インタビュー
» 2008年11月15日 07時45分 公開

銀座で“癒やしのカクテル”を作る、東大卒バーテンダー――阿部佳則氏(前編)あなたの隣のプロフェッショナル(5/5 ページ)

[嶋田淑之,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 では、泊まり込まない日はどうなるのだろうか?「その時は、始発で家に帰って、昼の2時過ぎまで爆睡してますよ(笑)。そして午後3時半に家を出て、4時半にお店につきます。それ以降は5時からの仕込み、7時オープンで同じです」

 過酷と思える生活ぶりに驚き「スタッフは増やさないのですか?」と問うたところ、阿部さんの答えは明快だった。

 「バーは”人につく”業態なので、いつ行っても僕がいる……というか僕しかいない、それがお客様の安心感につながる。だから、1人がいいんです」

 「Bar Healing Water」がオープン早々、広く顧客から支持される理由が、この一言に凝縮されているように感じられた。

 それでは阿部佳則さんは、果たして、これまでどのような人生を歩み、エリートビジネスマンとしての立場を敢えて捨てて、どんな想いで人生の一大転換を成し遂げたのだろうか? 一度しかない人生における自己実現とは何なのか、次回後編ではそれを見てみたいと思う。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -