ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「キャリアとスキル」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

教育プロセス全体の見直しを:
「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状
インターンシップを通して取得した学生情報を企業が広報・採用選考活動に活用することを可能にする政府のルール見直し。しかし、そもそもインターンシップは学生にとって仕事選びに有効な場になっているのだろうか。(2022/6/29)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【前編】
マスク氏「テレワーク禁止令」衝撃の中身 週40時間出社しない社員は……
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に対して、今後はテレワークを認めない方針を示した。自社Webサイトのキャリアページに掲載していたテレワーク求人も現在はなくなっている。決断の影響は。(2022/6/29)

対談企画「CFOの意思」:
ランサーズ小沼CFOが「一からやり直し」、“事業部の責任者”も兼任する訳
さまざまなことを「一からやり直し」てでも、CFOと事業部の責任者の兼任の道を選んだのはなぜなのか? 数少ない女性CFOとして、チャレンジを続けるために心掛けている仕事術とは。──後編では、ランサーズ小沼氏の現在地を深堀る。(2022/6/28)

対談企画「CFOの意思」:
「上場直前まで苦しんだ」ランサーズ小沼CFOが浴びたIPOの洗礼
「CFOの意思」第3回の対談相手は、ランサーズで執行役員CFOを務める小沼志緒氏。「上場直前までトラブル続き」だったというIPOから学んだ、IPOでやるべき2つのこととは。「CFOになる」ことを目指してキャリアを歩んできたのはなぜなのか?(2022/6/28)

23〜34歳の人に聞く:
仕事で不満を感じていること 3位「やりがい」、2位「収入が少ない」、1位は?
現在、働いている会社の労働環境や業務内容にどのような不満を感じている人が多いのだろうか。転職活動を始めているまたは転職が決まっている人に聞いた。(2022/6/23)

キャリアニュース:
在宅勤務で「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」46.9%
「パソナ総合研究所」が「在宅勤務による生活、キャリア意識への影響」に関する調査結果を発表した。「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」と46.9%が回答し、46.3%が「転職を検討した、希望就業先が変化した」と答えた。(2022/6/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(90):
35歳からのキャリア――中堅世代こそ「Will、Can、Must」を考えよう
あなたが中堅世代なら、将来のキャリアに不安になることがありませんか? そんなときは、Will、Can、Mustで整理すると、これからの方向性が見えてくるかもしれません。(2022/6/15)

初の調査:
「嫌がらせ」「雇い止め」 更年期不調で離職の実態
40代以降の「更年期」に現れる心身の不調が生活や仕事に及ぼす影響について、厚生労働省が初の実態調査に乗り出す。労働現場からは、つらい症状を周囲に相談できずに孤立したり、病状の理解が得られずに嫌がらせを受けたりした報告も相次ぐ。(2022/6/14)

Z総研調べ:
「動いてから考える」VS「考えてから動く」 Z世代に多いのはどっち?
Z総研を運営するN.D.Promotion(東京都渋谷区)とマイナビは、Z世代の仕事観について調査を実施した。仕事やキャリアについて考えるとき、92.0%が「変わり続けることが成長」と考えていることが分かった。(2022/6/13)

「仕事にプラスの影響」の声も:
職場恋愛がイヤな理由 3位「社内に筒抜けになりそう」、2位「仕事に影響がありそう」、1位は?
ライボは、社会人男女に「仕事と恋愛に関する意識調査」を実施した。職場恋愛をしたい人、したくない人のそれぞれの理由とは?(2022/6/11)

女性に聞いた:
宝くじ、いくら当たったら仕事を辞める? 2位は「1億円」、1位は?
キャリアデザインセンターは、サイト会員の女性を対象に「宝くじと仕事」についてアンケートを行った。宝くじが大当たりしたら今の仕事を「辞める」と答えた人は39.4%だった。(2022/6/11)

キンドリルに聞く、次の時代のエンジニア像(1):
PR:「だから、僕らもキンドリルを選んだ」――技術理事に聞く“エンジニアの役割”とキャリアの伸ばし方
2021年9月、IBMのマネージドインフラストラクチャサービス部門から独立した従業員9万人のスタートアップ企業、キンドリル。多様なIT人材が活躍している中、同社はエンジニアの役割とキャリアパスをどう捉えているのか。同社技術理事に話を聞いた。(2022/6/10)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】
入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか
転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。(2022/5/31)

セキュリティマネジャーのリアルな一日【後編】
GoProのCISOが遭った痛い目とは? 外部ベンダーのリスク評価はお早めに
GoProのCISO、トッド・バーナム氏は午後も忙しい。事前に決まっていた仕事に加え、急きょ経営陣から指示されたタスクもこなさなければならない。仕事術についてさまざまなヒントがある同氏の午後を紹介する。(2022/5/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブこそ、確固たる「自己ブランディング」が必要な時代
人生100年時代となった今、エグゼクティブのキャリアに対する考え方についても、大きく意識改革をする必要に迫られている。後半における前向きなキャリア構築のためにもっとも重要なこととは一体なんだろうか?(2022/5/26)

会社に勤める1200人にアンケート:
8割弱が職場でストレス 給与・仕事量への不満目立つ
転職やキャリアに関する情報サイト「キャリアバイブル」は、会社の「役員」もしくは「従業員」として勤めている約1200人を対象に「職場でのストレスに関するアンケート」を実施した。この結果、8割弱が少なからず職場でのストレスを抱えていることが分かった。(2022/5/23)

マネジメント力を科学する:
第2回:構想力の高い人は、「3つの認識」から自分なりの世界観を構築することができる人
もともと天才的にというよりも、仕事をやればやるほどどんどん視野が広くなっていく人がいる。そういう人は将来、構想力を持てるだろう。(2022/5/18)

自分で手を挙げないと変われない:
女性管理職比率51%のイケア 3店舗兼務の女性店長に聞くキャリアの歩み方
2020年から東京都内に相次ぎ出店し、新たなファンを開拓しているスウェーデン発祥の家具大手イケア。この都心3店舗(原宿、渋谷、新宿)の店長を、一手に担う女性がいる。本社の受付業務からスタートし、都心型店舗の責任者を務めるに至った女性店長に、これまでのキャリアや仕事観を聞いた。(2022/5/19)

キャリアニュース:
テレワーク中に私用で仕事を中断する「ちょい抜けワーク」を約8割が経験
アドビが、「テレワークと理想の働き方」に関する調査結果を発表した。家庭の用事で仕事を中断する「ちょい抜けワーク」を77.7%が経験しており、91.8%が、「柔軟な働き方を認める企業で長く働きたい」と回答した。(2022/5/12)

福島県郡山市発:
地元に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」──それでも仕事を諦めない人のための“養成スクール”が誕生した背景
地方では、女性が就ける職業が限られている場合が少なくない。Uターンで福島県に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」と話すのは、ハタフルアカデミーのコミュニティマネージャーの鈴木茜さんだ。この課題を打破するため、開校したWebデザイナー養成スクールのハタフルアカデミーとは、どのようなものなのか。(2022/5/3)

20〜30代に聞く:
女性の転職理由1位 東京「年収アップ」、大阪「ワークライフバランス」
キャリアデザインセンターが運営するWebマガジン「Woman type」は、東京および大阪に在住&勤務する20〜30代の女性を対象に仕事や金銭感覚について調査。転職理由や貯蓄額に地域差が見られた。(2022/4/28)

女性677人に調査:
働く女性「ハラスメント感じた」8割超 過半数が我慢
女性向け転職サイト「女の転職type」を運営するキャリアデザインセンター(東京都港区)は、女性会員677人を対象に「職場のハラスメント」調査を実施した。何らかのハラスメントを感じたことがあるという人に、誰から感じたか聞いたところ、1位は「上司」(85.8%)だった。(2022/4/29)

Z世代ならではの回答:
新入社員は仕事に何を望むのか 「リーダー志向」や「専門家志向」は過去最低値に
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(東京都千代田区)は、2022年入社の新入社員を対象に「新入社員意識調査」を行った。その結果、新入社員の時点で「リーダー志向を持っていない、決めていない」という人の割合が、過去最高の44.2%であることが分かった。(2022/4/26)

コロナ禍で副業はじめた人は35% 得られた年収は?
エン・ジャパンは、副業に関するアンケートを実施した。その結果、35%がコロナ流行後にパラレルキャリアや副業を開始しており、得られる年収は「20万円未満」が最多となっていることが分かった。(2022/4/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農氏の「みのりのアル話」。参加者から寄せられた質問に、寺田氏が生回答
60年のキャリアを持つ俳優であり、読書家の寺田氏が豊かな見識で参加者から寄せられた質問に答えてくれた。(2022/4/19)

タレントマネジメントの落とし穴:
幹部候補か、“万年ヒラ”か キャリアの分かれ目「30代以降の配置」を、人事はどう決めている?
「育成」の観点から異動配置させる20代が過ぎると、多くの企業は「幹部候補の優秀人材」と「それ以外」の社員を選別します。人事は、そうした異動配置をどのように決めているのでしょうか。年代層別の異動配置のロジックをみていきます。(2022/4/12)

誰かに相談は無意味?:
仕事の悩み1位は「給与の安さ」 悩みは誰に相談する?
NEXERは、全国の会社員1000人に「仕事での悩み」に関するアンケートを実施。その結果、46.9%が「現在の仕事で悩んでいることがある」と回答した。(2022/4/11)

マーケティングやAI知識が上位:
リスキリング、20代の8割が希望 獲得したいスキル1位は?
新卒採用サイトなどを運営する学情は、20代の仕事観について調査を実施した。その結果、20代の8割がリスキリングに取り組みたいと思っていることが判明した。(2022/4/10)

女性会社員に聞く:
新卒に戻れるなら、同じ会社に入らないが約6割 会社選びで重視する内容にも変化が
キャリアデザインセンターが「女の転職type」の会員に、「もし新卒に戻れるならどんな会社、仕事を選ぶか」について調査した。新卒時に希望の会社に入れたかを聞いたところ、最も多かったのは「とくに希望はなく受かった会社に入った」だった。(2022/4/6)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
同じ部署の「働かないおじさん」と、うまく仕事を進めるには
もし自分と同じ部署に「働かないおじさん」がいる場合、どうしたらいいのだろうか? うまく仕事を進めるための秘訣を紹介する。(2022/4/6)

キャリアに不安:
薬剤師に聞く、仕事の不満トップ3は?
エムズレイズは、新卒から5年以下の薬剤師に対して「薬剤師のキャリアに関する意識調査」を実施。その結果、薬剤師の仕事で不満点は……。(2022/4/5)

働き方ビュッフェ世代:
新入社員の6割、入社前から「転職に興味あり」 その理由は?
電話代行サービス「fondesk」を手掛けるうるるが「働き方とキャリアプランについて」の調査を実施した。(2022/4/4)

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

「働けない」を「働ける」へ、「働き続ける」へ:
PR:雇用を創造し、自らも「はたらいて、笑おう。」を実現
環境の問題で働けない人を事業モデルで働けるようにし、不安や不満で働き続けられない人をデジタルで働き続けられるようにする。私たちの仕事は、雇用にかかわるさまざまな課題を解決することです。(2022/3/29)

キャリア支援:
パソナが「アスリート社員」募集 淡路島・全国で50人、月給21万5000円
パソナグループは3月25日、現役・引退後のアスリートやコーチなどを「アスリート社員」として募集すると発表した。兵庫県淡路島と全国のパソナグループ各社で50人採用。競技活動と仕事の両立や、引退後のセカンドキャリアを支援する。(2022/3/26)

入社1年目の約50%が「退職を考えたことはある」 退職してどうするのか?
レバレジーズは、入社1年目の社員に「入社後の状況に関する調査」を実施した。現在も新卒入社した企業で働いている新入社員に「退職を考えたことはあるか」を尋ねたところ、49.6%が「ある」と回答した。退職後はどういうキャリアを描いているのだろうか?(2022/3/23)

“推される側”のミュージシャン「絶対に僕らよりもファンの人が楽しい」 1万通以上のファンレターから作った美文字練習帳「バンギャワーク」はなぜ生まれたのか
20年以上のキャリアを持つミュージシャンが考える「推し活」の楽しさとは?(2022/3/23)

キャリアだって多様でいいじゃないか:
PR:NTTデータ先端技術の新人事給与制度は、ここがスゴい
組織やプロジェクトをマネジメントする力だけでなく、マネジメント特化か専門性特化かの二者択一でもない。マネジメント軸と専門性の軸で構成する2次元フィールドの中で自由にキャリアを選択できる、NTTデータ先端技術の新人事給与制度。制度に込めた思いと願いをキーパーソンに伺った。(2022/3/22)

2人に1人が思うこと:
育休復帰者が抱く“不安” 「家事と仕事の両立」より多かったのは?
これまで産休・育休を取得したことのある人は、職場への復帰にどのような不安を抱えていたのか? 復帰を決めた理由は何か? 男女300人に聞いた(2022/3/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(87):
51歳で「パワポが得意」と、初めて知った元エンジニアの話
「将来、このまま大丈夫かな?」と思ったとき、「新たな資格を取ろう」と思うこともあるでしょう。でも、資格だけではなかなか仕事につながらないもの。それよりも、あなたの「強み」を生かせる場所は、案外「身近」にあるのかもしれません。(2022/3/16)

300人に調査:
新入社員の6割が入社後「仕事内容」にギャップ抱く 配属先やワークライフバランスに不満
新卒向け就職エージェント「career ticket」が社会人1年目の300人を対象にした調査で、6割が入社後「仕事内容」にギャップを感じていると回答した。(2022/3/14)

「子育て」「介護」「地方在住」でもキャリアを諦めない:
PR:多様な働き方とキャリアアップ・スキルアップを実現 今こそ、マイクロソフトで働く意義とは
マイクロソフトといえば、言わずと知れた「外資系企業」。一般的に、外資系企業といえば、シビアな成果主義や個人主義の風土で、ドライな働き方を想像するが、日本マイクロソフトは違う。異業種、そして同社と同じく外資系企業から転職してきた2人が語る、今、日本マイクロソフトで働く意義や実現できるキャリアとは。(2022/3/14)

キャリアニュース:
介護経験のある管理職の48%が、介護を理由に「退職を考えた」と回答
Adecco Group Japanが「介護と仕事の両立に関する調査」の結果を発表した。管理職の48.4%が、介護を理由に退職を「考えたことがある」と回答し、64.5%が、休暇制度や勤務に関する制度を「利用しづらい」と考えていた。(2022/3/10)

対談企画「女性活躍って、誰目線?」後編:
多くの女性が悩む「キャリアの優先順位」は、どう決めてきた?──リクルート執行役員・柏村氏×サイバーエージェント専務執行役員・石田氏
多くの女性が悩む「キャリアの優先順位」を、リクルート執行役員 柏村氏・サイバーエージェント専務執行役員 石田氏は、どう決めてきたのか? 対談の後編では両氏のキャリアに対する考え方などをお届けする。(2022/3/9)

対談企画「女性活躍って、誰目線?」前編:
企業はなぜ女性管理職に「覚悟」を求めてしまうのか──リクルート執行役員・柏村氏×サイバーエージェント専務執行役員・石田氏
女性管理職に「覚悟」が求められてしまう現状、女性自身が「自分なんかにはきっと無理」とキャリアの可能性を狭めてしまう理由、自身の成功体験に固執する上司への対処法──。共に役員として活躍するリクルート柏村氏×サイバーエージェント石田氏の対談の模様をお届けする。(2022/3/8)

SAP×関西エリアの成長ストーリーに密着:
PR:SAP人材の「成長への次の一手」とは? SAPエンジニアやコンサルタントとして、さらなる高みへ踏み出す方法
SAP製品を扱うエンジニアやコンサルタントの成長の仕方が多様化していることをご存じだろうか。SAPを極めるキャリアを目指すか、それともSAPを主軸として他のソリューションやプラットフォームの技術や知識の幅を広げるキャリアを目指すか。成長への考え方は人それぞれだ。SAPの現場経験を持つ若手エンジニアやコンサルタントには、どのような具体的な可能性があるのだろう。関西で活躍している2人のSAP人材の対談を通して、これからの成長の在り方を模索する。(2022/2/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
終身雇用の保証より、どれだけ変化しても活躍できる人材の育成が人を活かす経営の新常識
雇用を守るということは、本当に人を大切にしているのだろうか。雇用を守る経営を、何十年も続けていくと、ボディーブローのように効いてきて、内向き志向で村社会になり、キャリア意識が低下する。そこで求められているのがキャリア自律、自律型人材である。(2022/2/21)

収入を増やしたい:
転職希望者の4割が「安定収入を希望」、現職の不満は?
就職・転職向けサイトを運営するオープンワークは、転職活動経験者へアンケート調査を実施した。「安定した収入がある仕事に就きたい」と答えた人の割合は……。(2022/2/17)

キャリアニュース:
転職志望者の今までの転職回数と合否は「関係する」と約半数が回答
「キャリアバイブル」が、面接官経験者を対象にした「転職回数と合否の関係」に関する調査結果を発表。転職志望者の「今までの転職回数」が合否に「関係する」と47.2%が考えており、22.8%が「転職回数」のみを理由に不合格にしたと回答した。(2022/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。