ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月14日 12時42分 UPDATE

MS、業務用アプリ「Microsoft Dynamics」とOfficeを連携

Microsoftは、同社のERPアプリケーション「Microsoft Dynamics」を、Officeから利用可能にする製品を発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月12日、米カリフォルニア州サンディエゴで開催中のMicrosoft Dynamics顧客向けカンファレンス「Convergence 2007」で、自社のERPアプリケーションMicrosoft Dynamicsを、Microsoft OfficeやSharePointから利用できるようにする「Microsoft Dynamics Client for Microsoft Office and SharePoint Server」を発表した。

 新製品には、OfficeとSharePointに組み込まれた12のセルフサービスアプリケーションや、SharePoint Server 2007のライセンス、およびMicrosoft Dynamics ERPシステムで管理されている、すべての情報とプロセスへのアクセス権が含まれる。

 Time and Attendance for Microsoft Dynamics GP、Project Time and Expense for Microsoft Dynamics SL、Microsoft Dynamics Snap Business Data Lookup for Microsoft Dynamics AX、FRx WebPort and DrillDown Viewerなどのセルフサービスアプリケーションは、従業員のビジネス情報へのアクセスを容易にする。

 Microsoft Dynamics Client for Microsoft Office and SharePoint Serverの価格はユーザー1人当たり395ドルとなる見通しで、提供開始は5月からの予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.