ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年07月22日 07時37分 公開

Grand Theft Auto問題でFTCの調査が終結

「Grand Theft Auto: San Andreas」のわいせつシーン問題で、FTCがTake-Two Interactive Softwareに対する同意審決を承認した。

[ITmedia]

 Take-Two Interactive Softwareの人気ゲーム「Grand Theft Auto: San Andreas」にわいせつシーンが隠されていた問題で、同社は7月21日、米連邦取引委員会(FTC)がこの問題に対する調査を終え、問題はすべて決着したと発表した。

 発表によれば、FTCは全会一致でTake-Twoおよび子会社のRockstar Gamesに対する同意審決を承認した。

 同意審決では同社に対し、今後ゲームのレーティングをごまかしてはならないなどと定めているが、罰金は命じられていないという。

 この問題でTake-Twoは、株主や自治体などから訴訟を起こされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.