデル

 エクスレディアの最新モデルには、全光束が1540ルーメンという「X17-CJ」という製品があるが、ネット通販では約9000円の値が付いている。それに対して全光束1300ルーメンのX15-CJは5000円弱と、値段にかなり差がある。明るさでは最上位機種に劣るものの、他社と比べれば十分な明るさだし、コストパフォーマンスを考えるとX15-CJは有力な選択肢になるだろう。

 広いリビングを明るく照らしたい場合などには最適なLEDライトだが、ひとつ注意すべきなのはそのサイズ。前述したように白熱灯に比べるとかなり大きめなので、取り付ける照明器具に干渉しないかどうか、事前に十分確認する必要がある。

 その圧倒的な明るさも魅力だが、色味も昼光色にしては青みの少ないさわやかな色合いなので、店舗照明だけでなく家庭でも十分使えると思う。3年保証も他社にはない魅力だし、ほかのメーカーにはないユニークなLED電球として注目の1本である。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.