ITmedia NEWS >
レビュー
» 2013年10月30日 15時06分 公開

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:フルスペックの4K出力を備えたBDレコーダー「DMR-BZT9600」、その実力を探る (2/2)

[山本浩司,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「MGVCオート」で簡単切替

 本機のチェックは18GbpsのHDMI2.0対応の「TH-L65WT600」が用意されたパナソニックの視聴室と、JVCのフルHDプロジェクター「DLA-X9」を設置したわが家のシアタールームの2カ所で行なった。

「007/スカイフォール」2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定)は4190円。販売元は20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

 映画Blu-ray Disc「007/スカイホール」を用いて、本機のフルHD24p出力をTH-L65WT600内部で4K変換した映像と、本機DMR-BZT9600で4K変換し、4:4:4/36ビット(各12bit)で24p出力した映像を見比べてみたところ、寂寥感に満ちたスコットランドの風景をロングショットで捉えたシーンで画質の違いが明らかに。後者のほうが明らかに精細度が高く、石造りのスカイホールの壁や芝目のディティールの彫り込みが深くなる。ダニエル・クレイグの着た上質なスーツの織り目などの描写もいっそうきめ細かい印象だ。

 BS-TBSで放送された「世界遺産」を本機でDR記録した映像も観た。これはソニー製4Kカメラで30p収録されたもので、先述のように本機で1080i →4K/30p変換出力した画質をチェックしたが、これがとてもよかった。尖鋭度が上がるというよりも、霧の中の風景など、自然な立体感とナチュラルなテクスチャーが得られ、その自然体の画質におおいに感心させられた。毎週欠かさず観ているフルHD30pカメラ収録のNHK大河ドラマ「八重の桜」でも1080i→4K/30p変換画質をぜひ試してみたいと思った。

 最大12bit階調をうたう“MGVC”(マスター・グレード・ビデオ・コーディング)収録の「紅の豚」を4K/24p出力(4:2:2/36bit設定)で観たが、波のきらめきや雲の立体感の表現などで、MGVC収録作品ならではの画質のよさが体感できた。本機の設定項目に「MGVCオート」という設定があり、これを「入」にしておくと、HDMI1.4準拠または10.2Gbps版HDMI2.0対応のテレビ/プロジェクターの場合、通常再生時は4K/24pの4:4:4/24bit出力、MGVC再生時は4K/24pの4:2:2:/36bit出力に自動変換してくれるので、たいへん便利だ。

音質の良さにも注目

 自室のフルHDプロジェクターJVC「DLA-X9」の視聴では、画質モード(映像詳細設定の『映像素材』)を『レトロシネマ』に設定し、三色法テクニカラーのリッチな色再現が魅力の映画BD「紳士は金髪がお好き」を観たが、マリリン・モンローの着るスパンコールがきらめく赤いドレスの描写が生々しく、なおかつマリリンの表情の豊かさを「DMR-BZT9300」以上にきめ細かく描き、その魅力にノックアウトされた。本機「DMR-BZT9600」は、フルHDタイプのテレビ/プロジェクターでもおおいにその高画質メリットが享受できることが確認でき、とても頼もしく思った。

 加えて、自室でのチェックでとくに強い感銘を受けたのは、本機の音のよさだった。本機は前作DMR-BZT9300同様、DLNAサーバーのNASに収めた音楽ファイルを再生できるネットワークオーディオ機能を有するが、本機のXLRバランス出力を愛用プリアンプのオクターブ「Jubilee Pre」につないで聴いたその音は、DMR-BZT9300をはるかにしのぎ、BDレコーダーが聴かせる音とはとても思えないすばらしいものだった。低音の安定感に確かに電源回路の改良が実感できるし、深い静寂の気韻の表現にオーディオクロック・スタビライザーの強化が効いていると思った。

 しかし、BD ROMの再生やネットワークオーディオによるハイレゾファイル再生時に、録画関連等の不要な回路をシャットダウンさせることで音のよさを実現しているのも、皮肉な話ではある。「インテリジェント・ローノイズシステム」の進化などといっていないで、このDMR-BZT9600のすばらしい画質・音質をいっそう磨いたネットワークオーディオ再生機能付ユニバーサル・ブルーレイプレーヤーをパナソニックはいち早く企画開発するべきだろう。……って、熱心なAVファンはみんな期待していると思いますけどね。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.