連載
» 2014年06月13日 08時00分 公開

杉山淳一の時事日想:時の記念日に寄せて──「時刻」と「時間」、きちんと使い分けていますか? (4/4)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

「時刻」と「24時間制」こだわるヤツは……

 鉄道だけではなく、ビジネスにおいても24時間制の方が合理的だ。そして「時刻」と「時間」は明確に使い分けるべきだ。オンライン国語辞典『デジタル大辞典』『大辞林 第三版』ともに、「時間」の項目の一つめの意味を「時の長さ」「時刻と時刻の間」とし、次に「時の流れの中の、ある一点。時刻」と併記している。実に嘆かわしい。辞書が現状を追認してどうする。

 ……と、このように「時刻」と「24時間制」にこだわる人が身近にいたら、その人はきっと鉄道オタクである。気を付けよう。

 ……ではなくて、少なくとも「時刻」については、鉄道オタクの考え方が正しい。「時刻」は「時間」の意味のひとつではない。「時刻」は「時間」と同格か、それ以上の重みがある。時の流れの中の、かけがえのない一瞬である。列車の発車や到着だけではない。出生や臨終など、人生の大切な記憶も「時間」ではなく「時刻」として、心の中に文字通り「刻み」つけようではないか。

photo 時刻表のに並ぶ数字は「時刻」。山陽電機鉄道の「人丸前」駅は日本標準時子午線上にある

オススメ書籍情報

book

 誠Styleの連載「杉山淳一の +R Style」が単行本になりました! 『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』(幻冬舎)。誠 Styleに掲載した全60本の記事の中から、33本を厳選。大幅に加筆・修正を加えて再構成したものです。

 日々の生活に+Railwayするだけで、毎日がぐっと楽しくなる――そんな連載のコンセプトが丸ごと楽しめる1冊です。Webで連載を読んだ人も、これから読む人もぜひ本書を手に取ってみてください。




関連キーワード

JRグループ | 新幹線 | 鉄道 | 観光


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -