ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年09月09日 19時03分 公開

仮想空間「ニコッとタウン」、30万会員突破

スク・エニ子会社が運営する仮想空間「ニコッとタウン」の登録者数が30万を突破した。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックスグループのスマイルラボとニフティは9月9日、仮想空間「Nicotto Town(ニコッとタウン)」の登録者数が、9月5日付けて30万を突破したと発表した。昨年9月19日の正式スタートから約11カ月で達成した。

 Webブラウザ上で利用できるサービスで、アバターを着替えさせたりチャットしたり、ブログを書いたり、ゲームをプレイして楽しめる。

 会員の中心は、10代から主婦層までの女性で、女性が66%、男性が34%。月間のブログ投稿数は78万で、月間のゲームプレイ数は300万回という。

 30万登録突破を記念し、アイテム「30万ID突破記念テレビ」の配布イベント10月6日まで行う。

 同サービスはスマイルラボが運営。ニフティのブログサービス「ココログ」と連携しており、ニフティがマーケティングを担当している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.