ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2007年05月21日 07時18分 公開

(1)アピール不足だったかもしれない──自主規制の現場同人誌と表現を考えるシンポジウム(2/5 ページ)

[小林伸也,ITmedia]
photo 三崎さん

 議論の推移なんですけども、最初は携帯電話の話がメインでした。要するに子どもが勝手にアクセスをして、いわゆる有害なものにアクセスできるのはイカンではないかということで、この部分についての議論がずっとあり、9月の段階で中間報告が出まして、これが携帯電話に関してフィルタリングをし、有害な情報は見せないようにするという提言が出ました。

 これを受けて東京都などがフィルタリングサービスの普及に関する説明会を行ったりとか、総務省が携帯電話事業者を呼んで、フィルタリングサービスについて親の意思確認をしなさいと、そうしないとインターネットサービスを受け付けないようにしなさいという話になりまして、そんな形でいま対応が進んでいます。

 議論の後半はゲーム、漫画になっていきます。第6回が10月に行われまして、この時はゲームの話が中心で、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)の方が呼ばれて、その話をしたと。その中で、ソフ倫さんは自分の管理しているソフト以外について、どう考えても同人誌と同人ソフトのサークルのことを指して「無審査」の制作グループがいますよと、約1万1000はいるんじゃないですかねえという話をされています。この根拠がよく分からないのですが、コミケット(コミックマーケット)にサークル参加しているいわゆる「200番台」と言われている男性向けとかギャルゲーとか同人ソフトのサークル数を抽選率で割り戻すとぴったりになるんで、よく分かってる方がいらっしゃるんじゃないかと思うんですけども(笑)、そんな話がありました。

 その後竹花さんのほうから具体的な実現方策ということで、現状追認から単純所持の禁止まで、幅広くさまざまなレベルの提案が出ています。警察庁のサイトに細かい資料がいっぱい載ってますので、興味のある方は見ていただければと思います。

 その議論の中で、松文館の「密室」の裁判、これはわいせつ表現の問題ですけども、やはり「わいせつ」の判断は非常に難しいということがあり、これは竹花さん自身も述べられていることですが、わいせつの軸として子どもを性の対象にするコミックに対応するのは難しいんじゃないかというお話をされていて、別の規制が必要なんじゃないかというお話をされてるのがポイントかと思います。

 第7回、11月の研究会なんですけども、前半はテレビゲームが与える影響ということで学者さんがお話をされてるいるんですが、何が一番影響あるかというと「まず視力ですね」と非常に空気の読めない発言をされてまして、いやそれであんた呼ばれてるんじゃないんだけど、と議事録を読んで笑ってしまったんですけども(笑)。

 前半はそんな話ですが、後半は同人誌の話も結構出てきて、パンフレットに竹花さんの発言をゴシックで引用してますけども、要するになんか、よく分かんない連中がやってるんだよね、という感がありありと分かるというところがあります。その辺が問題提起のきっかけにもなってるわけなんですが、その中で法的規制についていろいろと議論があった中で、委員会全体としてはガチガチの法規制をしましょうという雰囲気ではなく、とりあえず問題提起をしました、関係者の自粛を促したいという話になっています。

 最終的に報告書が12月、コミケの直前に出まして、漫画とゲームには大部なページが割かれていて、研究会の回数とページ数がまったく合わないという不思議な構成になっているわけですけども、その中でいろいろな話がります。特に報告書の中で、はっきりと、同人誌等即売会などについても、イベントの主催者に対して、子どもを性行為の対象とするコミックなどを18歳未満に売らない対策の強化を求めていくべきである、というようなことが記載されております。

 こういう形で同人誌あるいは同人誌即売会というのが公的機関の報告書にはっきりと載ることは前例がないことでして、今回のシンポジウム開催の経緯にもなっているわけです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.