ITmedia NEWS >
ニュース
» 2016年08月31日 09時02分 公開

次期Googleオリジナル端末は「Nexus」でも“バニラ”Androidでもない?

Googleが2010年から提供しているオリジナルAndroid端末の今年のモデルは「Nexus」ブランドを冠さず、搭載するのは素の(バニラ)AndroidではないとAndroid Centralが報じた。

[ITmedia]

 米Googleが今秋に発表するとみられるオリジナルブランドのAndroid端末は「Nexus」にはならない──。米Android Centralは8月30日(現地時間)、複数の“Googleの計画について詳しい筋”の情報としてそう報じた。

 nexus 1 Android Centralの記事

 これまでのうわさでは、今年のオリジナルAndroid端末は台湾HTCが製造しており、5.5インチ5インチの2モデルになるとみられている。

 Nexusの代わりにどのようなブランド名が付くのかは分からないとしている。筐体にはGoogleのロゴは刻印されるが、HTCのロゴは表示されないという。

 また、Googleは従来のNexusシリーズは余分なスキンやアプリなどを追加しない“バニラ”(純粋な)Androidをユーザーに体験してもらうのが目的としてきたが、次期オリジナル端末はバニラAndroidではなく、独自のアプリやユーザーインタフェースを追加したものになるという。

 Googleは2010年1月に最初のNexus端末「Nexus One」を発表して以来、タブレットも含む多数のNexusブランド端末を展開してきた。Nexus OneはHTC製で、その後、Motorola、LG Electronics、HuaweiなどのメーカーがNexus端末を製造した。

 nexus 2 初代の「Nexus One」は2010年に発表

 Googleは2015年12月にAndroid搭載の「Pixel」ブランドのハイブリッド端末を発売しており、米The Next Webは新オリジナル端末もPixelブランドになるのではないかと予測している。

 現行の最新Nexus端末である「Nexus 5X」と「Nexus 6P」は2015年9月29日に「Android 6.0 Marshmallow」と同時に発表され、10月下旬に発売された。次期オリジナル端末に搭載される見込みのOS「Android 7.0 Nougat」は既にリリースされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.