ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年06月30日 11時00分 公開

「撮りたい」の一瞬を逃さない ウインクで世界を切り取るウェアラブルカメラ「Blincam」(3/3 ページ)

[山崎春奈,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「スマホでできるじゃん」の先にある“気持ちいい”IoT

 創業1年未満ながら、プロトタイプを手にアジアやヨーロッパのイベントや展示会にも参加し、国外に向けても積極的にアピールする。Webサイトやアプリの成熟した市場に比べ、IoT関連は大手もスタートアップもさまざまな機器を開発・提案している段階だ。市場として注目も高く、海外メディアや来場者からの反応も上々だという。

 国内向けには、7月14日にクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を始める予定だ。製品出荷は年末〜年明けを目指す。通常定価は2万円前後で、各種早期割引も用意するという。

 その後、ウェアラブル端末の文化が比較的先行しており、プライバシー面でもハードルが低めな米国での展開に着手する予定。将来的には欧州や中国など各国でも、パートナーを見つけるなどして販売を広げていきたいという。

photo カラーバリエーションは5色

 まずは現状のプロダクトの開発・販売を軌道に乗せることを目的に掲げつつ、今後の方針としてはさらなる小型・軽量化、眼鏡なしでも付けられるタイプの開発などを目指す。ウインクを感知する独自センサーの他企業への提供も視野に入れる。

 要望の多い動画対応も検討するが「視界を丸ごと録画することが目的ではなく、瞬間を切り取るのがコンセプト。シャッターを押した前後10秒を収めるなど、Blincamならではの動画活用を考えていければ」(高瀬さん)。

 IoTの意義は「センサーや通信環境を使って、1つ1つのアクションをもっと気持ちよく、簡単にできること」と高瀬さんは考えている。

 「写真の撮影を含め、IoT機器が実現する行為のそれぞれは、結局スマホでできること。デバイスがこれだけ高機能に進化している今、ネガティブな意味ではなくてそれはそれで正しい。その前提の上で一部の機能をシンプルに取り出し、もっと気持ちよく、簡単に、感覚的な使い方を追求できるのがIoTの役割だと思う。だからこそ、“気持ちよさ”に徹底的にこだわっていくしかない」(高瀬さん)

【特集】“未来IT”で世界を変える すごい国産スタートアップ

photo

IoTや人工知能など、最新テクノロジーで私たちの生活を変えようと挑戦するスタートアップ。彼らの新サービスのすごさと、その情熱を伝えます。

>>その他の特集記事はこちら

特集記事をまとめた電子冊子(PDF)を、特集終了後にプレゼントいたします。

>>「まとめ読み」電子冊子の応募はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.