ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「キャリアとスキル」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

転職した人に聞いた「最も大きなきっかけ」 2位「職場の人間環境」、1位は?
NEXERが運営するキャリアバイブルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

仕事に役立つ「AI」資格10選【後編】
「AIの基本から応用」までをマスターできる“学習コース”5選
AI技術関連の認定資格を持っておくと、今後のビジネス開発やキャリア形成に役立つ可能性がある。AI関連の知識とスキルを習得できる学習プログラムを5つ紹介する。(2024/5/21)

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

428人に聞いた:
5割が「転勤」に否定的 「会社に振り回されたくない」……就活生の本音は?
就活生のうち、転勤を「否定的」に捉えた人は48.1%――。そのような結果が就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリア(東京都渋谷区)の調査で分かった。なぜ転勤に否定的なのか。2025年卒業予定の学生たちの本音は?(2024/5/16)

楽だけど給料は上がらない「ゆるブラック企業」、女性の半数が勤務経験あり 一方で希望する人も1割いる理由
キャリアデザインセンターが調査結果を発表した。(2024/5/16)

「キャリアが危ない」と煽っても無意味 シニア社員が自ら“学び直し”する風土を作るには
企業が「社員の学び直し」への関心を強めている。中でもシニア・ミドル層に、自主的な学び直しをしてもらうには?(2024/5/15)

AIが現場従業員のストレスの種になる?【後編】
オフィスワーカーではなく現場従業員が「AIへの不安」を感じる“切実な事情”
AI技術の活用が広がる中で、フロントラインワーカー(現場従業員)がさまざまな不安を抱え始めている実態が明らかになった。AI技術は現場従業員の仕事にどう影響を与えようとしているのか。(2024/5/8)

キャリアニュース:
管理職への転職に関する調査、非管理職から管理職に転職した人は15.9%
Indeed Japanが「管理職への転職に関する調査」の結果を発表した。15.9%が非管理職から管理職に転職していた。また、管理職への転職者は、非管理職よりも転職後の仕事に満足している割合が高かった。(2024/4/25)

生成AIで変化する開発【第4回】
生成AIが「開発者のキャリアと給与」にもたらす希望と“残酷な結末”
組織の規模にかかわらず、開発業務に欠かせない存在となりつつある「生成AI」。一方で開発者には、このような状況を歓迎できない理由がある。生成AIが開発にもたらす変化と併せて解説する。(2024/4/24)

キャリアニュース:
介護や治療と仕事の両立支援制度、取得促進を「何もしていない」が約4割
月刊総務が「育児や介護、治療と仕事の両立支援についての調査」の結果を発表した。「介護」と「治療」については、両立支援制度の通知や取得促進を約4割が「何もしていない」と回答した。(2024/4/18)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【後編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。【後編】では、製品設計と設備設計における「予算配分」「求められる知見」の違いに触れるとともに、「製品設計と設備設計のこれから」について言及します。(2024/4/5)

キャリアニュース:
仕事、私生活の意識調査、共働き世帯の46%が「家計が苦しい」と回答
マイナビが「共働き世帯の正社員に聞いた 仕事、私生活の意識調査」の結果を発表した。共働き正社員の46.1%が「家計が苦しい」と感じていた。また、年収の高さは私生活と仕事の満足度に関係ないことが分かった。(2024/3/29)

マイナビ調べ:
「家計が苦しい」と感じる平均世帯年収は「711.9万円」 理想は?
マイナビは共働き世帯の正社員を対象に「仕事・私生活の意識調査2024年(2023年実績)」を実施した。(2024/3/27)

大量解雇時代のキャリア論【後編】
「本当にやりたい仕事」が見つかる“4つの質問”はこれだ
順調にキャリアを積んできたところで突然「レイオフ」の対象になったら、誰でも後ろ向きになってしまうものだ。だがレイオフをチャンスと捉えて状況を好転させることはできる。そのためには何をすればいいのか。(2024/3/27)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】
エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ
サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。(2024/3/25)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

NECグループの広範な対応力と丁寧な人材育成:
PR:SAPエンジニアにとって理想の環境とは
NECソリューションイノベータはSAPに関連する人材を集約する形で、2020年にSAPソリューション事業部を立ち上げた。SAP事業のキーパーソンに仕事の醍醐味や同社ならではの教育制度などを伺った。(2024/3/21)

NEWS Weekly Top10:
「AIに仕事が奪われるかも」時代をどう生き抜く 記者歴20年の45歳が考える
筆者はフリーライターで、リリース起こしの仕事が重要な収入源だ。高性能と話題のチャットAI「Claude 3」を試してみたが、確かにリリース起こしの能力はGPT-4より高く、「AIが人間の記者にまた迫ってきたな」と脅威に感じた。(2024/3/18)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【前編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。今回は【前編】として、「設計対象物」「QCDの優先順位」「新規性の有無」をテーマに“製品設計と設備設計の違い”を分かりやすく解説します。(2024/3/18)

大手新卒17年。自分のスキルは通用するのか?――ベンチャー企業に3カ月「留学」して得たもの
「今の仕事ができるのも、自社の看板があるからでは? これまでやってきたことはよそで通じるのか?」――そんな思いを抱えていた大日本印刷に勤める渡邉厚太さんは「複業留学」のプログラムに参加し、ベンチャー企業での勤務を体験した。2006年に新卒でDNPに入社し、17年目にして初めて他社で働く経験をした渡邉さん。3カ月間の複業留学を経て、何を得たのか?(2024/3/15)

大量解雇時代のキャリア論【前編】
「レイオフはむしろお得」がうそでも皮肉でもない“解雇の真実”だった
「レイオフ」や「解雇」と聞いて気持ちが暗くなっていてはいけない。むしろレイオフは、解雇される人にとっては喜んでいい出来事だ。それはなぜなのか。解雇とキャリアの真実とは。(2024/3/13)

資格取得は有効? 学生時代にやっておくべきことは?:
異業種からのキャリアチェンジ成功者が語る「AIエンジニアになるための条件」とは
生成AIをはじめ、AIの業務利用が進んでいる。開発環境も簡単に用意できるようになり、AI開発のハードルは下がっているが、いざ取り組もうとすると具体的にどのように進めればいいのか、どこから手を付ければいいか迷う人もいるだろう。現役のAIエンジニアにそういった気になるポイントを聞いた。(2024/3/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事中の「おやつの時間」は後ろめたい――“ムダ”を削るばかりの日本が失っているもの
「仕事中におやつ時間」「ちょっとコーヒー」といった気分転換に対して、後ろめたいものと思う人は少なくない。しかし、無駄話、無駄な時間、無駄な空間は本当に削ってしまっていいものなのだろうか? 健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/3/8)

エンジニアの笑顔があふれる理由:
PR:学びと挑戦の日々で磨かれる職場とは
裁量権のある仕事をしたい。そのために必要なのは、本当の「責任感」だと彼女は実感した――。(2024/3/6)

佐々木俊尚に聞く エンジニアの「キャリア自律」のために必要なこと
作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏は、まだ日本で「ノマド」という言葉が知られていなかった時代から、自分自身で人生を切り開かなければならない時代を予見し、自由な働き方や自律的なキャリア形成を提唱してきた。佐々木氏に自らのフリーランスとしての働き方の変遷や、エンジニアが「キャリア自律」を実現するために何が必要なのかを聞く。(2024/3/4)

今日のリサーチ:
マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、CMOがいかにして自社の機能の将来への即応性を確保できるかを探りました。(2024/3/3)

働く女性は理想より「眠れていない」 睡眠時間を削る要因、「家事」を抑えた1位は?
働く女性の睡眠時間は平均6.0時間となり、理想の睡眠時間とは1.6時間ものギャップがあるーー。そのようなことがキャリアデザインセンター(東京都港区)が運営する「女の転職type」による調査で明らかとなった。(2024/3/1)

仕事を楽しむための「セルフリーダーシップ」入門(4):
「何とかして仕事の状況を変えたい」と願う人へ 具体的にはどうしたらいいのか?
働く上で「何とかして状況を変えていきたい」と思っていても、自分自身では問題の原因や解決策が思いつかず、身動きが取れなくなってしまうことがよくあります。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか? 「状況を捉えなおす」ためのヒントを紹介します。(2024/3/5)

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜アリシアさん from マレーシア(後):
「ハードに」ではなく「スマートに」仕事をしていきたい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もNTTデータ ニューソンのセキュリティ担当、Alicia Lee(アリシア・リ)さんにお話を伺う。アリシアさんが実感したという「複数の言語を操れること」の最も大きなメリットとは何か。(2024/2/20)

セキュリティニュースアラート:
ISC2とIBMがセキュリティ専門家育成に向けたトレーニングコースを提供
ISC2とIBMがサイバーセキュリティスペシャリスト・プロフェッショナル認定コースを開始した。4カ月間の初級レベルトレーニングコースを提供し、サイバーセキュリティのキャリア構築を目指す人に教育を提供する。(2024/2/16)

「私の仕事は経理事務です」は通用しなくなる:
AIで「将来仕事がなくなるぞ」という脅しはもういらない 今伝えたい、建設的な経理のキャリアチェンジ
AIの普及により「将来、事務仕事はなくなる」――そんな話を耳にする機会が増えた。AIの企業導入や活用はいまだ発展途上にあることも事実だが、DX推進による業務のデジタル化が現在進行形であることに変わりはない。中でも、影響が色濃いと考えられる職種は経理だ。(2024/2/16)

8割の社会人が「学歴はキャリアに影響する」と回答 その理由は?
学歴とキャリアには、どのような関係があるのか。Job総研が調査結果を発表した。(2024/2/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

キャリアニュース:
業務で生成AIを使用している人は18%、仕事への影響に不安も
「ミドルの転職」は「生成AIの活用」についてのアンケート調査結果を発表した。生成AIを業務で「使用している」と18%が回答し、生成AIが仕事へ及ぼす影響に対して27%が不安を感じていた。(2024/2/1)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

キャリアニュース:
男性上司より女性上司のいる管理職の方が「今の仕事が好き」の割合が高い
JTBコミュニケーションデザインが「女性管理職の本音とマネジメント行動に関する調査」の結果を発表した。男性上司よりも女性上司がいる管理職の方が「今の仕事が好きである」の回答割合が高かった。(2024/1/26)

「部下に任せられない管理職」が実はやっている、”間違った動機付け”
「メンバーの力量が不足しており、プレイヤー業務を代わりにやらざるを得ない」「仕事を任せられる人材がいない」──そんな悩みを抱える管理職は多いようですが、実は部下に対し気付かぬうちにNG対応をしている可能性があります。(2024/1/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

「心理的安全性」は自ら高める “あの人”が周囲と軋轢ばかり抱える理由
心理的安全性を整えるは組織側の問題だと考えるビジネスパーソンもいるのではないか。個々人があるスキルを磨くことで組織の心理的安全性の向上に貢献し、自身のキャリアアップにも役立つ。どのようなスキルなのか。(2024/1/31)

大学1、2年生のキャリア意識 方向性が決まっている人はどれくらい?
マイナビは「マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査(2026・27年卒対象)」の結果を発表した。大学1、2年生でキャリアの方向性が決まっている学生は40.5%だった。(2024/1/19)

活躍する若手は「何のため」に働いているのか 「会社のため」ではない
これまでのような「社内のキャリアの上昇」という誘因だけでは、従業員のポジティブな関わりが引き出しにくくなっている。こうした若手に対し、どのように関わるべきなのか。(2024/1/17)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
プロは「上手なウソ」をつく 関根勤や小堺一機を世に出した、大御所マネジャーの仕事術
「上手な嘘をつけるのが良いマネジャーだ」――ENPASSの川岸咨鴻(かわぎし・ことひろ)名誉会長は、芸能マネジャーとして浅井企画で関根勤、小堺一機、柳沢慎吾、竹中直人、飯尾和樹といった人気タレントを続々と見出し、世に送り出してきた。本記事では川岸氏が身をもって体感した「良いマネジャーとは何か」「仕事はどう進めるべきか」について聞き、そのマネジメント論の本質に迫る。(2024/1/16)

営業コミュニケーション大解剖:
「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」 部下の困った質問、どう返す
営業マネジャーをしていると、部下から「困った質問」が飛んでくることもあるのではないでしょうか? 「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」「営業の仕事を辞めて、別の部署に異動できませんか?」──こういった質問への適切な返しを考えてみましょう。(2024/1/10)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

未経験転職をした理由 3位「やりがいを求めて」、2位「現状の業種・職種に不満」、1位は?
経験のない仕事へ転職する「未経験転職」。どのような理由で踏み切る人が多いのか。調査結果が明らかになった。(2024/1/5)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”
職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。(2024/1/4)

心筋炎経験の志尊淳、12年間所属の事務所から独立「仕事観・人生観が変わり」 “出資約束”の古巣に感謝「15歳の何者でもない僕を拾って」
新たな個人会社には旧事務所からの出資も。(2023/12/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。