コラム
» 2013年10月08日 07時00分 公開

「リバースモーゲージ」は高齢化社会の救世主になれるか?世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる(3/3 ページ)

[川瀬太志,Business Media 誠]
誠ブログ
前のページへ 1|2|3       

家を買うなら資産価値の高い家を

 しかし、中古住宅市場が整備されていて、かつ住宅の資産価値が下がらない欧米諸国では、自宅担保のモーゲージローンはごく当たり前に広く利用されています。

 モーゲージローンは、自宅を売却して得られる価格近くまでは借りられます。つまり不動産に資産価値があるというのが大前提です。

 この数十年間、日本は資産価値が下がっていくデフレ状態でした。建物には価値が認められず、さらに土地の値段も下がり続けました。リバースモーゲージの導入時期としては、最もふさわしくない時期だったと言えるでしょう。

(写真と本文は関係ありません)

 今はまだ使い勝手が悪いですが、今後は良くなっていくかもしれません。まず、デフレ脱却を目指して政府が動いています。今、日本の土地価格はバブル前の水準まで下がっていて、すでに安定しています。保険との組み合わせで、長生きしても終身で受け取れる商品も出てきています。また戸建だけでなく、資産価値があればマンションでもいいという商品もあります。

 今、日本の不動産評価は土地の評価が中心ですが、建物も一体として捉えて資産価値が下がらないような仕組みを政府も検討しています。

 あなたがもしこれから家を買うのなら、将来のことも見据えて立地と建物をよく吟味したほうがいいです。ぜひ、いつ売り出しても相応の価格で買い手がつくような資産価値のある家を探してください。(川瀬太志)

※この記事は、誠ブログ世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:「リバースモーゲージは高齢化社会の救世主になれるか?」 〜その課題と留意点〜より転載、編集しています。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


前のページへ 1|2|3       
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -